工場・倉庫の屋根改修マニュアル-金属屋根の改修はテイガクで

工場や倉庫の屋根について

現在の工場と倉庫の屋根は、下記3つの屋根のいずれかに当てはまるのではないでしょうか?
下の画像をクリックし、屋根の特徴を把握しておきましょう。

どの屋根か選択(クリック)してください

波型スレート

波型スレート
波型スレート

波型スレートは、300坪程度の中小規模の工場や倉庫の屋根でよく用いられています。
主な素材はセメントです。
1枚のサイズは畳程度の大きさで上下左右を重ねて張りつけます。

波型スレートはその名前のとおり、断面が波(ウェーブ)の形をしています。
2004年より昔に製造された波型スレートには、セメントに加えてアスベストが含有されています。
おおむね築後30年~40年くらいでガタがきます。
経年劣化が進んだスレート屋根は、台風などの強風による飛散の不具合が起こりやすいです。

折板(せっぱん)

折板屋根
折板

折板(折版)は、現在、工場や倉庫の屋根で最も用いられている屋根です。
名前のとおり、鋼”板”を”折”り曲げ加工して製造された屋根です。
断面は富士山のような山型の形をしています。
金属素材には亜鉛メッキ鋼板(トタン)やガルバリウム鋼板、ステンレスなどが用いられます。
カバー工法による改修工事ができることが評価され、工場や倉庫の屋根の主役となっています。

瓦棒葺き(かわらぼうぶき)

瓦棒屋根
瓦棒

瓦棒葺き屋根は、小規模の工場や倉庫の屋根でよく用いられている金属屋根です。
戸建て住宅でもよく採用されていて、トタン屋根といえばこの形状の屋根を思い浮かべる人が多いです。
屋根の断面は凸凸凸とした形をしています。
最近はトタンを用いることは少なく、ガルバリウム鋼板を用います。

工場や倉庫の屋根の改修修方法は3パターン

大型建築物の屋根改修工事は3パターンあります。
しかし、コストパフォーマンスの観点から、実質的には屋根カバー工法で改修するケースがほとんどです。

改修方法を選択(クリック)してください

屋根塗装

波型スレートの屋根塗装

波型スレート屋根の多くは、アスベストが含まれています。
屋根塗装の下準備となる高圧洗浄はアスベストが飛散するため、おこなうことができません。
そのため、波型スレートの屋根塗装の効果は限定的です。

もちろん、10年ごとなど短い期間でメンテナンスを繰り返すのであれば意味はあります。
しかし、細かなメンテナンスは費用や工事期間のことを考えると、現実的ではありません。
波型スレートの改修は、カバー工法による工事を選択せざるを得ないことがほとんどです。

金属屋根の屋根塗装

錆が拡大した折板
錆が拡大した折板

折板屋根や瓦棒屋根などの金属屋根は定期的に屋根塗装のメンテナンスをおこなう価値があります。
特に20年30年以上昔の金属屋根はトタン(亜鉛メッキ鋼板)が多いです。
トタンは一度錆びが発生すると錆びが拡大するリスクがあります。

錆びは穴あきの原因であり、雨漏りの原因となります。
錆びを取り除く作業(ケレン作業)と、錆止め塗料を塗る作業は10年から15年ごとにおこなうことをおすすめします。

錆びをそのまま放置してしまうと、屋根の機能が著しく悪化し、想定より早く屋根カバー工法や葺き替えなどの大規模改修を要する事態につながります。

屋根カバー工法

波型スレートのうえに折板を被せるカバー工法
波型スレートのうえに折板を被せるカバー工法

基本的に波型スレートだけではなく、折板屋根も、瓦棒葺き屋根も、カバー工法による改修工事ができます。
折板屋根を上に重ねて施工をします。
ただし、屋根の重さが増すので、耐震性は悪化します。

一番のメリットは工事価格が葺き替え工事よりも安いことです。
また、古い屋根をそのまま残した状態で改修工事が実施できるので、工場や倉庫が稼働していても工事がおこなえるメリットもあります。

葺き替え

古い屋根を撤去処分をして、屋根を新しくする改修工事です。
改修後は屋根が新築と同じ状態となり、耐震性の不安も全くありません。
屋根の改修工事という点では、最も望ましい工事です。

ただし、波型スレートはアスベストが含まれているため、多額の費用がかかります。
また、古い折板屋根は錆びたボルトが鉄骨の鋼材に強く固定されており、折板屋根を取り外す作業は容易ではなく時間もかかります。

現実的に工場や倉庫の屋根の改修は、屋根カバー工法を選択するお客様がほとんどです。

工場や倉庫の屋根改修で抑えておきたい5つのポイント

POINT
1

鉄骨造(S造)の屋根工事の費用は比較的安い

2

長尺屋根で屋根1枚あたりの長さがめちゃくちゃ長い

3

実際の工事日数は思っているより短い

4

周囲の環境によって改修費用でかなり増える

5

建築板金工事会社に見積もり依頼

Point-1.建物が鉄骨造(S造)

鉄骨造の屋根
鉄骨造の屋根

工場や倉庫の建物の多くは、鉄骨造です。
屋根は母屋(もや)とよばれる鋼材で支えられています。
母屋は断面でみると英語の「C」の形をしているので、「Cチャン」とよばれています。

木造建築物の場合、屋根の下に野地板とよばれる板を敷き、野地板(のじいた)が屋根を支える役割を果たします。
しかし、波型スレートと折板は野地板を必要としません。
(瓦棒葺きを除く。また、防火基準によって要する場合あり。)

鉄骨造は木造住宅よりも必要部材が少ないシンプルな構造であり、それなりに大きな建物であれば、1㎡あたりの工事価格は戸建て住宅よりも安く施工ができます。

Point-2.長尺屋根(ちょうじゃくやね)

クレーンで屋根を持ち上げる
クレーンで屋根を持ち上げる

折板屋根で改修する際は、屋根の棟から軒先までの長さの折板屋根を、クレーンで屋根上に持ち上げて屋根を仕上げます。
つまり、屋根の1枚あたりの長さはかな~り長くなります。
屋根1枚が10mを超えることもあります。
私たちは1枚当たりの長さが長い屋根のことを長尺(ちょうじゃく)屋根とよんでいます。
工場や倉庫の屋根はまさに長尺屋根に当てはまります。

Point-3.工事にかかる日数

工事日数は意外と早い
工事日数は意外と早い

工場や倉庫の屋根は三角屋根の切妻(きりづま)屋根が多いです。
また、屋根自体が長尺なので、思っている以上に早く工事は終わります。
100坪に満たない建物の屋根の場合、早ければ1週間程度で工事が終わることがあります。
ただし、事前準備にかなり時間がかかります。

Point-4.リフォーム費用のキーは立地条件

周辺の環境によって作業効率が変わる
周辺の環境によって作業効率が変わる

筆者は工場や倉庫の屋根の現地調査に立ち寄る際、まずはじめに電線の位置を確認します。

長尺屋根の工事には大型のクレーン車が欠かせません。
前面道路の車幅や交通量、駐車スペース、材料置き場、電線などの障害物の有無等、建物周囲の環境によって工事の作業性が変わります。
屋根工事の内容が変わらなくても、周囲の環境が悪いと1割から2割ほど工事価格が高くなることがあります。

Point-5.建築板金工事会社に見積り依頼

テイガクの資材保管倉庫

工場や倉庫の屋根工事に関する情報があまりないため、どこに相談をしていいか分からない人が多いはずです。

不動産管理会社ディベロッパー工務店などに相談しがちです。
最近はマンションや工場などの老朽化した大型建築物の改修工事に特化した、ゼネコンのような改修専門コンサルティング会社も増えてきています。
これらの会社に相談した時点で、中間マージン発生工事の直行便に乗車することになります。

折板屋根(金属屋根)を工事する会社は、ずばり板金工事会社です。
工事会社といっても外壁塗装鉄骨工事会社でもないことに注意してください。

ちなみに、板金工事会社は金属屋根工事に限らず、金属外壁工事も得意です。
是非、テイガクのような板金工事会社にお任せください。

波型スレート屋根改修工事例

大阪府堺市の波型スレート屋根をカバー工法でリフォームしました。 堺市の工場屋根や倉庫屋根はテイガクにお任せください。 大阪府堺市で工場屋根の改修工事を行いました。既存の屋根は波型スレート屋根です。築40年が過ぎており、屋…

場所:大阪府堺市 日付:2017年7月

テイガクは工場の屋根もおこなっています。千葉市の工場で波板スレート屋根を金属屋根のカバー工法で仕上げました。板金専門の工事会社だからできる完全自社の施工です。工場の葺き替えやカバー工法をご検討のお客様はテイガクへお任せく…

場所:千葉市美浜区 日付:2019年7月

横浜市金沢区で雨漏りが発生したトタン屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。横浜市の雨漏り修理工事はテイガクにお任せください。 横浜市金沢区で雨漏りの修理を行いました。既存の屋根は波板トタンです。建築後35年が経過して…

場所:横浜市金沢区 日付:2017年6月

大阪で工場屋根のリフォーム工事、雨漏り修繕工事をご検討のお客様は弊社にお問い合わせください。 完全定額制の固定料金でお客様の工場屋根の修繕工事をご提供させていただきます。 お見積もりは無料、相見積もりも喜んでお引き受けし…

場所:大阪府東大阪市 日付:2016年5月

折板屋根改修工事例

横浜市で折板屋根のカバー工法を行う業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。弊社は屋根工事専門の工事会社です。適切なリフォーム工事をご提案させていただきます。 横浜市で製造工場を経営しているオーナー様からお問…

場所:神奈川県横浜市 日付:2016年8月

奈良県奈良市で行った屋根の葺き替え工事をご案内します。今回の現場は商業施設に見立てるためのパラペット付きの屋根です。工場として使用されている建物です。現在、パラペットはほとんど見ることがなくなりましたが、古い建築物では比…

場所:奈良県奈良市 日付:2018年3月

もっと工場や倉庫の屋根について知っておきたい情報

記事のアイコン
記事のアイコン

工場や倉庫の屋根に関するよくある質問

工事期間中は営業はできるのか?

A

ほとんどのケースで営業は可能で、お客様の仕事に支障なく工事ができます。
ただし、駐車スペースや材料置き場確保にご協力いただきます。

火災保険を利用した工事ができるか?

A

風災被害で屋根や外壁に損害が生じた場合、火災保険を用いた修繕が可能です。
被災の程度によって保険会社から支払われる保険金が変わります。
まずは修理や改修をおこなう工事会社に見積書作成依頼をおこなってください。

工事費用は?

A

目安は12,000~20,000円/㎡です。
ただし、工場や倉庫の屋根の改修価格を決定する要因はたくさんあります。
たとえば、10,000㎡を超えるような屋根をカバー工法する場合、当然、屋根面積が大きい方が工事価格は安くなります。
複数の会社から相見積り取ることをおすすめします。

トップへ戻る