大阪府茨木市 - 旭トステムのセルフッ素サイディングとニチハのフッ素屋根でカバー工法

施工前の屋根
施工後の屋根
施工前の外壁
施工後の外壁

工事情報

施行実施日 2023年12月
施工地域 大阪府茨木市
施工地域ページ 大阪府
テイガク拠点 大阪工事センター
築年数 築30年
屋根材(施工前) アスベスト入りカラーベスト
外壁材(施工前) 窯業サイディング
工事内容
屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換 金属サイディング(横張り)

工事前の状態

施工前の屋根

工事前のお客さま宅屋根の状態です。
お住まいは築30年で、屋根材としてアスベスト入りのカラーベストが使用されていました。
築30年ということもあり、屋根には広範囲に色褪せ、色むらなどの劣化が見られました。
このままの状態を放置していると、雨漏りや雨水浸入による建材の劣化につながるおそれがあります。

施工前の外壁

外壁には窯業サイディングが使用されていました。
直貼りといって、サイディングがそのまま外壁の構造体に取り付けられる方式で施工されていたため、反りや割れが多く発生していました。
直貼りで外壁を張った場合、湿気や結露の逃げ道がなくなることによる不具合が起こりやすくなります。

外壁の出隅部分

外壁の出隅部分は特にひどく、サイディングが爆裂していました。
爆裂は、サイディングの中に水が浸入し、その水が冬場に凍ることで、外壁を内側からボロボロにする症状です。
これも直貼り工法で水の逃げ道がなかったことが原因でで起こっています。

施工前の破風板

破風板にもひび割れが生じていました。
軒とは異なる屋根の端にあたる破風は、屋根への雨水の浸入を防ぎ、防火性を高めるとともに、外観にも大きくかかわる部分です。
ひび割れはしっかり修繕する必要があります。

破風納め

破風板の納まりを仕上げる破風納めにもひび割れが生じている状態でした。
機能的にも外観の美しさを回復させるためにも、しっかり補修する必要があります。

テイガクからのご提案

今回は、大阪府茨木市のお客さまから、屋根と外壁のリフォームについてご相談をいただきました。
築30年で、屋根にはアスベスト入りカラーベストが、外壁には窯業サイディングが使用されていました。
屋根にも外壁にも経年劣化が見られましたが、とくに外壁の劣化がひどく、反りやひび割れ、爆裂などの症状がいたるところに見られました。
既存外壁材の施工方法であった直貼り工法は、外壁材を外壁の構造体に直接取り付ける外壁の施工方法です。
湿気や水蒸気の逃げ道がなくなるため、結露による不具合が発生しやすくなります。
以上のような状態であったため、屋根は新規の金属屋根材を使用した屋根カバー工法工事を、外壁は金属サイデイングを使用した外壁カバー工法工事をご提案させていただきました。
金属屋根材、金属サイディングともに褪色しにくいフッ素の製品を使用しました。
外壁材の取り付けは外壁通気工法を採用し、結露による不具合リスクも低減しています。

ポイント
  • 屋根カバー工法

  • 横暖ルーフαプレミアムS

  • 外壁カバー工法

  • 外壁通気工法

大阪府茨木市でおこなった、旭トステムのセルフッ素サイディングとニチハのフッ素屋根を使用したカバー工法リフォーム工事手順

ルーフィングシートを貼り付け

ここから、大阪府茨木市でおこなった屋根カバー工法工事の手順についてご紹介いたします。
屋根カバー工法工事においては、まず古い屋根材に付属する板金を撤去し、屋根をフラットな状態にしたうえで、新規のルーフィングシートを貼り付けました。
ルーフィングシートは防水の役割をもち、屋根材からしみだしてきたわずかな雨水もすべてブロックして家屋を雨漏りから守ります。
今回は新規のルーフィングシートとして、田島ルーフィングのニューライナールーフィングを貼り付けました。
ニューライナールーフィングは、改質アスファルトと合成繊維不織布からできており、高い耐久性と防水性を誇ります。
30年以上の耐久性が期待できるため、長く安心できるのも魅力です。

ビスでしっかり留めて施工

ルーフィングシートを貼り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けました。
新規の金属屋根材として使用したのは、ニチハの横暖ルーフαプレミアムS(ブラウンカラー)です。
フッ素樹脂遮熱鋼板が素材として採用された横暖ルーフαプレミアムSは、20年変褪色保証のついた、高級屋根材です。
フッ素塗膜の高耐候性、ガルバリウム鋼板の高耐久性をそなえ、断熱材が一体となった構造をしており、長く安心してお過ごしいただけます。
3階建てのお住まいで風が強いですが、ビスでしっかり留めて施工しました。
テイガクでは、不具合リスクをできうる限り低減させる工事を心がけています。

アルミ製の貫板(エスヌキ)を取り付け

棟の下地には面戸を取り付けて止水性を高めるとともに、金属製の貫板(エスヌキ)を取り付けて板金を固定しました。
棟板金のめくれや飛散などの不具合は、板金を支える下地の腐食が主な原因となって起こります。
その点、テイガクでは腐食しにくい金属下地(エスヌキ)を使用しているため、長期間しっかりと棟板金を固定することができます。
金属製の貫板を取り付けるエスヌキ工法は、テイガクが特許を取得した、テイガクオリジナルの施工方法です。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

破風板、ケラバ板金

ひび割れの生じていた破風板、またケラバ板金もきれいに納めることができました。
外観も美しくなります。

屋根カバー工法工事の完成

以上で、屋根カバー工法工事の完成です!
劣化していたアスベスト入りカラーベストを横暖ルーフαプレミアムSでカバーしたことにより、耐久性と機能が回復した美しい屋根が出来上がりました!
フッ素塗膜により、お色も長持ちするため、美しい状態をより長くお楽しみいただけます。

引き続き、外壁カバー工法工事の手順をご紹介いたします。

透湿シートを貼り

ここから、外壁カバー工法工事についてご紹介いたします。
外壁カバー工法工事をおこなうにあたり、まずは雨漏りリスクを低減させるために透湿シートを貼りました。
透湿シートは、外からの水は通さず、中の湿気は外に逃がすことのできる性質を持つ建材です。
この性質により、結露による不具合のリスクを大きく低減させるのに役立ちます。

樹脂胴縁を取り付け

透湿シートを貼ったら、その上からアルミ芯入りの樹脂胴縁を取り付けました。
胴縁を取り付けることで、直貼り工法とは異なり、旧外壁と新規外壁の間に通気層ができ、結露による不具合を防ぐことができます。
これを外壁通気工法といいます。

新規の金属サイディングには、旭トステムのフッ素サイディングを採用し、2トーンの商品を張り分けて横張りで施工しました。
旭トステムのフッ素サイディングは、15年の色褪せ保証がついているだけでなく、セルフクリーニング機能が付加された有能なサイディングです。
サイディングはビスでしっかりと固定しました。

大阪府茨木市でおこなった、旭トステムのセルフッ素サイディングとニチハのフッ素屋根を使用したカバー工法リフォーム工事が完成です!

施工後の外壁
施工後の外壁
施工後の屋根
施工後の屋根

以上で、大阪府茨木市でおこなった、旭トステムのセルフッ素サイディングと、ニチハのフッ素屋根を使用したカバー工法リフォーム工事が完成です!
金属サイディング、金属屋根共に、褪色しにくいフッ素の製品でカバー工法をおこない、耐久性の回復した美しいお住まいへと生まれ変わりました!
まるで新築のようなお住まいで、気分を一新して、長く快適にお過ごしいただけることと思います。

テイガクでは、お住まいやお客さまの好みに合わせた適切なリフォームのご提案をおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

大阪府茨木市と周辺地域のその他工事例

大阪府茨木市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

大阪工事センター

大阪工事センター

住所 大阪府豊中市利倉1-5-37
(Googleマップはこちら)
電話番号 066-152-6576
都道府県ページ 大阪

テイガクは、大阪府豊中市に「大阪工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
大阪工事センターは、2023年夏、大阪北摂地域と兵庫地域、京都地域、滋賀地域の工事を管理する拠点として誕生しました。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

大阪工事センターの
Googleのクチコミ

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について