NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

雨押え板金とは?雨漏りが生じた施工不良の現場を2例ご紹介

更新

雨押え板金とは?

雨押え板金
雨押え板金

雨押え板金(あまおさえばんきん)とは、屋根と外壁の取り合いの壁際に取り付ける板金部材です。

壁押さえ板金」もしくは「雨押え水切り」とよぶ人もいます。

雨押え板金は、2階建てにおける1階の屋根と外壁の接合する箇所に取り付けます。

外壁から伝って落ちてきた雨水が外壁内部に入らないように止水保護をするための板金です。

屋根と外壁が取り合う壁際は、雨水が外壁内部に入りやすいです。

そのため、雨押え板金周りは建物にとって弱点になりやすい部位です。

このページでは雨押え板金の重要性について詳しく解説します。

屋根リフォーム前に抑えておきたいポイント

屋根リフォーム後に外観が大きく変わる

窯業サンディングの雨押え板金
窯業サンディングの雨押え板金

新築で建物を建てた際、雨押え板金の上側は外壁内部に入り込んでいます。

そのため、雨押え板金の全てを外から確認することはできません。

モルタル外壁の雨押え板金
モルタル外壁の雨押え板金

モルタル外壁の雨押え板金も同じような仕上がりになっています。

リフォーム後の雨押え板金
リフォーム後の雨押え板金

しかし、屋根のリフォーム後、雨押え板金は外壁の外側に取り付けることになります。

理由は、外壁の内部に雨押え板金を入れ込むことが難しいからです。

屋根カバー工法後、「こんな見栄えになるなんて聞いていなかった!」とクレームに発展することがあります。

2022年現在、テイガクでは雨押え板金の取り付けで建物の見た目が変わることをお客様に事前にお知らせしています。

ただし、雨押え板金が外側に取り付けられることは、屋根工事をおこなううえで避けられない納まりです。

屋根カバー工法後に外壁の吸気口がなくなる

下屋根の通気口
下屋根の通気口

2000年以降に建築された窯業サンディングの建物は、外壁に通気層が設けられているはずです。

屋根カバー工法で普通の雨押え板金を取り付けてしまうと、外壁の通気層の下側が雨押え板金で塞がれてしまいます。

結果、通気層の効能が低下してしまいます。

対策として「換気雨押え」とよばれる部材があります。

穴の開いた雨押え板金です。

外壁の通気をしっかり取りたい人は、「換気雨押え」の取り付けを検討してください。

屋根と外壁の取り合いからの雨漏り

鉄くぎと共に浮いた雨押え板金
鉄くぎと共に浮いた雨押え板金

雨押え板金は雨漏りリスクが高い部位です。

原則、下地に木下地を用いるので、雨水が雨押え板金内に入り込むと腐食が勢いよく進んでしまいます。

さらに、画像のような鉄くぎを用いていると、雨押え板金が木材の腐食と共に浮いてきます。

築15年の割れた板金下地
築15年の割れた板金下地

特に最近の新築戸建て住宅は、軒先の出がほとんどない建物(軒ゼロ住宅)が多いです。

そのため、 雨押え板金部分に雨水が直接かかる住宅が増えています。

今後ますます、雨押え板金からの雨漏りが増えると筆者は予測しています。

同時に施工不良が原因の雨押え板金からの雨漏りもよくみかけます。

雨押え板金の施工不良2事例

雨押え板金そのものがない

過去、雨押え板金そのものを取り付けずに屋根カバー工法をおこなっていた現場がありました。

雨押え板金の上部はシーリングを打って処置をしていただけの仕上がりであり、雨漏りが生じていました。

金属屋根の工事を普段おこなっていない人の工事、もしくは故意の手抜き工事です。

雨押え板金を取り付けずに雨漏りが発生

カバー工法後に雨漏り1

雨押え板金の下地がない

雨押え板金の下には貫板とよばれる下地の板を敷きます。

貫板を取り付けずに雨押え板金を取り付けていた現場がありました。

故意による手抜き工事です。

雨漏りの貫板を取り付けずに屋根に直接穴を空けていた現場

カバー工法後に雨漏り2

テイガクオリジナルの雨押え板金下地

テイガクオリジナル 雨押え板金下地
テイガクオリジナル 雨押え板金下地

2022年現在のテイガクが推奨している雨押え板金の施工方法についてご紹介いたします。

テイガクでは雨押え板金の下地にはアルミ製の貫板を用いてます。

木下地では腐ってしまうからです。

アルミ製なので腐食や変形がない
アルミ製なので腐食や変形がない

水濡れによる下地材の腐食を防ぎ、雨押え板金を長く安定的に固定することができます。

雨押え板金の取り付け部位は、屋根と外壁が接合する建物の弱点となる部位だからこそ、テイガクがこだわったオリジナルの施工方法です。

雨押え板金部分にはパッキン付きの着色ステンレスビスを用いることもテイガクのこだわっている施工方法です。

ステンレスのビスでしっかり固定
ステンレスのビスでしっかり固定

下屋根のあるお客様は、是非、テイガクに屋根の工事をお任せください。



この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 雨押え板金とは?
  2. 屋根リフォーム前に抑えておきたいポイント
    1. 屋根リフォーム後に外観が大きく変わる
    2. 屋根カバー工法後に外壁の吸気口がなくなる
  3. 屋根と外壁の取り合いからの雨漏り
  4. 雨押え板金の施工不良2事例
    1. 雨押え板金そのものがない
    2. 雨押え板金の下地がない
  5. テイガクオリジナルの雨押え板金下地