大阪市鶴見区 ルーガ鉄平への葺き替え屋根工事

大阪市鶴見区で雨漏り修理、屋根リフォームの工事業者をお探しのお客様は定額屋根修理にお問い合わせください。
堺市を拠点に屋根の修繕・改修工事を承っております。

DATA
施工実施日 2016年10月
地域 大阪市鶴見区
お施主様 N様邸
屋根工事種別 日本瓦からルーガ鉄平への葺き替え
BEFORE

大阪市鶴見区 ルーガ鉄平への葺き替え屋根工事

ケイミューから販売されている屋根材「ルーガ」が人気です。
特に、関西地方のお客様からのお問い合わせが多いです。
今回は大阪市鶴見区で定額屋根修理が手がけた「ルーガ」屋根の施工事例をご紹介します。
既存屋根は日本瓦の屋根で、建築後約50年が経過しています。
屋根の耐震性能に関し、かねてからお客様は心配されていました。
そのため、今回使用する「ルーガ」が日本瓦よりも耐震性能やデザイン、メンテナンス性で優れている点を中心に詳しくご説明いたしました。
屋根の葺き替え工事を行うメリットをお客様にご理解いただき、屋根の工事を弊社で請け負うことになりました。

ルーガに関する情報はこちら「ルーガ屋根(ROOGA)瓦の特徴と価格、リフォーム例」をご覧ください。

ルーガ屋根への葺き替え工事 大阪

大阪市鶴見区 屋根葺き替え工事 現場調査

大阪市鶴見区屋根修理事例大阪市鶴見区で屋根の葺き替え工事を行いました。
既存の屋根は日本瓦屋根です。
日本瓦屋根は全国的に減少傾向にあります。
原因は阪神・淡路大震災や東日本大震災などの地震による影響です。
瓦屋根の重みが原因で震災時に倒壊した住宅がたくさんあり、耐震性の向上の関心が高まっています。
しかし、関西地方は歴史的に屋根瓦の文化を尊重する地域です。
瓦屋根の思い入れが強いため、震災後でも数多くの住宅で昔ながらの瓦屋根を継続して用いています。
現在、屋根の葺き替え工事はガルバリウム鋼板屋根を中心にリフォームが推奨されていますが、関西地方のお客様からは今回施工する「ルーガ」のリクエストが少なくありません。
「ルーガ」を選択される主な理由は「陶器のような重量感」・「色あせがしにくい」・「ケイミュー(旧クボタ・パナソニック系企業)のブランド力」などがあげられます。
販売開始から10年の節目で施工後の品質維持能力も認められ、「ルーガ」の品質に自信をもったケイミューはテレビコマーシャルまで放送するまでにいたっています。

↓

既存瓦撤去

既存瓦撤去屋根のリフォーム工事開始です。
はじめに既存瓦を撤去・処分します。
ここ10年の間に瓦の処分費用が驚くほど高騰しています。
環境に対する配慮やごみの廃棄場所の問題が深刻だからです。
企業にはマニフェストを設ける義務や免許による制約もあります。
このごみの処分費用は益々高まる見込みです。
中古の家具を購入する料金よりも、粗大ごみで処分する費用の方が高くなるケースと同じです。
このような側面でも屋根の葺き替え工事を早期に推奨する理由があります。

↓

土葺き屋根

土葺き屋根瓦撤去後の屋根です。
瓦を土葺きで固定して葺く工法を湿式工法といいます。
関西地方ではとても馴染み深い屋根葺き工法です。
この工法は日本全国で活用されていた工法ですが、関東地方では現在ほとんど見かけることがありません。
理由は関東大震災です。
関東大震災では関東地方の住宅が壊滅的な被害を受け、復興後の住宅屋根では湿式工法は取り入れられなくなりました。
湿式工法の代わりに乾式工法、土を使わず屋根を葺く工法が瓦葺きの主流になります。
土は瓦に匹敵するほど重いため、湿式工法の屋根は軽い屋根に葺き替えることが望まれます。

↓

既存の野地板

既存の野地板既存の瓦屋根を撤去し、掃除をいたしました。
画像は野地板と呼ばれる屋根の下地材です。
50年前の屋根ですが、とても状態が良好です。
当時の施工した屋根瓦職人さんの腕が良かったことが推し量られます。

↓

構造用合板張り

構造用合板張り現代の野地板は構造用合板と呼ばれる板を使用します。
大きいため施工性も良く、隙間なく張ることができるので雨漏りリスクも低下します。

↓

ルーガ鉄平本体張り

ルーガ鉄平本体張り下葺き材(防水シート)を張り、仕上げになるルーガ本体を軒先から張ります。
今回は「ルーガ鉄平」を使用しました。
ルーガには「鉄平」と「雅」の2種類の製品があります。
2016年10月から各屋根材とも色が2色づつ増え、計6色展開になっています。

↓

換気棟

換気棟屋根の葺き替えと合わせて換気棟の取り付けもご検討ください。
軒裏にこもる熱や湿気を放出することで、夏の気温上昇や冬の結露発生を抑えてくれます。

↓

乾式自在面戸取り付け

乾式自在面戸取り付け棟の隙間にシートを取り付けます。
通常、棟の隙間は漆喰で埋めますが、「ルーガ」は漆喰を用いません。
漆喰は重さがある上、定期的なメンテナンスが必要で施工費用も高額です。
画像にある「乾式自在面戸」とよばれるシートを用いることで、軽量性と品質の安定した屋根が仕上がります。

↓

タフモック

タフモックルーガの棟の下地は樹脂製品(商品名:タフモック)を使用します。
樹脂製品は腐らない上、釘の保持力も強力です。
木材は施工不良になりやすいため、使用しません。

↓

棟瓦取り付け

棟瓦取り付け棟瓦を取り付けます。
4方向に棟がある「寄棟」です。
その上、換気棟も取り付けています。
棟の部位は雨水が侵入しやすい部位です。
充分な雨漏り対策を講じた上で慎重に取り付けなければなりません。

↓

棟板金のシーリング工事

棟板金のシーリング工事最後にシーリング材を打って完成になります。
シーリング材には様々な品質の製品があります。
適材適所にシーリング材は用いなければなりません。
シーリング材に関してはこちらの記事「屋根と外壁の雨漏り補修で使用するシーリング材の選び方」に詳しく記載していますので、参考にしてください。

↓

 

AFTER

大阪市鶴見区の屋根リフォーム工事完成

大阪市鶴見区の屋根リフォーム工事完成大阪府鶴見区の屋根リフォーム工事完成です。ルーガ(ROOGA)で、新しい屋根に生まれ変わりました。ルーガを販売し、施工できる業者は限定されています。
ルーガを使用する施工業者は、ルーガを取り扱う材料店に推薦され、専門講習会を受講し、ケイミューからルーガショップとして認められてはじめて工事ができます。
また、施工業者は建築業許可証の取得や瑕疵担保険の加入も義務付けられています。
つまり、ルーガ(ROOGA)を施工できるということは、その工事会社の技術力の担保に成り得ます。
大阪市でルーガの屋根施工をご検討されているお客様はお気軽にお問い合わせください。
その他 事例

大阪市 その他屋根修理事例

大阪市のアパートリフォーム大阪市住吉区 屋根リフォーム事例
日本瓦から瓦棒の葺き替え
大阪市住吉区でアパート所有のお客様からご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
定額屋根修理ではアパート 雨漏り屋根のトラブル のポイントについてご紹介もしています。あわせてご確認ください。
雨漏りが発生したため、迅速な対応ができる会社をお探しだったとのこと。
きっかけはインターネットで当社を知りお問い合わせいただきました。
定額屋根修理が完全定額制リフォームであること、営業所が東大阪市と堺市にあることもあり当社でリフォームを行うことをご判断いただきました。続きを読む

imgp3509-350x240
大阪市西淀川区 屋根リフォーム事例

瓦棒葺き替え 屋根修理工事
大阪市西淀川区で雨漏り屋根の修理のご注文をいただきました。既存の屋根はパラペット付きの瓦棒屋根です。インターネットで屋根修理業者をお探し中、定額屋根修理を見つけていただきました。どうしても予算を最優先する必要がある強いご要望があり、雨漏りを直すことと価格最優先すること、この2点に絞ってお客様に工事のご提案をさせていただきました。お見積もりを提出させていただき、お客様のお望み通りの金額で工事を請け負わせていただきました。瓦棒屋根修理の修理方法はこちら続きを読む
大阪市 棟板金交換
大阪市都島区 屋根リフォーム事例

棟板金の取替え交換工事
大阪市都島区で棟板金(棟包み)の釘が飛散し、棟板金の取替え工事をいたしました。
お問い合わせのきっかけは以前、屋根修理をさせていただいたお客様のご紹介によるものです。
定額屋根修理は大阪府堺市に工事センターがある、直接施工の屋根修理専門の工事会社です。続きを読む

大阪市鶴見区の屋根リフォーム工事は定額屋根修理で

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。
今回は大阪市鶴見区の瓦屋根の葺き替え工事をご紹介させていただきました。

関西地方は大阪府堺市に事業所・工事センターを設けて運営してます。
大阪市は全域、早急なご対応が可能です。
大阪市内に居住している職人もたくさん在籍しています。
近くに職人がおり、工事会社があることは一定の安心感が得られます。
屋根や外壁のトラブルはほとんどが台風・地震・長雨・大雪時に集中します。
至近距離に拠点があれば、トラブル時に迅速な対応を受けることができます。

今後起こりうる、天災のご不安を解消する外装工事の専門パートナーとして、定額屋根修理はお客様との信頼関係を築き上げることをお約束いたします。
もちろん、お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

大阪市鶴見区の屋根と外壁リフォーム