NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

折板屋根の結露対策に用いる断熱材「ぺフ」について

公開

ぺフとは折板屋根の裏側にあるポピュラーな断熱材のこと
ぺフとは折板屋根の裏側にあるポピュラーな断熱材のこと

折板屋根のカバー工法のデメリット

折半屋根
屋内から見た折半屋根

折板屋根による改修工事後におきる最も多いクレーム事例が結露水による水漏れです。

天井から水が滴る不具合が生じることがあります。

屋根カバー工法をおこなった時にも結露水は発生します。

経年劣化が進んで穴があいた古い屋根から、結露水が漏れてくるので、屋根カバー工法をおこなったにもかかわらず雨漏りが解消しないと勘違いするお客様もいます。

倉庫などの暖房が効きづらい建物で冬場、ストーブを用いた場合、大量の結露水が発生します。

落水によって段ボールが濡れてしまったり、製品が濡れてしまったりし、事業に悪影響を及ぼすことになります。

紙製品や精密機器などを取り扱う事業主様にとって、結露水の落水は決して見逃すことができません。

ぺフによる結露対策

ペフとよばれる断熱材
ペフとよばれる断熱材

折板屋根の裏にぺフとよばれる厚さ1㎜程度の断熱材を貼り付けることで、結露発生が抑えられます。

ポリエチレンフォームとよばれる最も安価な断熱材です。

もちろん、その他にもフェルト形状のより優れた断熱材もあります。

基本的には折板屋根の裏貼り付けられた鋼板一体型の断熱材仕様(裏打ち断熱)が安くて、コストパフォーマンスに優れています。

価格は高くなりますが、戸建て住宅で用いるようなグラウウールを敷いてから折板屋根をカバー工法で施工することも可能です。

折板屋根の断熱材の料金

100坪程度の倉庫・工場の屋根でぺフを採用すると、10万円~15万円程度のコストアップになります。

断熱材の料金おおよその㎡単価
ポリエチレンフォーム(ぺフ)300円~400円/㎡ 
グラスウール1,500円~2,000円/㎡
※単価は屋根面積によって変動し、屋根が大きいほど安くなります

折板屋根工事のコストカットは断熱材から

屋根工事の様子
折半屋根工事の様子

私たち施工会社にとって、屋根工事後すぐにお客様からのクレームを受けることは一番避けたいことです。

そのため、裏打ち付き(断熱材付き)の折板屋根工事を見積書に反映させます。

同時に、筆者がお客様と工事費用の折衝をする時、真っ先にコストカットの提案をおこなうのが断熱材の取り下げです。

事業用途をヒアリングし、断熱材を貼らない施工をご提案します。

しかし、将来的に倉庫や工場のなどの建物を、他の用途に使ったり、テナントとして賃貸にだしたりすることもあるはずです。

建物の資産価値を考えると、是非、折板屋根の裏打ちは取り入れて欲しいです。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 折板屋根のカバー工法のデメリット
  2. ぺフによる結露対策
  3. 折板屋根の断熱材の料金
  4. 折板屋根工事のコストカットは断熱材から