江戸川区 屋根の修理 屋根のリフォーム

東京都江戸川区で屋根リフォーム工事を行いました。
施工内容は弊社でで最も実績のあるコロニアル屋根のカバー工法です。
江戸川区・江東区・千葉県市川市にお住まいのお客様は定額屋根修理へ一度お問い合わせください。
お見積もりは無料です。

DATA
施工実施日 2015年1月
地域 東京都江戸川区
お施主様 T様邸
屋根工事種別 ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
BEFORE
劣化したコロニアル屋根 東京都江戸川区の屋根リフォーム工事をご紹介します。
既存屋根はコロニアルで、塗膜の劣化が進行しています。
コロニアル屋根は江戸川区の戸建て住宅で最も使用されている屋根素材です。
板金も変形しています。
屋根の寿命が訪れています。

矢印

江戸川区の屋根 劣化写真 屋根の一部が割れています。
かけらは強風に煽られて飛散したようです。

矢印

コロニアル屋根 浮き コロニアル屋根材本体の重ね合わせ部に浮きが確認できました。
コロニアルが吸水したため屋根材が反っています。
この隙間から雨水が浸入する恐れがあるため雨水の浸水対策が必要です。

矢印

棟の板金材と屋根材との隙間 棟板金と屋根材の間にも隙間があります。
今回の現場では既存の棟板金を全て撤去し、既存屋根材の上にガルバリウム鋼鈑屋根を重ね葺きするカバー工法を行います。

矢印

コーキング 屋根 江戸川区 数年前に他業者が応急処置を行った跡です。
お客様目線でも明らかですが、かなり雑です。。。。
コーキング処置を行うこと自体は間違いではありませんが、このようにコーキングをベットリ盛ることはプロの仕事とは言えません。

矢印

防水用のゴムアスルーフィング 見積り書の提出後、お客様から工事発注をいただきました。
既存コロニアルの上に防水用のゴムアスルーフィングを屋根全体に敷き込みます。

矢印

 ガルバニウム鋼板製の屋根材 ルーフィングシート敷き込み後、屋根材を張ります。
屋根材はガルバリウム鋼板製です。
断熱材一体成型されている製品です。
金属屋根材のなかには断熱材がない製品がありますが、予算に余裕のあるお客様は断熱材付きの製品をお選びください。
屋根材本体は独自のハゼ折り返しで4重防水構造になっている防水性能に優れた屋根材です。

矢印

寄せ棟屋根の下り棟部 今回の江戸川区の現場は寄棟屋根でした。
画像は寄せ棟屋根の下り棟の部分です。
軒先側には雪止め金具を設置しています。

矢印

AFTER
江戸川区屋根リフォーム後 写真 江戸川区の屋根リフォーム工事、完成です。
寄せ棟の主棟・下り棟もガルバリウム鋼板製の棟板金で美しく仕上がりました。
これで雨漏れの心配もありません。
コーキングの色も屋根材にあわせました。
コーキングの量はこのくらいで十分です。
金属屋根はメンテナンスも楽であり、コストパフォーマンス優れた屋根材です。
屋根材はニチハ㈱製の「横暖ルーフ」です。
定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。
弊社は東京都杉並区に本社がある屋根修理専門の工事請負会社です。
千葉県市川市に職人と屋根資材を管理する倉庫があります。
江戸川区は人口だけではなく戸建て住宅も多く、お問い合わせやが増加している地域です。
屋根工事の他、外壁塗装工事も承っています。
お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。