サイディングの合いじゃくりとは?四方じゃぐりや雨漏り事例もご紹介

  • 公開

今回はサイディングの「合いじゃぐり」について解説するとともに、注意しておきたい外壁を事例を交えながら解説します。
テイガクの現場で撮影した動画でもご紹介しますので、ぜひ理解を深めてみてください。
これから外壁のメンテナンスを検討している方は、ご自宅の外壁が該当していないかチェックしてみましょう。

合いじゃぐりと雨漏りについての動画

縦張り窯業サイディングで多い相じゃくりからの不具合
5:55

縦張り窯業サイディングで多い相じゃくりからの不具合

サイディングの横張りと縦張り

外壁のサイディングには張り方が「横張り」と「縦張り」の2通りあります。
言葉の意味の通り、サイディングボードを横方向に張る「横張り」、縦方向に張る「縦張り」です。

横張のサイディング
横張のサイディング
縦張のサイディング
縦張のサイディング

サイディング材は1枚1枚が大きなボードで、メーカーや材質でサイズは異なりますが、1枚の幅は約45㎝、長さも3、4m程あり長尺です。
縦張りと横張りの張り方で外観の印象を変えることができます。
窯業サイディングでは一般的に横方向で張ることが多いです。

合いじゃぐり(相じゃぐり)とは?

合いじゃぐりはサイディングの繋ぎ目

サイディング材を張る際に、サイディングの長辺の端にあたる、重ね合わせる接合箇所のことを「合いじゃぐり」と呼びます。
外壁は、このサイディング「合いじゃぐり」を重ね合わせながら張っていきます。

金属サイディングの合じゃぐりの嵌合部
合じゃぐりの嵌合部(画像は金属サイディング)
上下もしくは左右でサイディング同士を結合
上下もしくは左右でサイディング同士を結合

下記はおなじみの窯業サイディングの合いじゃぐりです。
合いじゃぐりの箇所は、写真のような細い隙間(つなぎ目)ができます。
よく隙間ができて問題がないか、尋ねられますが、サイディングが変形していない限り、合いじゃぐりの隙間から雨水が入り込む恐れは低いです。

外壁の合いじゃぐり
縦張りサイディングの合いじゃぐり(窯業サイディング)

一方で、合いじゃぐりが無いサイディングの端と端の隙間は目地と呼びます。
窯業サイディングの場合、目地にはシーリングを打ち込みます。
合じゃぐりの構造ではないため、目地のシーリングは窯業サイディングの弱点になりやすいです。
なお、金属サイディングの場合、目地には見切縁とよばれる板金を取り付けます。

外壁の目地
横張りサイディングの目地

縦張りと横張で合いじゃぐりと目地の位置が違う

サイディングを張る方向が違えば、合いじゃぐりと目地ができる方向も変わります。

横張は横に、縦張りは縦に合いじゃぐりができる
横張は横に、縦張りは縦に合いじゃぐりができる

最近は目地がない「四方合いじゃぐり」のサイディングも

最近は、サイディング材の四方が合いじゃぐりになっている「四方合いじゃぐり」と呼ばれる、外壁に目地ができないシーリングレスの窯業サイディングも登場しています。
目地のシーリングをなくした外壁構造であるため、従来の窯業サイディングよりも防水性と意匠性に優れています。
代表的な商品には、ニチハの「Fu-ge(フュージェ)」や旭トステムの「カーディナル」があります。
普通のサイディング材より割高ですが、目地のメンテナンスが不要になるので、シーリングの打ち替えなどのランニングコストも抑えられる外壁構造です。

縦張りサイディングの合いじゃぐりは注意が必要

「合いじゃぐり」はメンテナンスを考える上で、横張のサイディングであれば問題ないのですが、縦張りのサイディングであれば注意が必要です。

縦張りの合いじゃぐりには雨水が集中する

外壁に、雨水などの水がかかると、雨水は上から下に流れていきます。
横張のサイディングの場合は、合いじゃぐりに水が入っても、そのまま下に流れていきます。
一方、縦張りサイディングの場合は、雨水は合いじゃぐり部分に集中します。

横張りと縦張りの合いじゃぐりの水の流れ
縦張りサイディングは合いじゃぐりに雨水が集中する

縦張りサイディングの合いじゃぐりのメンテナンス

縦張りサイディングの場合、合じゃぐりに雨水が集中することで、場所によっては雨漏りを引き起こす可能があります。
合いじゃぐりに雨水が集中し、雨水がうまく排出されない場合は、シーリングをすることで、雨水が外壁内部に入らないようにすることができます。
縦張りサイディングであっても、きちんとしたメンテナンスをすることで安心して過ごすことができます。

外壁にシーリングを打つ様子

縦張りサイディングの外壁塗装(テイガクの現場)

では実際に、縦張りサイディングの外壁塗装を例にメンテナンスを見ていきましょう。

現場は縦張りの窯業サイディングの外壁塗装屋根工事をおこないました。
外壁の縦張りなので、縦方向に合いじゃぐりがあります。
工事前は、合いじゃぐりに沿ってが増殖している箇所や、合いじゃぐり下にある幕板にひびが入っている箇所が見られました。

下屋根と外壁が接する壁際に雨押さえ板金

建物は2階建てで、1階には下屋根があり、下屋根と外壁が接していました。
今回は、屋根もリフォームするので、下屋根と外壁が接する壁際に取り付けてあった、古い雨押さえ板金を切断し、新しい雨押さえ板金を設置します。
雨押さえ板金は、新築時は外壁の内側にあるのですが、リフォームの場合は外壁の外側に取り付けます。
そのため、雨押さえ板金は外壁の外側に露出する形になります。
当然のことながら、雨押さえ板金と壁の接合部分は雨水が入り込みやすいです。
そのため、しっかりシーリングを止水性を確保してあげます。

工事前、雨押さえ板金の一部は外壁に内部にある
工事後は雨押さえ板金の一部は外壁の外側に露出する

縦張りサイディングは合いじゃぐりもシーリング  

ここで重要なのは、「合いじゃぐり」もシーリングでしっかり保護しておく必要があるということです。
この箇所を保護していないと、雨水が合いじゃぐりに集中し、外壁内部に雨水が入り込んだ場合、雨水は逃げ道を失ってしまいます。

雨水は合いじゃぐりに集中し、雨水が外壁内部に留まる

雨漏りが発生するリスクを高めないためにも、合いじゃぐりをしっかりシーリングしましょう。
外壁を長持ちさせることができます。

合いじゃぐりをシーリングで保護する

縦張りのサイディングの外壁メンテナンスもお任せください

縦張りの窯業サイディングであっても、外壁のウィークポイントとなる箇所をしっかりメンテナンスしておけば、安心してお過ごしいただくことができます。
屋根と一緒に外壁のメンテナンスを検討されている方は、ぜひテイガクにご相談ください。
テイガクでは、それぞれ専任の職人が在中していますので、屋根と外壁の接合箇所についてもしっかり対応いたします。
現地調査、お見積りまで無料で受け付けています。
お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
工事の受注状況と着工日について
工事の受注状況と着工日について