NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

大阪府茨木市|外壁張り替えと屋根カバー工法

公開

大阪府茨木市のお客さまから、外壁と屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場調査をおこなったところ、外壁と屋根に経年による劣化が見られました。
外壁や屋根の劣化を放置していると、雨漏りや、雨水浸入による家屋のさらなる劣化につながります。
そのため、屋根は屋根カバー工法によってメンテナンスを行う運びとなりました。
ただし、バルコニーからはすでに雨漏りが発生しており、外壁下地の劣化がかなり進行していることがわかりました。
もし外壁の劣化の進行具合が軽度であれば外壁カバー工法も視野に入りますが、劣化が進行していた場合、下地の補修ができなくなり、弱い下地に新規の外壁を取り付けることになります。
そのため、外壁のメンテナンスは窯業サイディングで張り替えをおこなう運びとなりました。

その他、バルコニーの手すりにあたる笠木の交換をおこなうとともに、珍しい形状の屋根への雨どいの取り付け、ドーマーの雨仕舞などもあわせておこないました。

テイガクでは外壁工事の際、外壁カバー工法工事だけでなく、窯業サイディングの張り替え工事も請け負うことができます。
また、珍しい形状の屋根・外壁でも、それぞれの建築の形状に合わせて問題なく工事をおこなうことが可能です。
屋根・外壁でお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

大阪府茨木市 | 外壁張り替えと屋根カバー工法

BEFORE

外壁のメンテナンス バルコニーの雨漏り

劣化した外壁の下地の画像
雨漏りの影響で劣化した外壁の下地

大阪府茨木市のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。
その後、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。

まずは外壁のメンテナンスについてご紹介いたします。
写真はお客さま宅バルコニーの様子です。
今回のお客さま宅ではバルコニーの床下から雨漏りが発生しており、その影響で外壁の下地が劣化していることがわかりました。
下地が丈夫であれば、外壁カバー工法も視野に入りますが、雨漏りがひどく、下地の劣化も進行していたため、今回の工事では窯業サイディングの張り替え工事をおこなっております。
バルコニーは補修し、今後外壁の劣化が進行しないようにしました。

既存の窯業サイディング取り外し

窯業サイディングを取り外した外壁の画像
窯業サイディングを取り外した外壁

外壁の窯業サイディングを取り外したところです。
窯業サイディングはセメントと繊維質を主な材料として、板状に形成した外壁材です。

透湿シート張り付け

透湿シートを張り付けた外壁の画像
透湿シートを張り付けた外壁

次に透湿シートを張り付けていきます。
透湿シートは、水を通さない代わりに湿気を通す性質を持つ建材です。
この特徴により、外壁内部にこもりがちな湿気を排出して結露を防ぎ、雨水による外壁の不具合を抑えてくれます。

窯業サイディング張り付け

新規の窯業サイディングを張り付けている画像
新規の窯業サイディングを張り付けている様子

透湿シートを張り付けたら、新規の窯業サイディングを張り付けていきます。

笠木の補修

笠木を交換している画像
笠木を交換している様子

今回の工事では、バルコニーの手すりにあたる笠木も交換しました。

シーリングによる仕上げ

仕上げにシーリングを打った外壁の画像
仕上げにシーリングを打った外壁

窯業サイディングの仕上げには窯業サイディングらしく、シーリングを打ちます。
違和感のないよう、美しく仕上げました。
シーリング剤について詳しくはこちら

屋根カバー工法工事開始

経年劣化した屋根の画像
経年劣化により色むらや色褪せが見られる屋根

次に屋根カバー工法工事について紹介いたします。
写真はお客さま宅屋根のはじめの様子です。
古いコロニアルの1部に補修跡が確認できますが、屋根全体に色むらや色褪せなどの経年劣化が見られました。
この状態を放置していると、劣化による雨漏りや、建材のさらなる劣化を引き起こす恐れがあります。
そのため、屋根カバー工法によりメンテナンスをおこなう運びとなりました。
屋根カバー工法は既存の屋根材を新規の金属屋根材でカバーし、屋根としての機能、耐久性、外観の美しさを取り戻す工事です。
屋根カバー工法について詳しくはこちら

ルーフィングシート

ルーフィングシートを張り付けている画像
ルーフィングシートを張り付けている様子

屋根カバー工法工事では、まず旧屋根面に付属している板金や雪止めなど、カバー工法の障壁となるものを取り外します。
そうして屋根面をフラットな状態にしたら、ルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水機能をもつ建材です。
激しい雨が降って屋根材からしみだしてきた雨水も、ルーフィングシートがすべてブロックし、家屋を守ります。

今回は田島ルーフィングのニューライナールーフィングを使用しました。
防水性、耐久性ともに最高級の品質を誇る下葺き材で、30年以上の防水性能が期待できます。
ルーフィングシートは価格、材質、品質などの異なるさまざまな種類のものがありますので、ぜひこだわってリフォームに臨んでください。
ルーフィングシートについて詳しくはこちら

スーパーガルテクトフッ素張り付け

スーパーガルテクトフッ素を張り付けている画像
スーパーガルテクトフッ素を張り付けている様子

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けていきます。
今回新規の屋根材として使用したのは、アイジー工業のスーパーガルテクトフッ素です。
スーパーガルテクトフッ素はSGL鋼板から出来ており、断熱材と一体となっているため、高い耐久性と断熱性を誇ります。
さらに遮熱性フッ素樹脂塗装が採用されているため、高い塗膜耐久性も期待できます。
外観もおしゃれに仕上がるうえ、長い間安心できる屋根材です。

また、テイガクではインパクトドリルを用いて、1本ずつステンレス製のビスで屋根を張ります。
亜鉛メッキ性のビスや鉄の釘は用いず、風にも強い屋根を作ります。
スーパーガルテクトフッ素について詳しくはこちら

棟の雨仕舞

棟板金を支える下地を取り付けた屋根の画像
棟板金を支える下地を取り付けた屋根

屋根材同士がつながる棟の部分は雨漏りしやすい部分です。
そのため板金を屋根の形状に合わせてその場で加工、取り付けし、雨仕舞します。
写真は棟板金を支える下地を取り付けたところです。

アルミ型材下地

木の下地の上からアルミ製の下地を取り付けた屋根の画像
木の下地の上からアルミ製の下地を取り付けた屋根

テイガクでは、木の下地の上から、さらにアルミ製の下地を取り付けます。
木の下地だけの場合、雨水によって腐食、変形し、釘の浮きに繋がります。
結果的に板金のめくれや、場合によっては飛散につながり大変危険です。
一方、アルミは腐食や変形をしにくい素材であるため、棟板金のめくれや飛散のリスクを最小限に抑えることができます。
アルミ型材下地はテイガクオリジナルです。

この下地の上に棟板金を取り付けて棟の雨仕舞は終了です。

ドーマーの雨仕舞

ドーマーがついている屋根の画像
ドーマーがついている屋根

今回のお客さま宅屋根にはドーマーが1台ついていました。
ドーマーと屋根材のつなぎ目は別々の建材同士の取り合い部であるため、雨漏りしやすい部分です。
そのため、取り合い部には職人さんが現場で板金加工、取り付けをおこない、雨仕舞をおこないます。

雨押え板金、ケラバ板金の様子

ステンレス製のビスで固定した雨押え板金とケラバ板金の画像
ステンレス製のビスで固定した雨押え板金とケラバ板金

外壁と屋根の取り合い部に取り付ける雨押え板金とケラバ板金にも、ステンレス製のビスを用いてがっちりと固定しました。
雨押え板金について詳しくはこちら

雨どい取り付け

雨どいを取り付けたケラバの画像
雨どいを取り付けたケラバ

今回のお客さま宅屋根はとても珍しい形状をしており、ケラバの部分にも雨どいを取り付けました。
ケラバ部分に雨どいを取り付ける物件はおよそ1000軒に1軒の割合です。
テイガクには珍しい形状の屋根、外壁それぞれに合わせたメンテナンスをおこなうノウハウがあります。

AFTER

大阪府茨木市でおこなった、外壁張り替えと屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!

屋根カバー工法リフォーム工事後の屋根の画像
屋根カバー工法リフォーム工事後の屋根

以上で、大阪府茨木市でおこなった、外壁張り替えと屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
広範囲に劣化の見られた屋根と、バルコニーからの雨漏りによって劣化していた外壁が、美しく、本来の役割を全うできる状態に生まれ変わりました。
珍しい形状の屋根にも細かいところまで丁寧に対応し、適切な工事をおこなっております。

テイガクでは外壁工事の際、外壁カバー工法工事だけでなく、窯業サイディングの張り替え工事も請け負うことができます。
また、珍しい形状の屋根・外壁でも、それぞれの建築の形状に合わせて問題なく工事をおこなうことが可能です。
屋根・外壁でお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

大阪府茨木市と周辺地域のその他工事例

大阪府茨木市にお住まいのお客さまから、屋根と外壁に関するご相談をお受けいたしました。 お客さま宅の屋根は、新築の住居で最も多く見られるスレート屋根です。 経年による住居の劣化をご心配されていたようで、住居全体のメンテナン…

場所:大阪府茨木市 日付:2020年10月

茨木市でコロニアル屋根からコロニアル修理へ、屋根のリフォームをいたしました。 屋根のリフォームをお考えのお客様はテイガクへご相談ください。 安心の定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。 大阪府茨木市で雨漏り屋根の修…

場所:大阪府茨木市 日付:2016年2月

大阪市淀川区のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。現場は築28年、直張りの窯業サイディング外壁とスレート屋根が使用されているお宅でした。直張りで外壁が張られている場合、下地材と外壁材の間…

場所:大阪市淀川区 日付:2021年07月

大阪府茨木市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

大阪府茨木市でおこなった外壁張り替えと屋根カバー工法リフォーム工事の施工例をご紹介いたしました。
テイガクは大阪府堺市、兵庫県伊丹市に工事拠点を構える、屋根・外壁リフォーム専門の板金工事会社です。
お客さまとは直接契約をいたしますので、間に仲介業者や紹介会社がはさむことはありません。
テイガクによる定額制の直接工事をご提供しております。
ぜひ、茨木市周辺で屋根や外壁のリフォームをご検討されている方は、お気軽にテイガクにお問い合わせください。
現地調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 大阪府茨木市 | 外壁張り替えと屋根カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 大阪府茨木市でおこなった、外壁張り替えと屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
  3. 大阪府茨木市と周辺地域のその他工事例
  4. 大阪府茨木市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!