パミールとは?|ニチハ屋根材の問題解決方法 

ニチハのパミール

ニチハは窯業サイディング、外壁材の最大手メーカーです。
パミールは1996~2008年にニチハから製造されたスレート屋根です。
平べったい板のような形状をした平板スレートです。
施工後10年前後から不具合が発現し始める屋根として知られています。
不具合報告が相次ぎ、現在、パミールは販売されていません。

テイガクでは「パミール」に関するご相談を毎月たくさんいただきます。
「パミールであることは知っていたが、そろそろリフォームをしないと限界かも・・・。」といった方も多いのではないでしょうか?
このページではパミールの特徴不具合例適切な問題の解決方法について解説します。

ノンアスベスト屋根の問題

パミールが販売された時代背景

ニチハのパミール

パミールは1996~2008年の12年間にわたり販売され、全国に普及が拡がったスレート屋根です。
この時期はスレート屋根にアスベストの使用が法律で禁止され始めた時期と重なります。
アスベストは粘着性が高く、屋根材の強度を確保する点で優れた素材でした。

当時のスレート屋根のメーカーといえば、クボタと松下です。
ニチハはアスベスト規制にあわせて、他のライバル企業よりも早くノンアスベスト屋根の製造販売の新規参入を果たしました。

屋根と外壁をセット販売することで、外装材のマーケットシェア拡大を狙っていたともうかがえます。
事実、パミールが張られた住宅の外壁の多くがニチハの外壁です。
ニチハはこのパミール販売戦略が足掛かりとなり、窯業サイディングの市場シェアを順調に伸ばしました。

築後10年前後で発現する不具合

ニチハのパミール
ニチハのパミール

ところが、ここで大きな問題が発生します。
層間はくり」や「ひび割れ」といった不具合報告が消費者から相次ぐ事態になったのです。
中には屋根が突然ずれ落ちて落下する事故も報告されています。

これらの不具合は建築後10年前後で発現することが多いです。
まさか10年程度で自宅の屋根がボロボロになるなんて、誰も思いもしません。
築後20年も経過していないにもかかわらず、屋根葺き替え工事を迫られている人がまさに今、増えている状況なのです。

不良品が製造された背景

不良品の屋根材が市場で流通した背景は、アスベストに代替できる素材の開発技術と長期使用の検証が不十分だったからだ思われます。

このようなノンアスベスト屋根の問題はパミールだけに限りません。
アスベスト規制が始まった時期に製造されたスレート屋根全てに当てはまります。
しかし、パミールの不具合の度合は他の屋根材より比較的強いです。
(セキスイかわらUを除く)

なお、現在のスレート屋根は2000年代前半のノンアスベスト問題を受けて品質改良された商品が流通しています。

パミール特有の不具合

他のノンアスベストの屋根では少なく、パミールで顕著に現れる不具合があります。
層間はくり」と「釘の腐食」です。

層間はくり

屋根本体の先端から劣化が進行する
屋根本体の先端から劣化が進行する

層間はくりはパミールでよく見る不具合です。
パミールの先端部分から発言し始めます。
スレートの層が何層にもめくれ上がり、フォークでサクッと簡単に刺せそうにも見えます。

パミールはセメント製であり、固めていたセメントがボロボロと崩れ始め、最終的に砂状になります。
バルコニーからパミールの破片がポロポロと落ちてきて気づくことが多いです。

釘の腐食

釘の頭がもげたパミール
釘の頭がもげたパミール

釘頭の腐食もパミール特有の不具合です。
釘が錆びて無くなってしまうことが確認されています。
言うまでもないことですが、はがれ落ちたパミールは、近隣への物損事や人身事故を引き起こすリスクがああります。

ニチハは釘の問題はパミールに起因するものではなく、釘の品質問題としての見解を示しています。

やせ細った釘
やせ細った釘

釘の腐食の問題は動画でより詳しく解説

ニチハ・パミールの鉄釘の問題(前編)

ニチハ・パミールの鉄釘の問題(前編)

ニチハ・パミールの鉄釘の問題(後編)

ニチハ・パミールの鉄釘の問題(後編)

リコールされたことも

台風19号ではがれたパミール(テイガクによる現地調査)
台風19号ではがれたパミール(テイガクによる現地調査)

釘の問題は公的な広報でも案内されています。
国民生活センター:ニチハ屋根材付属釘【無償処置に関するお知らせ】
※2018年2月現在リンク切れ

釘の製造元である若井産業株式会社は明確な責任が釘にあるとの言及は避けています。
現在に至るまで腐食の原因は解明がなされておらず、両者の見解は平行線をたどっています。

簡単にパミールを見分ける方法

凸と凹の幅が等間隔のパミール
パミールの見分け方

スレート屋根はどれもデザインが似通っていていて、屋根の外側から見分けるのが難しいです。
しかし、簡単にパミールを見分ける方法があります。
パミールの屋根先は凸凹した形をしています。
凸と凹の幅が等間隔になっています。
このデザインはコロニアルなど他のスレート屋根とは異なります。

凸と凹の幅が不揃いのコロニアルNEO
コロニアルNEOの形

もっと詳しい記事はこちらから

関連記事 ニチハ・パミールの見分け方

ニチハの対応

住宅建材メーカーのスタンス

全てのノンアスベストのメーカーに共通することですが、不具合は経年劣化によるものとみなされています。
また、一般的なスレート屋根のメーカー保証は2~5年です。
したがって、築後10年が経過している時点で不具合に気づいても、メーカー側の製造責任は認められないかたちとなります。

このことから、メーカーに対して強く主張をしても、過度な期待ができません。

ニチハのパミールに解決金はおりる?相談方法は?

関連記事

アルマによる屋根カバー工法を提案

アスファルトシングルの商品アルマ
ニチハのアルマ

アルマはニチハが取り扱うアスファルトシングルの商品名です。
アスファルトシングルとはアスファルトでできたシート状の屋根材です。
自社製品のアルマを用いた屋根カバー工法をニチハは提案します。
材料だけの支給をおこなう提案です。

アスファルトシングルは低価格帯の屋根であり、屋根材の質としては他のスレート屋根や金属屋根と比べると劣ります。
そのことは、ニチハが断熱材一体型の金属屋根である横段ルーフを取り扱っていることからも読み取れます。

筆者としては、アルマの代わりとして1ケースでもよいので横暖ルーフの提供を受け入れて、横段ルーフ施工をおこなう方が賢明だと思います。

相談先は住宅会社

ニチハ株式会社ホームページに掲載されている保証内容
画像:ニチハ株式会社ホームページより

住宅建材の保証は消費者ではなく、住宅会社に対しておこなわれます。
したがって、住宅建材の不良に関する相談先は住宅会社になります。
これはパミールに限らず全ての住宅建材に対して言えることです。

代替品で補償される場合、代替品は原則、住宅会社(住宅会社の下請け会社の倉庫)に納品されます。
したがって、住宅会社がパミールの改修工事の窓口になります。

この場合、消費者にとって不都合が生じる問題があります。
それは住宅会社が請け負うリフォーム工事が高額である可能性が高いことです。
屋根工事をおこなうのは、住宅会社ではなく住宅会社の下請けの屋根工事会社になります。
したがって、外注工事による中間マージンが発生する工事になるはずです。
屋根材を支給されて安心しきってしまい、屋根工事の価格に何も疑問を感じないことだけは避けてほしいです。

屋根工事会社の見つけ方

屋根工事会社とは?

屋根工事会社の倉庫
屋根工事会社の倉庫(テイガクの東京・埼玉工場センター)

基本的に住宅会社は自ら屋根工事をおこないません。
住宅会社の正社員が自ら屋根にのぼって屋根を張り替えることはしません。
下請けの屋根工事会社が工事を請け負います。

屋根工事会社とは、スレート屋根の工事会社瓦屋根工事会社板金工事会社の3社です。
職人さんもスレート屋根職人と瓦職人、板金職人の3つの種類に分かれます。
これからパミールのリフォームを検討されている人は、直接、これらの屋根の工事会社に工事を依頼されることをおすすめします。
屋根工事のプロを尋ねることが安くかつ高品質な屋根工事実現の一番の近道です。

もちろん、屋根工事会社はその会社名義の倉庫を所有しています。
ニチハや住宅会社に、代替品の補償を自ら探した屋根工事会社の倉庫に納品して欲しいと交渉するとよいでしょう。

3つの会社のうち、アスファルトシングルは工事が簡単なため、どこの会社でも施工ができます。
金属屋根は板金工事会社がおこなう工事となります。

テイガクは板金工事会社であり、もちろん、自社倉庫を所有しています。
普段からニチハからの納品を受けた屋根工事をおこなっています。
パミール改修工事のお見積りをご希望の人はお気軽にお問い合わせください。

Q

住宅会社が倒産している場合は?

A

意外と多いのは、住宅会社がすでにないケースです。
たとえば、三井ハウスのパミール改修工事をテイガクではよくおこなっています。
この場合は、無理を承知の上、自ら見つけた屋根工事会社に代替品が納品できるか尋ねてみてください。

パミールのリフォーム方法

葺き替え工事がおすすめ

長期的な屋根の維持という点において、パミールは原則、葺き替え工事をおすすめします。
しかし、屋根カバー工法が全く駄目であるという訳ではありません。

パミール屋根の葺き替えとカバー工法 ❘ メリットとデメリット

関連記事
Q

野地板を再利用できる?

A

パミールの屋根は築浅のため、屋根を下支えする野地板の状態が良好であることが多いです。
そのため、古い野地板を再利用した工事をおこなうことも可能です。
ただし、その際は野地板の長期寿命化が図れる換気棟を取り付けてください。
なお、野地板の寿命は50年前後です。
野地板の寿命も理解したうえで野地板を再利用するかどうか検討してください。

【YouTube動画】カバー工法がダメなパミールの状態
03:16

【YouTube動画】カバー工法がダメなパミールの状態

スレート屋根への葺き替えはおすすめできる?

コストだけを優先する場合はおすすめきます。
しかし、それ以外の理由ではあまりおすすめできません。

リフォームでスレート屋根を用いた場合、製品保証は0年となります。(新築時は10年)
メーカーから製品保証が得られない屋根材です。
スレート屋根はリフォームではなく、新築で専用の屋根材とも言い換えられます。
パミールと同じく板状の硬い屋根であるため、屋根を平滑に張って仕上げる点で多少の不安が残ることが製品保証が発行できない理由と思われます。

なお、スレート屋根は比較的工事が簡単な屋根材です。
テイガクでも施工をおこなうことができます。

パミールの塗装は?

パミールの塗装は意味がない
パミールの塗装は意味がない

パミールの塗装は意味がありません。
塗装をすることで、屋根の寿命を縮める可能性があります。くわしくは、関連記事をぜひご覧ください。

パミール屋根の塗装は屋根寿命を縮めさせてしまう

関連記事 パミール屋根の塗装は屋根寿命を縮める

屋根カバー工法時の注意点

屋根カバー工法をおこなう際は、長期的な屋根の維持が期待できる質の高い屋根材や施工方法で工事をおこなうことを心がけてください。

Point1:粘着式ルーフィングを用いる

釘を1本も使わずに貼れる屋根の防水シート(テイガクによる施工)
釘を1本も使わずに貼れる屋根の防水シート(テイガクによる施工)

一般的に屋根の防水シートであるルーフィングは釘を打って貼り付けます。
しかし、釘で叩き付けてルーフィングを貼ると、傷んだパミールをさらに痛めてしまうことになります。
釘を用いずに糊付けされた粘着式ルーフィングを用いてください。

Point2:断熱材一体型の金属屋根を用いる

断熱材があるので面で押さえつけて屋根を張ることができる
断熱材があるので面で押さえつけて屋根を張ることができる

カバー工法をおこなう際は、内部結露ではがれた異物のパミールをしっかりと抑えつけて張ることができる断熱材一体型の金属屋根を用いてください。

Point3:ステンレスのビスを用いる

ステンレスのビスで屋根材を固定をすると安心(テイガクによる施工)
ステンレスのビスで屋根材を固定をすると安心(テイガクによる施工)

パミールでお悩みの方であれば、屋根の留め具が重要であるかどうか、ご理解いただけると思います。
鉄素材の留め具は結露あるいは屋根内部に侵入する雨水の影響で錆びるおそれがあります。
50mm以上のステンレスのビスでしっかりと固定させてください。

Point4:換気棟を取り付ける

屋根の中の湿気を放出する換気棟(テイガクによる施工)
屋根の中の湿気を放出する換気棟(テイガクによる施工)

換気棟は屋根の内部にこもった熱と湿気を外に排出させる換気部材です。
野地板の耐用年数と大きく関わるため、野地板を再利用するカバー工法では必要な部材です。
金属屋根の商品ごとに換気容量と性能が全く違うので注意をしてください。

おすすめの屋根材は?

ガルテクトのケラバ板金の優れた止水構造
ガルテクトのケラバ板金の優れた止水構造(テイガクによる施工)

アイジー工業のスーパーガルテクトは、屋根材のなかでも最高品質に位置付けられる金属屋根です。
鋼板はエスジーエル鋼板であり、板金役物の止水性能も極めて優れた設計がなされています。

使用屋根材 リフォーム費用 おススメ度
断熱材一体型ガルバリウム鋼板
断熱材一体型エスジーエル鋼板

同じくニチハの横段ルーフαSも断熱材が分厚く屋根全体を断熱材で覆うことができるのでおすすめです。

テイガクによるパミールのリフォーム例

テイガクでは毎月5棟から10棟、パミールをリフォームをおこなっています。
パミールのリフォーム工事に関するご相談は、是非、テイガクにお問い合わせください。

千葉県船橋市で屋根材パミールのカバー工法リフォームを実施しました。 スレート屋根の上に金属屋根を被せるカバー工法リフォームはテイガクにお任せください。 千葉県船橋市で行った屋根修繕工事の施工例をご紹介します。今回ご紹介す…

場所:千葉県船橋市 日付:2018年3月

川崎市麻生区でパミールのカバー工法リフォームを行いました。 三井ハウスで建てられた住宅です。 三井ハウスは現在はないため、屋根のリフォームを行う業者をお探しのお客様がたくさんいらっしゃいます。 三井ハウスの屋根リフォーム…

場所:川崎市麻生区 日付:2018年2月

東大阪で行った屋根のリフォーム工事ご紹介いたします。 テイガクは大阪府堺市北区に営業所と資材倉庫を有した工事会社です。 東大阪市は全域対応しております。 で屋根リフォーム業者をお探しのお客様はテイガクにお任せください。 …

場所:大阪府東大阪市 日付:2018年2月

柏市で屋根修理工事・屋根リフォームはテイガクで。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。 千葉県柏市で屋根と外壁塗装のリフォーム工事を行いました。既存の屋根はパミー…

場所:千葉県柏市 日付:2017年11月

鶴ヶ島市で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 埼玉県鶴ヶ島市で屋根と外壁目地のリフォーム工事を行いました。既存の屋…

場所:埼玉県鶴ヶ島市 日付:2017年10月

奈良市で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 奈良県奈良市で屋根カバー工法によるリフォーム工事を実施しました。既存屋…

場所:奈良県奈良市 日付:2017年10月

川崎市川崎区で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 パミールなどの屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 神奈川県川崎市川崎区にお住まいのお客様から屋根リフ…

場所:川崎市川崎区 日付:2016年11月

横浜市でニチハ株式会社が販売していたパミール屋根のリフォーム工事を行いました。 テイガクはパミールのカバー工法、葺き替え工事を得意とする会社です。 お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。 横浜市青葉区で…

場所:横浜市青葉区 日付:2016年7月

スレート屋根の関連記事

スレート屋根の記事をもっと読む

1. スレート屋根材の種類と材質について

1. スレート屋根材の種類と材質について

2. アスベストの入りかどうかの見分け方

2. アスベストの入りかどうかの見分け方

3. 耐久性と耐用年数、メンテナンス

3. 耐久性と耐用年数、メンテナンス

4. 葺き替え費用と施工方法

4. 葺き替え費用と施工方法

5. パミールとは?

5. パミールとは?

6. パミール葺き替えの注意点

6. パミール葺き替えの注意点

7. コロニアルの棟板金の構造と不具合の原因

7. コロニアルの棟板金の構造と不具合の原因

8. 波型スレート屋根について

8. 波型スレート屋根について

9. スレートの屋根に塗装をおこなう必要がない理由

9. スレートの屋根に塗装をおこなう必要がない理由

スレート屋根の記事をもっと読む

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
  1. ノンアスベスト屋根の問題
    1. パミールが販売された時代背景
    2. 築後10年前後で発現する不具合
    3. 不良品が製造された背景
  2. パミール特有の不具合
    1. 層間はくり
    2. 釘の腐食
    3. 釘の腐食の問題は動画でより詳しく解説
    4. リコールされたことも
  3. 簡単にパミールを見分ける方法
  4. ニチハの対応
    1. 住宅建材メーカーのスタンス
    2. アルマによる屋根カバー工法を提案
    3. 相談先は住宅会社
  5. 屋根工事会社の見つけ方
    1. 屋根工事会社とは?
  6. パミールのリフォーム方法
    1. 葺き替え工事がおすすめ
    2. スレート屋根への葺き替えはおすすめできる?
    3. パミールの塗装は?
  7. 屋根カバー工法時の注意点
    1. Point1:粘着式ルーフィングを用いる
    2. Point2:断熱材一体型の金属屋根を用いる
    3. Point3:ステンレスのビスを用いる
    4. Point4:換気棟を取り付ける
    5. おすすめの屋根材は?
  8. テイガクによるパミールのリフォーム例