久喜市|屋根リフォームと雨漏り修理-【定額屋根修理】

埼玉県久喜市で雨漏り修理、屋根リフォームの工事業者をお探しのお客様は定額屋根修理にお問い合わせください。
川口市を拠点に屋根の修繕・改修工事を承っております。

DATA
施工実施日 2016年10月
地域 埼玉県久喜市
お施主様 Y様邸
屋根工事種別 セキスイかわらUの葺き替え工事

久喜市の雨漏り修理 屋根リフォーム工事は定額屋根修理で

埼玉県久喜市ににお住まいのお客様から瓦屋根の葺き替え工事と塗装工事のご注文をいただきました。
既存の屋根はセキスイかわらUです。
セキスイかわらUはセキスイグループの会社が約40年製造・販売していた歴史ある屋根材です。
見た目は陶器のような風合いで重厚感があり、施工性も良く、屋根瓦のリフォーム・葺き替えは「セキスイU瓦」が第一選択であると一世風靡した時代がありました。
しかし、現在ではセキスイグループは屋根瓦自体の製造・販売を取りやめ、屋根材販売の会社はメンテナンスを中心とした営業だけを行っています。
大きな原因は「セキスイかわらU」の不具合です。
これには屋根材のアスベスト規制法が大きく関わっています。
屋根メーカーはアスベストに代わる粘着性と耐久性を備えた屋根材を開発していました。
そんな時代状況の中に真っ先に販売された屋根材がセキスイかわらUです。
法律規制もあり、当時の新築住宅建設会社もリフォーム工事会社もセキスイかわらUを積極的に使用しました。
しかし、屋根を葺いた後、10年も経たないうちにひび割れなどのクレームが相次ぐことになります。
アスベストに代替する商品開発技術が追いついていなかったのが大きな原因であると評価されています。
このような背景があり、現在セキスイかわらUは廃番となり、セキスイかわらUを用いられた屋根は脆弱性の観点で早期に葺き替えによるリフォームが望まれています。
定額屋根修理では、今回のセキスイかわらUを含む屋根葺き替え工事を数多く手がけてきた会社です。
屋根の葺き替えをご検討されているお客様は、気軽にご相談ください。
お見積りは無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。セキスイかわらUの正しいリフォーム方法【実例】

久喜市屋根修理 リフォーム

1.現場調査 埼玉県久喜市

現場調査 埼玉県久喜市埼玉県久喜市にお住まいのお客様から、瓦屋根の改修工事に関するご相談をいただきました。
既存の屋根は「セキスイかわらU」で建築後40年が経過した瓦屋根です。
建築時の屋根はコロニアルです。
20年ほど前にコロニアルのリフォームをご検討された時に、「セキスイかわらU」による重ね葺き工事を実施しています。
今回の屋根工事にあわせて、外壁以外の塗装工事も追加でご注文いただきました。

↓

2.セキスイU瓦屋根

セキスイU瓦屋根既存屋根の状況確認です。
瓦の変色やひび割れ、欠け、コケなどが確認できました。
雨漏りはありませんでした。

↓

3.【久喜市の屋根リフォーム開始】 既存屋根の撤去

既存屋根の撤去屋根工事内容と塗装工事内容の説明と見積り提示し、弊社で工事を行わせていただくことになりました。
足場を組み立てた後、屋根瓦を撤去します。
「セキスイかわらU」を塗装によるリフォームでおすすめする業者様がいますが、弊社は塗装によるメンテナンスには反対する立場です。
屋根材自体のぜい弱性が認められている製品であるため、塗装によるメンテナンスだけではその場しのぎの対応であるからです。
実際にノンアスベストの「セキスイかわらU」への塗装に保証期間を設けている大手塗料メーカーはありません。

↓

4.屋根下地張りと下葺き材張り

屋根下地張りと下葺き材張り屋根瓦を撤去後、下地材を張ります。
屋根の下地は野地板と呼ばれ、現在では畳を一回り大きくした構造用合板と呼ばれる板を使用します。
構造用合板張りを終えた後の工程は、下葺き材張りに移ります。
下葺き材はルーフィングシートとも呼ばれ、雨水の侵入を防ぐ防水シートとしての機能があります。
ルーフィングシートの種類は様々で、製造会社1社だけでも13種類もある程です。
商品ごとに用途や品質が異なります。
一般的に、新築住宅で使用されるルーフィングシートは「アスファルトルーフィング940」で、耐久期間が約10年のろ短いシートです。
リフォーム工事では「改質アスファルトルーフィングシート」と呼ばれる比較的、耐久性の高いシートを用います。

↓

5.屋根本体張り

屋根本体張り金属屋根本体を張ります。
合わせて、雪止めを取り付けます。
金属屋根には雪止めを原則取り付けるようお客様にお願いしています。
金属屋根はとても滑りやすく落雪による事故が生じやすいからです。
雪止めがないと、近隣住人様への事故や車などへの損害リスクがあります。

↓

6.屋根本体張り 完成

屋根本体張り 完成屋根本体張りが完成しました。
今回使用した金属屋根はアイジー工業の「スーパーガルテクト」です。
現在、屋根のリフォームで最も使用されているガルバリウム鋼板製の屋根です。
2016年3月に従来のガルテクトを改良し、「スーパーガルテクト」として販売されました。
これまでのガルバリウム鋼板にマグネシウムを添加した新しい素材の屋根です。
耐久性能が向上し、基本的な保証期間も10年から15年に延長しました。

↓

7.棟板金取り付け

棟板金取り付け棟板金の取り付け工事です。
定額屋根修理では棟の下地に樹脂胴縁を使用します。
木材は使用しません。
棟板金関連はベスト3に入るほど、不具合が発生しやすい部位です。
そのため、下地材には釘の保持力が強く、腐食のない樹脂製品を使用します。
また、加工製品であるため、木材と違い形状変化しにくいなどのメリットもあります。
定額屋根修理で明記している棟板金工事価格に、樹脂胴縁を用いた工事は含まれています。

↓

8.下屋根の塗装

下屋根の塗装1階の上にある屋根を下屋根と呼びます。
下屋根は瓦棒葺きです。
下屋根は継続的なメンテナンスをされており状態が良好であったため、塗装によるリフォーム工事をいたしました。
定額屋根修理では屋根の葺き替えやカバー工法などの工事の他、外壁塗装やサイディング工事も得意としている会社です。

↓

9.下屋根の塗装工事 完成

下屋根の塗装工事 完成下屋根の塗装工事、完了です。
金属屋根では錆びがウィークポイントになります。
錆びは発生した最初は微小なものですが、徐々に広がり始めます。
錆と止め塗装などで継続的なメンテナンスを行うようにしてください。

↓

10.ポーチ塗装

ポーチ塗装玄関ポーチの破風板、軒天を塗装いたしました。

↓

10.庇塗装

庇塗装庇の破風板、軒天を塗装いたしました。

↓

10.戸袋塗装

戸袋塗装戸袋を塗装いたしました。

↓

10.ぬれ縁塗装

ぬれ縁塗装ぬれ縁を塗装いたしました。
破風板や戸袋、ぬれ縁は木部にあたるため、木材専用の塗料を用います。

↓

AFTER

11.久喜市の屋根葺き替えリフォーム 完成

久喜市の屋根葺き替えリフォーム 完成
久喜市屋根リフォーム完成写真
埼玉県久喜市の屋根リフォームと塗装工事、完成です。
セキスイかわらUは全国で50万棟以上、使用されていると言われています。
特にノンアスベストのセキスイかわらUは早期の葺き替え工事が望まれます。
定額屋根修理ではセキスイかわらUに代表される屋根の葺き替え工事の実績が豊富です。
これからは屋根に関わるストレスもなく、安心してお過ごしいただけます。
POINT

久喜市から川口工事センターまでは35分

定額屋根修理は埼玉県川口市に200坪の工事センターがあります。
川口工事センターでは屋根資材を中心にした建築材や職人を管理した倉庫です。
応接室もございますので、来客でのご対応も可能です。
久喜市までは車で35分で到着します。
近隣の鴻巣市や幸手市、桶川市を含め全域対応しています。

川口工事センター

久喜市の屋根リフォーム会社をお探しのお客様へ

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

埼玉県久喜市の屋根工事事例を紹介させていただきました。
今回の事例はセキスイかわらUから金属屋根への葺き替え工事のご紹介でした。
現在、屋根のリフォームは金属製屋根へのカバー工法もしくは葺き替えが主流となっています。
屋根工事を掲げている会社であれば金属屋根の工事もこなせるように思われますが、これは間違った考えです。
屋根工事業は日本瓦葺きを主業としする会社(職人)と、金属瓦葺きを主業とする会社(職人)があります。
屋根工事を請け負う会社であっても、得意、不得意分野があり、施工実績にも大きな隔たりがあります。
金属瓦葺きは板金工事業に極めて近い分野です。
屋根のリフォームは板金工事に強みをもつリフォーム会社に依頼してください。

定額屋根修理はガルバリウム鋼板を中心とした板金工事技術に自信のある会社です。
屋根材や外壁材を直接仕入れをして保管し、工事職人を在籍させて管理しています。
また、屋根と合わせて工事を行うことが多い塗装工事も承っております。
金属屋根と金属外壁だけに特化し専門技術を高めてきた会社であるため、「品質の高い工事」と「適切価格の工事」をお客様にご提供することが可能です。

日本は地震や台風、豪雨などの天災が多い国です。
今後起こりうる、天災のご不安を解消する外装工事の専門パートナーとして、お客様との信頼関係を築き上げることをお約束いたします。
もちろん、お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

屋根と外壁リフォームは定額屋根修理で