川崎市麻生区で行った三井ハウスの屋根リフォーム

川崎市麻生区でパミールのカバー工法リフォームを行いました。 三井ハウスで建てられた住宅です。 三井ハウスは現在はないため、屋根のリフォームを行う業者をお探しのお客様がたくさんいらっしゃいます。 三井ハウスの屋根リフォームは定額屋根修理にお任せください。

DATA
施工実施日 2018年2月
地域 川崎市麻生区
お施主様 H様邸
屋根工事種別 パミールの屋根リフォーム

川崎市麻生区で行ったパミールのカバー工法

川崎市麻生区へ屋根のリフォーム工事を行ってきました。
レンガ調のサイディングと段葺きのコロニアルの屋根の洋風なたたずまいのお宅です。
三井ハウスで建築されたご自宅です。
建築後20年ほど経過しており、コロニアルの屋根材がはがれてもろもろとした状態になってしまい
せっかくの景観が台無しになってしまっています。
新しい屋根は定額屋根修理で一押しのアイジー工業のスーパーガルテクトのモスグリーン色です。
屋根材が新しくなるだけでなく屋根の色が変わるという事で施主さまも出来上がりを大変楽しみにしてくださいました。
川崎市の屋根リフォーム一覧はこちら

三井ハウス 屋根リフォーム

川崎市麻生区 パミールの改修前

川崎市麻生区 パミールの改修前既存屋根の状態です。
既存屋根材はパミールという商品です。
この製品はニチハという住宅建材メーカーから’96年~’08年に製造・販売されたのですが、経年とともに屋根材がミルフィーユのように層間剥離してしまう不具合が発生します。
現在は一切販売されていません。
こちらのお宅にもこのパミールの代表的劣化が見受けられました。
屋根材がもろもろに崩れ屋根基材が露出してしまっています。
中心の棟部分についている黒いパーツは換気棟です。
屋内の湿気や熱は上へあがる性質を持っているので、屋根裏に換気棟を設ける事で外に排出する役割を担っています。

↓

下葺き材の貼り付け

下葺き材の貼り付け屋根のリフォーム工事を開始します。
屋根についていた棟板金と換気棟を取り外し、新しい下葺き材を張っていきます。
棟包みまわりなどは雨漏りが発生しやすい部位であるため、重ね代を十分に確保します。

↓

下屋根の施工

下屋根の施工下屋根と呼ばれる1階部分の小さな屋根にも新しい下葺き材を張っていきます。
下葺き材を張り終えたら、次に軒先につける水切り板金から屋根本体を張り始めます。
下屋根には足場が設置されているので足場を脱着して工事を進めていきます。

↓

下屋根の屋根本体施工

下屋根から新しい屋根材を張っていきます。
今回使用した新しい屋根材はアイジー工業「スーパーガルテクト」のモスグリーン色です。
金属屋根というとブラックのイメージが強くある方が多いかと思いますが、グリーンやブルー、ブラウンなど様々な色がご用意できます。中でもこのモスグリーン色は高級感があり人気があります。

↓

雨仕舞処理もしっかり

雨仕舞処理もしっかり下屋根が全体張り終えたところです。
屋根本体を張ったら角部分には棟板金を取り付け、外壁との取り合い部分には雨押え板金と呼ばれる雨水の侵入を防ぐための板金を使います。
家は建材の組み合わせで出来上がっていて、こういった取り合い部分はどうしても外からの影響を受けやすく処理がきちんとしていないと家の大きなウィークポイントになってしまいます。

↓

オーダーメイドの板金加工も得意です!

オーダーメイドの板金加工も得意です!2階の大屋根と3階の小さな屋根のつながり部はもともとは外壁のサイディングのみの施工でした。
しかしここはこの屋根の構造上、特に雨が集まる場所となっているため、
ガルバリウム鋼板の板金で職人さんが鋼板を切り出してオーダーメイドの雨仕舞の処理を施しました。
定額屋根修理に在籍している金属屋根を張る職人さんは板金工の専門職人さんであるため、
高度な板金加工を要する工事もお客様にご提案する事が可能です。

↓

雪止め金具の設置

雪止め金具の設置雪止め用の金具を設置します。この雪止め金具はお客様の任意でつけていただくものになりますが、横浜市はできる限り取り付けをお願いしています。
ここ数年南関東も大雪に見舞われることが多々あり、雪止め金具の設置を希望するお客様のお問い合わせが増えています。
後付けでの設置も可能ですが、屋根の施工と同時に行う方が費用を抑えられますのでお薦めです。

↓

屋根全体に貼り付けが完了

屋根全体に貼り付けが完了屋根本体と棟板金の取り付けが完了しました。がらりとイメージが変わります。
以前は黒い換気棟が設置されていましたが、今回は屋根材と同じ素材を使ったメーカー純正品を使用したので違和感がなく屋根と溶け込んでいます。

↓

外壁のシーリングのプチリフォーム

外壁のシーリングのプチリフォーム窯業系サイディングの外壁は築年数が経過すると、まずボードをつなぎ合わせる目地を埋めるシーリングから劣化が始まります。外壁のお悩み問い合わせが多い個所です。
このような場合には既存シーリングの上から新しいシーリングの増し打ちが可能です。
劣化したままの状態が続くとひび割れやシーリングのはがれに繋がっていくので早めの処置が肝心です。

↓

綺麗に仕上がりました

綺麗に仕上がりましたシーリングの増し打ち後の様子です。
以前よりも凹凸が目立たなくなり美しく仕上がりました。

↓

AFTER

川崎市麻生区の屋根カバー工法は定額屋根修理で

川崎市屋根リフォーム
川崎市麻生区の屋根カバー工法は定額屋根修理で
すべての工事が完了しました。工事前と工事後の写真です。
レンガ調の外壁の雰囲気との相性もよく、とても綺麗に生まれ変わりました。
施主様もがらりと雰囲気の変わったご自宅を見てとても満足してくださいました。
その他 事例

川崎市周辺の屋根工事例

川崎市宮前区 屋根修理事例
屋根葺き替えと外壁塗装
ご神奈川県川崎市宮前区でアパートを所有するお客様から屋根と外壁のリフォーム工事に関するご相談をいただきました。
工事のきっかけは雨漏りです。
定額屋根修理ではアパートなどの集合住宅の雨漏り修理工事も数多く行っています。
今回の事例のように屋根の修理に合わせて外壁塗装工事も承っています…続きを読む
川崎市川崎区 屋根修理事例
ニチハパミールのカバー工法
神奈川県川崎市川崎区にお住まいのお客様から屋根リフォームに関するお問い合わせをいただきました。
定額屋根修理の川崎市の屋根・外壁リフォーム事例はこちら
既存の屋根はニチハ株式会社のパミールです。
パミールはアスベスト規制直後に販売開始された代表…続きを読む

川崎市麻生区の屋根リフォーム工事は定額屋根修理にお任せください

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

神奈川県は横浜市港北区に事業所(横浜工事センター)を設けて弊社は運営しています。
横浜工事センターでは屋根資材と神奈川県在住の金属屋根職人さんを管理しています。

「直接契約・直接工事」のメリットを活かして高品質・低価格の屋根リフォーム工事をお客様にご提供いたします。

川崎市は工事センターから至近距離の位置にあるため迅速なご対応が可能です。
屋根だけではなく、外壁塗装やベランダ防水工事、エクステリア工事も承っております。
川崎市の外装工事は定額屋根修理にお任せください。
お見積もりは無料です。

川崎市麻生区の屋根リフォーム