屋根の修理 リフォーム 府中市 -定額屋根修理

府中市で雨漏り屋根工事や屋根のリフォーム工事は定額屋根修理で。
屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。

DATA
施工実施日 2016年10月
地域 東京都府中市
お施主様 T様邸
屋根工事種別 瓦からガルバリウム鋼板屋根への葺き替え

府中市の屋根リフォーム事例

定額屋根修理が府中市で施工した工事事例をご紹介いたします。
建築後25年や50年が過ぎ、そろそろコロニアルのカバー工法や陶器瓦の葺き替えをご検討中の客様も多いと思います。
しかし、屋根の工事会社はたくさんあり、工事技術やサービス内容を知ることや比較検討することが難しいです。
そのため、このページでは府中市で実際に施工した現場を解説付きで詳しくご紹介させていただきます。
府中市で屋根の工事会社をお探しのお客様の参考になればうれしいです。

府中市の屋根リフォーム事例

1.府中市 屋根と外壁のリフォーム現場調査

府中市 現場調査東京都府中市にお住いのお客様から瓦屋根と外壁塗装に関するご相談をいただき、屋根と外壁工事のご注文をいただきました。
定額屋根修理のホームページでは、主に屋根修理工事を中心にご案内させていただいていますが、外壁の塗装やサッシの交換・新設工事も承っております。
今回施工した府中市の現場のように、屋根工事と合わせて外壁塗装の工事をご希望されるお客様が多いです。
既存の屋根は日本瓦屋根で外壁はモルタルの塗り壁です。
建築後約40年が経過した住宅です。

↓

2.府中市 既存屋根

府中市 既存屋根既存屋根の画像です。
既存の屋根はセメント瓦で、色あせやコケの繁殖、漆喰の割れなどが目立ちます。
カケている瓦もありました。
一部の瓦が差し替えられており、以前に修繕された様子がうかがえます。
しかし、セメント瓦は寿命が約30年と短く、重量があるデメリットなどがあるため、現在では製造されておりません。
重量は陶器の瓦と変わらない重い屋根に分類されるため、ガルバリウム鋼板を中心とした軽量金属屋根への葺き替えが推奨されています。

↓

3.瓦降ろし 撤去・処分

瓦降ろし 撤去・処分セメント瓦を撤去・処分いたします。
今回の葺き替え工事で屋根の重量が6/1になります。
もちろん、屋根は軽くなり、耐震性能は向上します。

↓

4.野地板増し張り

野地板増し張り野地板を増し張りします。
野地板とは屋根の下地材のことです。
通常、重い屋根の葺き替え工事は、既存野地板の上に、新しい野地板を重ね張りします。
長い年月を経た屋根の重みにより、既存の野地板はたわみや歪みが生じているからです。

↓

5.改質アスファルトルーフィングシート張り

改質アスファルトルーフィングシート張り野地板を増し張り後、ルーフィングシートを張ります。
定額屋根修理が使用するルーフィングシートは改質アスファルトルーフィングシート(通称:ゴムアス)です。
一般的に使用されているルーフィングシートの中では耐久性の高い製品です。

↓

6.ガルバリウム鋼板張り

ガルバリウム鋼板張り屋根の軒先に板金を取り付けます。
ガルバリウム鋼板屋根の本体工事の開始です。
ガルバリウム鋼板は軽量でありながら、耐久性もあり、メンテナンス性にも優れた屋根材です。
本格的に使用されるようになってから20年そこそこの屋根材ですが、20年以上の使用実績がある住宅が増え、検証もされ有用性の評価が確立されています。
現在、屋根のリフォームはガルバリウム鋼板屋根の使用が主流です。

↓

7.棟下地取り付け

棟下地取り付け棟の下地を取り付けます。
一般的に棟下地には貫板と呼ばれる木材を使用します。
しかし、定額屋根修理では樹脂とアルミニウムで構成された「ハイブリッド建材」を使用します。
ハイブリッド建材は棟を保持する力が増す上、腐食がないため防腐性に優れています。
木材と比較して遥かに優れた建材です

↓

8.屋根リフォーム工事完成

屋根リフォーム工事完成最後に棟板金を取り付けて屋根の工事完成です。
ガルバリウム鋼板はセメント瓦に比べ、耐震性やメンテナンス性に優れた屋根材です。
これからは雨漏りの心配や地震の心配もなく、安心してお過ごしいただけます。

↓

9.府中市 外壁塗装開始

府中市 外壁塗装開始外壁塗装を開始します。
屋根と外壁を同時にリフォームすることは足場を共通利用できるため、足場費用を抑えることができ、工期も短縮できます。
弊社においても、屋根と外壁の工事見積りをご希望されるお客様はたくさんおり、施工実績も豊富です。

↓

10.高圧洗浄

高圧洗浄長い年月を経て外壁にこびりついた汚れやチョーキングの粉を高圧洗浄機で落とします。
画像で汚れが落ちている様子がよく分かります。

↓

11.下塗り塗装

下塗り塗装通常、外壁塗装は3回に分けて塗装します。
シーラーや弾性フィラーなど下塗り専用の塗料を使用します。
そのため下塗り塗料は、中塗りや上塗りで使用する塗料と成分が違います。
下塗りの目的は、中塗りや上塗りの密着性を良くするための塗装面の調整です。

↓

12.中塗り塗装

中塗り塗装中塗り塗装の様子です
中塗りをすることで平滑な下地を作り、上塗りの仕上げ効果を高めてくれます。
中塗りは下塗りと違う色で塗ります。
塗り残しの有無がハッキリと確認できます。

↓

13.上塗り塗装

上塗り塗装上塗りの様子です。
使用塗料はエスケー化研のクリーンマイルドシリコンです。
塗料は数えきれいない程たくさんの種類がありますが、定額屋根修理ではモルタル仕上げの壁にはシリコン系塗料をおすすめしています。
費用対効果が最も良いためです。

↓

14.破風板塗装

破風板塗装破風板の塗装です。
破風板は木製であり、雨や風から住宅を守る役割があるため、外壁以上に傷みやすく、劣化が目立つ部位です。
外壁や屋根の工事と合わせてメンテナンスを行うことをおすすめいたします。

↓

15.軒天塗装

軒天塗装軒天塗装の様子です。
軒天は白やクリーム系の色が多く、汚れが目立つ部位です。
使用する建材も薄いボードであるため、経年劣化が進行すると歪みや反り、剥がれなどが発生します。
塗装や張り替えなどのメンテナンスも忘れずに行ってください。

↓

16.サッシ交換

サッシ交換窓のサッシを交換しました。
定額屋根修理ではサッシの交換や新設など、外装に関わる工事はどんな工事も行えます。

↓

17.玄関ドア交換

玄関ドア交換玄関ドアも交換させていただきました。
アルミのドアは軽いので、生活の利便性も向上します。

↓

 

府中市 屋根と外壁のリフォーム工事 完了

府中市 屋根と外壁のリフォーム工事 完了
定額屋根修理の職人による屋根と外壁リフォーム完成です。
外壁塗装と屋根工事のリフォームをご検討されているお客様の参考になればうれしいです。
その他 事例

府中市近郊の屋根修理事例

立川市屋根修理事例東京都立川市 屋根修理事例1
ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
東京都立川市で屋根修理・リフォームのご注文をいただきました。既存屋根はコロニアル屋根で、色あせが目立ち、屋根の白い基材が外観でも確認できる状況です。コロニアルの寿命がきている状態です。インターネットでコロニアル屋根の上に金属屋根材を重ね張り(カバー)する専門会社をお探しの中、続き読む

国分寺市 屋根修理例東京都国分寺市 屋根修理事例2

ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
東京都国分寺市でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。阪神大震災、東日本大震災の影響もあり、国分寺市周辺でも屋根のリフォーム工事を行う件数が軒並み増加し、今回のお施主様も屋根リフォームのご判断をいただきました。続き読む
 

府中市で屋根リフォーム会社をお探しのお客様は定額屋根修理で

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

府中市の屋根工事事例を紹介させていただきました。
今回の事例はセメント瓦から金属屋根への葺き替え工事と外壁塗装のご紹介でした。
屋根と外壁を同時にリフォームすることは大きなメリットがあります。
この2つの工事を同時に行うことで、足場費用を抑えることができ、工期も短縮できるからです。
弊社においても、屋根と外壁の工事見積りをご希望されるお客様はたくさんいます。
定額屋根修理では屋根工事を中心にホームページを制作していますが、実は塗装工事も得意とする会社です。

屋根と外壁だけに特化し専門技術を高めてきた会社であるため、「品質の高い工事」と「適切価格の工事」をお客様にご提供することが可能です。

府中市はもちろん施工実績がたくさんあり全域ご対応が可能な地域です。
もちろん、お見積りは無料です。
屋根や外壁工事をお探しのお客様は、定額修理にお気軽にお問い合わせ下さい。

dfgdfgert