柏市屋根カバー工法と外壁塗装リフォーム-定額屋根修理

千葉県柏市で屋根修理工事・屋根と外壁リフォームは定額屋根修理で。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。

DATA
施工実施日 2017年11月
地域 千葉県柏市
お施主様 K様邸
屋根工事種別 屋根カバー工法と外壁塗装

柏市の屋根と外壁塗装リフォーム

千葉県柏市で屋根と外壁塗装のリフォーム工事を行いました。
既存の屋根はパミールで、建築後約13年が経過しています。
ここ数年の間で、パミール関連のご相談が急増しています。
パミールは施工後10数年で急速に劣化が始まることが多いです。
今回の現場では屋根カバー工法によるリフォームを行いました。
屋根のリフォームに合わせて、外壁塗装のリフォームも行いました。
足場を共用できるので二つの工事を同時に行うことはお勧めです。
柏市の屋根と外壁のリフォーム工事は定額屋根修理にお問い合わせください。
パミールについて詳しくはこちら

柏市の屋根修理

柏市 屋根と外壁リフォーム工事

柏市 屋根と外壁リフォーム工事千葉県柏市で屋根と外壁のリフォーム工事を行いました。
建築後約13年が経過しています。

↓

パミール

パミールお客様宅で使用されている屋根材はパミールでした。
パミールは化粧スレートの商品のひとつで、ニチハから販売されていました。
不具合報告が多く、現在ニチハでは化粧スレートの販売事業から撤退しています。

↓

屋根材の剥離現象

屋根材の剥離現象パミ―ルは約10数年で屋根材が薄い層を形成しはじめます。
ミルフィーユ現象と呼ばれます。
このような状態の場合、塗装による改修工事はお勧めできません。
中には塗装を進める業者もいますが、塗料メーカーもパミールへの使用は進めていません。
弊社では必ずパミールは重ね葺きもしくは葺き替えによる工事を行います。

↓

足場の組み立て

足場の組み立て正式市に契約を交わし、工事着工します。
始めに行う工事は足場の組み立てと養生です。

↓

棟下地

棟下地屋根のてっぺんにある板金を棟(むね)と呼びます。
棟板金を取り外し、次に木製の棟下地を取り外します。

↓

下葺き材張り

下葺き材張り下葺き材を軒先から張ります。
使用する下葺き材は改質アスファルトルーフィングシートです。
下葺き材は最終的に雨漏りを防いでくれる大切な建材です。
できる限り品質の高い製品を使ってください。
下葺き材について詳しくはこちら

↓

下葺き材張り完成

下葺き材張り完成下葺き材張りが完成しました。
棟や谷などの屋根の弱点になる部分は重ねて張ることで防水性能が向上します。

↓

谷どい板金の取り付け

谷どい板金の取り付け谷どい板金を取り付けます。
谷どい板金は雨水が集中する部位であるため、雨漏りが発生しやすいです。
谷どい板金部位も十分な雨仕舞処理が必要です。
谷どい板金について詳しくはこちら

↓

屋根工事完成

屋根工事完成屋根本体を張り、屋根リフォーム工事が完成です。
使用した屋根材はアイジー工業社のスーパーガルテクトです。
スーパーガルバリウム鋼板を用いた耐候性の高い屋根材です。
色はモスグリーンです。
スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

↓

柏市 外壁塗装工事開始

柏市 外壁塗装工事開始続いて、外壁塗装工事を開始します。
今回使用した塗料はエスケー化研のプレミアムシリコンです。
シリコンベースのラジカル制御型塗料に分類されます。
ラジカル制御型塗料の中では最高品質の塗料です。
耐用年数は約12年から15年となっています。

↓

下塗り材

下塗り材下塗り材は塗料の密着性や仕上げに関わるため、十分に検討する必要があります。
今回、下塗り材は弾性タイプのフィラーを使用しました。
下塗り材でも弾性の有無や溶剤系の検討、フィラーとシーラーの選択などをしなければなりません。

↓

塗装工事開始 下塗り

塗装工事開始 下塗り画像は下塗り塗装の様子です。
下塗りでは白もしくはグレーを用います。
上塗り材を異なる色を用いるのが基本です。
上に塗る色と異なるため、塗り残しが分ります。

↓

軒天塗装

軒天塗装屋根の裏側を軒天と言います。
今回の現場では木製ボードが用いられているため、透湿性の高い木製用塗料を用います。
木は呼吸するため、空気を通す塗料が望まれます。
今回はお施主様とお話合いをして、大胆に色をブラウンからピスタチオカラーに変えました。

↓

破風塗装

破風塗装雨どいが取り付けられている板を破風板(はふいた)もしくは鼻隠しといいます。
破風板も雨風の影響を受けやすい部位です。
外壁や屋根、軒天と同様、メンテナンスが必要な部位です。

↓

破風納めの隙間

破風納めの隙間塗り替え前の破風板の画像です。
破風板の軒桁(のきけた)部分は収まりの都合上、台形の形になっています。
この台形の破風板部分を破風板納めと言います。
今回、外壁と破風板納めの間に大きな隙間がありました。
この部分から雨水が浸入する恐れがあります。
補修をした上で塗装をいたしました。

↓

割れた破風板

割れた破風板破風板のつなぎ目が割れています。
この部分もパテで埋めて補修の上、塗装します。

↓

 

庇のケレン

庇のケレン庇の塗装を行います。
庇の天端(てんば)は板金が葺かれていることが多いです。
板金はケレンと呼ばれる錆を削ぎ落とす下作業を要します。

↓

庇板金塗装

庇板金塗装庇板金塗装の様子です。
鉄部は鉄専用の塗料を用いて塗り替えます。

↓

ベルアート

ベルアート外壁の一部はべルアートで、再塗布しました。
ベルアートは漆喰タイプの塗り壁材です。

↓

シーラー

シーラーべルアート専用の下塗り材です。
結局、今回のリフォーム工事では10種類の塗料を塗り分けしました。
塗装工事では既存の素材や劣化状況でどのような下塗り材や上塗り材が適しているかを判断することが最も大事なことです。

↓

仕上げ材の凋落

仕上げ材の凋落外壁仕上げ材が剥がれていました。
左官材で補修を行います。

↓

べルアートの塗布

べルアートの塗布べルアートを塗ります。
塗布後、コテで模様をつけます。

↓

雨どい塗装

雨どい塗装雨どいの塗装も行います。
画像は下塗り塗装の様子です。

↓

竪どい塗装

竪どい塗装
竪どいの塗装を行います。
といを支える金具も塗装します。
鉄部なので塗り分けします。

↓

配管塗装

配管塗装塩ビ管も塗装します。

↓

換気フード塗装

換気フード塗装換気フードも塗装しました。
換気フードは鉄部塗装です。

↓

見切りの木枠塗装

見切りの木枠塗装異なる素材のジョイント部分は見切り木枠が使用されています。
木製塗料を用いて塗装します。

↓

ベランダ床塗装

ベランダ床塗装ベランダ床にはジョリエースを用いました。

↓

ジョリエースのプライマー

ジョリエースのプライマーベランダ床には下塗り材としてプライマーを用います。今回の塗装工事では下塗り材だけで、「フィラー」と「シーラー」、「プライマー」を使いました。
塗装で用いる主要な下塗り材3つ全て使用したことになります。

↓

床下防水の塗布

床下防水の塗布床下防水の塗布が完成しました。
これで気持ちよく洗濯物が干せますね。

↓

AFTER

柏市の屋根と外壁塗装工事完成

柏市の屋根と外壁塗装柏市の屋根と外壁塗装柏市 屋根と外壁リフォーム工事
柏市の屋根カバー工法と外壁塗り替えリフォームが完成しました。
屋根の工事に合わせて外壁塗装を行うことは足場が共用できるのでお勧めです。
定額屋根修理でも屋根カバー工法と外壁塗装のリフォーム工事は定番工事になっています。
専門の工事会社だからできる適切な施工方法と適正価格のリフォームを施主様にご提供いたします。
その他 事例

柏市で行った屋根リフォーム例

柏 屋根カバー工法千葉県柏市 屋根リフォーム工事
ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
定額屋根修理が柏市で施工した工事事例を2件、ご紹介します。
はじめにご紹介する工事は建築後30年が経過したコロニアル屋根(スレート瓦)のリフォーム例です。
ガルバリウム鋼板を重ね葺きする屋根カバー工法でリフォームを実施しました。
柏市で屋根の工事会社をお探しのお客様の参考になればうれしいです。続きを読む 

柏市の屋根リフォーム工事は専門会社の定額屋根修理で

定額屋根修理は千葉県市川市大野町に千葉県西部地区を統括する工事センターがあります。
定額屋根修理 市川屋根修理工事センターの詳細はこちら
工事センターでは屋根材を保管し、千葉県在住の職人さんを管理しています。
地の利を活かすことができるので、地震や台風時にも迅速な対応が可能です。
葺き替えやカバー工法などの本格的な屋根のリフォーム工事は定額屋根修理にお問い合わせください。
お客様か評価をいただいている、高品質・低価格の「定額制」で屋根のリフォーム工事をご提供いたします。
お見積もりは無料です。市川 屋根 修理・リフォーム