【その業者さんケチってませんか?】アスファルトルーフィングの種類【低品質から高品質】

全記事 一覧 | 2016.07.22

このページでわかること

  • ルーフィングシート(下葺き材)が屋根で最も重要な理由がわかるよ
  • たくさんのルーフィングシートがあり、各商品の特徴がわかるよ
  • おすすめのルーフィングシートがわかるよ
ルーフィングシート 下葺き材

ルーフィングシートとは屋根本体の下に敷く、「屋根の防水シート」のことです。
「下葺き材」ともよばれます。
短く「ルーフィング」とよんだり、アスファルト製が多いため「アスファルト ルーフィング」ともよんだりします。
ルーフィングシートは定額屋根修理の施工例では必ず登場します。根修理の施工例では必ず登場します。
屋根修理方法 施工例一覧はこちら

屋根の下に敷くシート(目に見えない建材)なのであまり重視されていません。
お施主様は施工会社や設計会社が指定するシートを使用することがほとんどです。
しかし、このルーフィングシートは屋根本体と同じもしくは屋根本体以上に「超」重要な建材です。
そして、ルーフィングシートはさまざまなタイプの製品が販売されています。
今回はルーフィングシートについて詳しく解説いたします。

1.ルーフィグシート(下葺き材・防水シート)とは

1-1.「アスファルト」が語句の頭に付く建材について

ルーフィングシートとは屋根本体の下に敷く、「防水シート」のことです。
ルーフィングシートの主な原料は「アスファルト」です。
一部、高分子系ルーフィングシートとよばれるアスファルト以外の原料で製造されたルーフィングシートがあります。
馴染みのないカタカナ単語なので、他の建材とゴチャマゼになり、よくいい間違いされる建材です。
まずはじめに、よく混同される単語を整理します。

アスファルトルーフィング・・・汎用されているルーフィングシートです。
ルーフィングシートの中ではグレードが最も低く、張り付け後10年程度で劣化がはじまります。
「アスファルトルーフィング940」と呼ばれる製品が最も流通しています。
多くの木造住宅では「アスファルトルーフィング940」が使用されています。

改質ゴムアスファルトルーフィング・・・改良された耐久性の高いルーフィングシートです。
「改質アスファルトルーフィング」「ゴムアス」「ゴムアスファルトルーフィング」ともよばれています。

アスファルトシングル・・・屋根仕上げ材(屋根本体)のひとつです。
シート状になった屋根仕上げ材で、原材料はアスファルトです。
アスファルトシングルについて詳しくはこちら

アスファルフェルト・・・外壁用の防水シートとして使います。モルタルの塗り壁で主に使われます。

コロニアル直張りルーフィングシート

1-2.雨漏りの原因はルーフィングシート(下葺き材)の破れ

戸建て住宅の雨仕舞いはふたつの考え方があります。
「一次防水」と「二次防水」です。

一次防水とは屋根本体や板金による雨仕舞のことです。
水の流れを読み、雨水が建物内部に浸水しないように処置を施します。

しかし、屋根本体だけで雨水を防ぐには限界があります。
雨水が四方八方から降った場合、雨水は逆流し、屋根の隙間へ入り込みます。

そこで、二次防水が重要な役割を果たします。
屋根本体の下に敷かれたルーフィングシートが雨を防ぎます。
つまり、最終的に雨漏りを防いでくれるのはルーフィングシートです。
雨漏りはアスファルトルーフィングの破れが原因とも言い換えられます。

ルーフィングシートの劣化

2.アスファルトルーフィング(防水シート)の種類

ルーフィングシートにこだわる人はあまりいません。
ルーフィングシートは仕上がりが見えないので、多くの人にって関心が薄い建材です。
これは施主様だけではなく、ハウスメーカーなどの建設会社や設計者にもいえることです。
新築で住宅を建てた時、ほとんどの施主様が設計者や施工管理者からルーフィングシートについて説明をされた記憶がないはずです。
住宅の供給者からしてみれば、10年の瑕疵担保責任がなくなるまでルーフィングが機能していればいいといった考えが蔓延しています。
工事契約と工事費抑制を優先するからです。

しかし、先に述べた通り、ルーフィングシートは最終的に雨漏りを防いでくれる“超”重要な建材です。

これから屋根工事を控えている読者の方は、工事の見積書内にある防水シートの項目を確認してください。
たとえば、見積書の項目詳細が「ルーフィングシート」のみの記載であれば危険です。
最も低品質のルーフィングシートが使われる可能性が高いです。
ルーフィングシートの重要性を認識している定額屋根修理では、「改質ゴムアスファルトルーフィング」以上の製品を必ず使います。

最大手メーカーの田島ルーフィングでは、戸建て住宅用の製品だけで17種類もの商品があります。
各ルーフィングシートはそれぞれ価格設定が異なり、高価格なものほどグレードが高くなります。
つぎに、各ルーフィングシートの特徴をご紹介します。

アスファルトルーフィング940

2-1.アスファルトルーフィング940とは

「アスファルトルーフィング940」は最もよく使われているルーフィングシートです。
940を省いて「アスファルトルーフィング」とよぶことが多いです。
「940」は単位面積質量のことで、重さを示しています。
その他に「アスファルトルーフィング1500」があります。
「アスファルトルーフィング940」は数あるルーフィングシートの中でもグレードが低い製品に位置します。
建設会社や設計者から屋根の防水シートついて事前説明がない場合は、この「アスファルトルーフィング940」を使用されている可能性が高いです。
「アスファルトルーフィング940」は約10年で大幅に耐久性能が低下します。
下記のデータでは張り付け後5年で耐久性が著しく低下しています。
データは製造会社による自社製品の調査結果になります。
そのため、信頼性が高いデータです。
参考:田島ルーフィング

アスファルトルーフィング経年劣化

2-2.改質ゴムアスファルトルーフィング

改質ゴムアスファルトルーフィングは「改良」されたアスファルトルーフィングシートです。
「アスファルトルーフィング940」と比べて寿命が長く、20年以上の耐久性が期待できます。
「改質アスファルト」「ゴムアスルーフィング」「ゴムアス」ともよばれます。

なお、定額屋根修理では基本的に改質ゴムアスファルトルーフィングを使用します。
定額制の価格設定も、改質ゴムアスファルトルーフィングを使用した金額になっています
定額屋根修理の屋根修理価格表はこちら

屋根の新築や改修工事共に、改質アスファルトルーフィングと同等以上の品質があるルーフィングシートの利用をおすすめします。

改質アスファルトルーフィング

2-3.マスタールーフィング

「マスタールーフィング」は田島ルーフィングが取り扱う最高品質のルーフィングシートです。
60年近くの耐久性が期待できるルーフィングシートです。
より耐久性の高い屋根本体と併用することで、長期の間、屋根からの雨漏りを防いでくれます。
マスタールーフィング

2-4.粘着層ルーフィングシート

粘着シールが片面に施されたルーフィングシートです。
粘着シールによりシート全体の連続性能が向上します。
雨漏りが発生しているコロニアル屋根のカバー工法に有効です。
緩勾配での施工を余儀なく行う場合や、崖上等の立地で常時強風が吹いているような悪条件の現場の場合にも使用します。
シートの張り直しができる「遅延型粘着層ルーフィングシート」もあります。
「遅延型粘着層ルーフィングシート」は複雑な形をした屋根で用いると作業効率が向上します。

粘着ルーフィング

2-5.その他のルーフィングシート

その他、合成樹脂を主原料とした「高分子系ルーフィング」があります。
「高分子系ルーフィング」は改質アスファルトルーフィングと同等の耐久性能がありながら、重量が1/3と軽量であるのが特徴です。
ケイミュー株式会社の「ノアガードⅡ」が有名です。
遮熱機能が備わったシートや和瓦(陶器瓦)専用のシートもあります。
ルーフィングシートは使用する屋根の環境や目的に応じて使い分けることが大切です。

高分子ルーフィング

3.ルーフィングシートを施工する際の注意点

定額屋根修理の現場監督が特に注意している施工上のポイントを解説します。

3-1.水下から水上に向かって張る

当然のことですが、水下から水上に向かって張ります。
過去、雨漏りのご相談をいただいたお客様の現場で、屋根を剥がすとシートを反対方向に張っていた不良現場がありました。
ルーフィングシート張り方

3-2.ルーフィングシートを重ねる幅

平部の重ね幅は水平方向に100mm以上、垂直方向は200mm以上重ねます。
重ね幅もお客様の屋根の状況によって、余分に厚みをもたせるなど、適宜調整します。
ルーフィングシートの重ね張

3-3.タッカーの浮き

通常、ルーフィングシートはタッカー(ホッチキスの芯)でシートを固定します。
屋根は水平にはなっていないので、タッカーを直角に打ち付けるには技術が必要です。
タッカーが浮いてしまうとタッカの穴に雨が侵入する恐れがあります。
一方、強く打ちすぎすると、今度はシートを痛めてしまい破れの原因になります。
タッカーの芯ひとつにも職人の技術力が問われます。

ルーフィングシートのタッカー

3-3.雨が漏れやすい部位への配慮

屋根の平面部から雨漏りすることはほとんどありません。
屋根の「谷部」や「棟」、「下屋根と壁の取合い部」で雨漏りが生じます。

これらの部位にはルーフィングシートの施工方法を考慮する必要があります。
例えば、シートを2重に張ります。
雨水が滞留しやすい緩勾配の屋根には、緩勾配用ルーフィングに変更したり、天窓には天窓専用の防水テープを張るなどの工夫をします。

また、ルーフィングシートを張った直後に雨が降った場合、下地とシートの吸着が不安定なため、雨漏りの恐れがあります。
ルーフィングシートの雨漏り

3-4.メーカーが推奨するシートの使用

屋根材によってはメーカー指定のルーフィングシートを使用します。
メーカー指定の製品でなければ製品保証の対象にならないからです。

ノアガード2

5.目に見えないところこそ注意が必要

ルーフィングシートは目に見えない建材であるためコストダウンの対象になっているかもしれません。
施工業者が使用するシートの商品名や材質は工事が始まる前に確認しましょう。
また、工事中の様子は施工業者に必ず写真を撮ってもらいましょう。
屋根仕上げ材が張られてしまうとシートの施工状況は確認できません。

安心できる住まいづくりのためにも、ルーフィングシートの品質には念入りにご検討ください。

ルーフィングシート

6.まとめ

・工事会社の見積り書に記載されているルーフィングシート(防水シート)の商品名やメーカー名、材質を確認しましょう。

・工事会社から指定がないルーフィングシートは「アスファルトルーフィング」の可能性があります。アスファルトルーフィングは耐久性が約10年のシートです。

・リフォームでは「改質アスファルトルーフィング」と同等以上の製品を使用してください。

・ルーフィングシートは平米単価、数百円程度(弊社基準)で耐久性能が大きく変わるコストパフォーマンスに優れた建築材です。

・1つのメーカーでシートの種類は17種類もあり、品質がそれぞれ異なります。

・仕上げ材が張られてしまうと確認ができません。工事会社に写真を撮ってもらいましょう。

 

 

定額屋根修理では屋根に関する様々な情報を記事形式でご案内し、各記事をカテゴリー別に整理しています。
上記カテゴリーから気になるジャンルをご選択ください。