モニエル瓦とは?|コンクリート瓦の塗装と葺き替え方法について

更新

モニエル瓦とは

モニエル瓦
モニエル瓦

モニエル瓦は1970年代~80年代にかけて人気をはくした輸入品の瓦屋根です。
ヨーロッパで広く普及している瓦なので、洋風なフォルムでかつ色のバリエーションが豊かなのが特徴です。
陶器ではなくコンクリートでできた瓦で、日本では1973年から日本モニエルという会社が代理店となり取り扱っていました。
しかし、2010年に日本モニエルはなくなり、現在、モニエル瓦は生産されていません。

セメント瓦とコンクリート瓦(モニエル瓦)の違い

セメント瓦とコンクリート瓦の見分け方

セメント瓦
セメント瓦
モニエル瓦
モニエル瓦(コンクリート瓦)

コンクリートとはセメントに砂利を混ぜて固めたものです。
モニエル瓦はコンクリートが主成分の瓦であるため、カタログには乾式コンクリート瓦と書き示されています。
ただし、セメント瓦もコンクリート瓦も主成分はセメントです。
そのため、屋根業界ではモニエル瓦もコンクリート瓦も含めて全てセメント瓦とよぶ人が多いです。

セメント瓦とコンクリート瓦(モニエル瓦)は見た目も非常に似ています。
それではモニエル瓦かどうか、どのように見分けるのでしょうか。
両者を見分ける方法は簡単です。
小口(瓦の切り口や切断面)を見てください。

写真のように、セメント瓦は小口の部分が平らです。
一方、コンクリート瓦(モニエル瓦)は砂利が含まれているため、小口が凸凹しています。

モニエル瓦の見分け方

モニエル瓦の裏側
モニエル瓦の裏側
モニエル瓦の裏側のMマーク
モニエル瓦の裏側のMマーク

モニエル瓦かどうかを調べるのも簡単です。
モニエル瓦は裏面にロゴが刻印されています。
Mのマークがあればモニエル瓦です。

モニエル瓦のリフォーム方法

瓦は塗装の必要がない屋根材として評価されています。
しかし、メンテナンスの必要がない(色あせない)瓦は瓦の表面が釉薬(ゆうやく、うわぐすり)で保護されている陶器瓦だけです。
セメント瓦もコンクリート瓦も時間の経過とともに色があせ、水がしみこむようになるので、モニエル瓦を含めたセメント系の瓦屋根は定期的な塗装が推奨されています。

モニエル瓦を塗装するのではなく、他の屋根材に葺き替える人も多いです。
いうまでもないことですが、瓦が割れてたり、雨漏りがしていたりする場合は、葺き替えをおこないます。
さきほど、雨水のしみこみを防止のため塗装を推奨すると言いました。
しかし、モニエル瓦は厚みが十分ある屋根材なので、雨水がおよぼす屋根への影響は軽微です。
塗装はあくまでも見た目をきれいにするだけの工事ととらえて問題ありません。
もちろん、築後40年近く経過しているモニエル瓦の屋根は迷わず葺き替え工事を検討してください。

モニエル瓦の塗装

色あせたモニエル瓦
色あせたモニエル瓦

モニエル瓦は色があせたり、カビやコケが生えたりします。
そのため、見栄えが悪くなると塗装をおこなう人が多いです。
というより、そのことを理由に塗装をすすめる塗装業者が多いと言ったほうが正しいかもしれません。
目安として10年~15年に1回、塗装をおこなうことで、きれいな外観を保てます。
ただし、モニエル瓦は他のセメント瓦と塗装方法が異なります。
ここがモニエル瓦のやっかいなところです。
モニエル瓦の塗装は気をつけなければなりません。

モニエル瓦には、スラリー層とよばれるコンクリートを保護する層が表面にあり、スラリー層は塗膜がのりにくい特性があります。
そのため、モニエル瓦の塗装をおこなう際はスラリー層をしっかり取り除く作業をおこなう必要があります。
高圧洗浄による機械でスラリー層が取り除けない箇所はケレンといって手作業でスラリー層を取り除きます。
また、スラリー層がある屋根専用下塗り材(シーラー)が販売されています。
シーラーと旧塗膜と新塗膜を接着させる役割があります。
それを知らずに誤ったシーラーを塗布してしまうと、十分な密着性が保てず、塗膜がはがれる事態になってしまいます。

モニエル瓦の葺き替え

葺き替えで使用する屋根材

モニエル瓦はがし
モニエル瓦はがし
野地板を張り付け
野地板を張り付け

最近、モニエル瓦の葺き替えをおこなう人が増えています。
築後40年近く経ち、大きな台風や地震などに備えたいという目的が背景としてあります。
また、モニエル瓦はすでに生産が終了しているため、部分修理ができず葺き替えしか選択肢がないことも背景にあります。
葺き替える屋根材は金属屋根(ガルバリウム鋼板・エスジーエル鋼板)を選ぶ人が多いです。
瓦の風合いに思い入れがある人には、軽量で丈夫なルーガがおすすめ屋根材です。

関連記事
関連記事 ルーガ 屋根

葺き替えの手順

防水シート張り
防水シート張り
金属屋根仕上げ
金属屋根仕上げ

モニエル瓦の葺き替えの流れは、
(1)モニエル瓦を剥がして処分する
(2)古い野地板のうえに新しい野地板を重ね張りする
(3)防水シートを張る
(4)金属屋根で屋根を仕上げる
といった手順になります。

塗装と比べると高額な工事となりますが、屋根が完全にリフレッシュされます。
これから20年30年と安心してお住いになりたいかたは葺き替え工事をおこないましょう。

モニエル瓦工事実例

テイガクがおこなったモニエル瓦の工事実例をご紹介いたします。
是非参考にしてください。

大阪府四條畷市にお住まいのお客様から、セメント瓦屋根の葺き替えリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後32年が経過したセメント瓦の屋根です。 セメント瓦には経年劣化が発生しており、屋根のいたるところにコケが…

場所:2019年11月 日付:2019年11月

世田谷区で行ったセメント瓦屋根葺き替えリフォーム工事例をご紹介します。 今回の現場は不動産管理をする会社様からご依頼いただき工事を行いました。 築40年ほど経過したセメント瓦の屋根です。セメント瓦の劣化が激しく雨漏りが発…

場所:東京都世田谷区 日付:2019年1月

桶川市でコロニアルの葺き替えリフォーム工事を行いました。 既存のコロニアルの上に金属屋根を新たに張りました。 金属屋根への張替え、カバー工法、雨漏り修理はテイガクにお任せください。 埼玉県桶川市のモニエル瓦→金属屋根への…

場所:埼玉県桶川市 日付:2018年4月

瓦屋根の関連記事

記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
  1. モニエル瓦とは
  2. セメント瓦とコンクリート瓦(モニエル瓦)の違い
    1. セメント瓦とコンクリート瓦の見分け方
    2. モニエル瓦の見分け方
  3. モニエル瓦のリフォーム方法
  4. モニエル瓦の塗装
  5. モニエル瓦の葺き替え
    1. 葺き替えで使用する屋根材
    2. 葺き替えの手順
  6. モニエル瓦工事実例