神奈川県藤沢市 - ALCシーリング打ち替えと屋根カバー工法

  • 公開
施工前の屋根
施工後の屋根
施工前の外壁
施工後の外壁

工事情報

施行実施日 2024年4月
施工地域 神奈川県藤沢市
施工地域ページ 神奈川県
テイガク拠点 湘南・相模工事センター
築年数 築25年
屋根材(施工前) スレート
外壁材(施工前) ALCパネル
工事内容
シーリング工事 外壁塗装 屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換

工事前の状態

施工前の屋根

工事前の屋根の様子です。
お住まいは築25年で、屋根材としてスレートが使用されていました。
現場調査をおこなったところ、屋根の広範囲に色褪せ、色むらなどの劣化が見られました。
このままの状態を放置していても劣化が進行するだけなので、スレート屋根は時期がくればメンテナンスが必要です。
一般的に40年を経過すると、スレートはほぼ機能を維持できなくなります。
種類によっては20年ともたないものもあるため、注意が必要です。

施工前の外壁

お住まいの外壁の様子です。
既存の外壁材としてALCパネルが使用されていました。
軽量気泡コンクリートであるALCパネルは、軽くて耐久性、耐火性などに優れています。
しかし、吸水性が高く、ひび割れの生じやすい素材であるうえ、シーリングのつなぎ目が多く、シーリングが劣化すると雨漏りの危険性が通常の外壁材よりも高まるというデメリットがあります。
一般的なシーリングの耐用年数は10年程度であり、外壁材や塗料よりも劣化が早いため、定期的にメンテナンスをおこなうことが必要です。

テイガクからのご提案

今回は、神奈川県藤沢市のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
お住まいは築25年で、既存の屋根材としてスレートが、外壁材としてALCパネルが使用されていました。
現場調査をおこなったところ、スレート屋根には色褪せや色むらなどの劣化が、外壁には汚れやシーリングの劣化が広範囲に見られました。
一般的に、スレートは築後40年経つと機能を維持できなくなります。
また、外壁はお住まいの美観にかかわる要素であるうえ、既存外壁材のALCパネルはシーリングのつなぎ目が多い外壁材であり、シーリングの劣化を放置していると他の外壁材よりも雨漏りリスクが高まります。
以上のような状態であったため、今回はシーリング打ち替えと外壁塗装、屋根カバー工法工事によるお住まいのリフォームをご提案させていただきました。
雨漏りの心配がなくなり、美しく生まれ変わったお住まいの様子をぜひご覧ください。

ポイント
  • 屋根カバー工法工事

  • スーパーガルテクト

  • ALCパネル

  • オートンイクシード

神奈川県藤沢市でおこなった、ALCシーリング打ち替えと屋根カバー工法リフォーム工事の手順

ルーフィングシートを貼り付け

ここから、神奈川県藤沢市でおこなった屋根カバー工法工事の手順についてご紹介いたします。
屋根カバー工法工事をおこなうにあたり、まずは既存の屋根材に付属する板金や雪止めを撤去してフラットな状態にしたのち、防水の役割をもつルーフィングシートを貼り付けました。
新規のルーフィングシートには、田島ルーフィングのニューライナールーフィングを採用しました。
改質アスファルトからできており、約30年の耐用年数が期待できるニューライナールーフィングが、長期間お住まいを雨漏りから守ります。

ルーフィングシートを貼り付けたら、その上から新規の金属屋根材を取り付けました。
新規の金属屋根材として採用したアイジー工業のスーパーガルテクトは、エスジーエル鋼板と断熱材が一体となった構造をしており、高い耐久性と断熱性を誇ります。
雪止め金具のビスは3本しっかりと留めて、屋根材もアイジー工業純正のディスゴ処理されたステンレスビスで固定しました。

棟の下地取り付け

棟には、腐食しにくい金属製の下地と、止水性を高める面戸を取り付けました。
棟板金は、棟板金を支える下地の腐食が原因で、浮いたり、めくれたり、飛散したりするおそれがあります。
屋根材同士が取り合い、ただでさえ雨漏りしやすい部位であるため、下地の耐腐食性、止水性を高める工事は重要です。

棟板金と換気棟を取り付け

最後に、棟板金と換気棟を取り付けて、神奈川県藤沢市でおこなった屋根カバー工法リフォーム工事の完成です!
劣化したスレートを、ガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性をもつエスジーエル鋼板からできたスーパーガルテクトでカバーしたことにより、耐久性に優れた美しい屋根へと生まれ変わりました!
今後数十年、雨漏りに悩まされることなく、快適にお過ごしいただけることと思います。

引き続き、シーリングの打ち替え工事と外壁塗装工事の手順についてご紹介いたします。

プライマーを塗布

ここから、シーリングの打ち替え工事と、外壁塗装工事の手順についてご紹介いたします。
まず、ALCの劣化した目地はすべて撤去し、プライマーを塗布しました。
プライマーを塗布することで、外壁とシーリング材の密着を高めることができます。
プライマーを塗布したら、その上から新規のシーリング材を充填しました。
今回シーリング材として採用したのは、オート化学工業株式会社のオートンイクシードです。
耐候性に優れたオートンイクシードは、一般的なシーリング材よりも耐久性が高く、長期間安心してお過ごしいただけます。

下塗り

シーリング材を充填したら、塗装をおこないました。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3工程でおこないます。
はじめにおこなう下塗りは、外壁と塗料の密着を高めるための塗装です。

上塗り塗料を塗布

下塗りを終えたら、中塗り、上塗りの2回に分けて上塗り塗料を塗布しました。
2回に分けて上塗り塗料を塗布することで、ムラなく耐久性の高い塗膜に仕上げることができます。

今回、塗料にはエスケー化研のプレミアムシリコンを使用しました。
プレミアムシリコンは、耐候性と耐久性に優れたラジカル制御型の塗料で、美しいお色が長期間長持ちします。

神奈川県藤沢市でおこなった、ALCシーリング打ち替えと屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!

施工後の外壁
施工後の外壁
施工後の屋根
施工後の屋根

以上で、神奈川県藤沢市でおこなった、ALCシーリング打ち替えと屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
屋根は劣化したスレートをスーパーガルテクトでカバーし、外壁はプレミアムシリコンで塗装したことで、まるで新築のように美しく、耐久性に優れたお住まいへと生まれ変わりました!
ALCパネルの外壁は、オートンイクシードを使用してシーリングを丁寧に打ち替えたため、これから長期間雨漏りの心配なく、快適にお過ごしいただけることと思います。

テイガクでは、お住まいや、お客さまの好みに合わせた適切なリフォームのご提案をおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神奈川県藤沢市と周辺地域のその他工事例

神奈川県藤沢市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

神奈川工事センター

湘南相模工事センター

住所 神奈川県綾瀬市寺尾西1-1-29
(Googleマップはこちら)
電話番号 046-727-5303
都道府県ページ 神奈川

テイガクは、綾瀬市寺尾西に「湘南相模工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
神奈川県西部にお住いのお客さまからのご依頼を中心に、工事を管理しています。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

湘南相模工事センターの
Googleのクチコミ

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について