千葉県流山市 - スーパーガルテクトフッ素ブラウンで屋根カバー工法

施工前の屋根
施工後の屋根

工事情報

施行実施日 2023年9月
施工地域 千葉県流山市
施工地域ページ 千葉県
テイガク拠点 京葉工事センター
築年数
屋根材(施工前) スレート/コロニアルNEO
外壁材(施工前)
工事内容
パミール•コロニアルNEO 屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換

工事前の状態

工事前の屋根

工事前の屋根の様子です。
既存の屋根材として、旧クボタのコロニアルNEOが使用されていました。
ノンアスベスト製スレート屋根材のコロニアルNEOは、比較的早期に、ひび割れ、欠け、反りなどの不具合が起こることが報告されています。
お客さま屋根宅でも、広範囲の色褪せ、色むら、欠けなどが見られました。
このままの状態を放置していると、雨漏りや、屋根材のさらなる劣化につながるおそれがあります。

テイガクからのご提案

今回は、千葉県流山市のお客さまから、屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
既存屋根材として使用されていたのは、旧クボタのコロニアルNEOです。
コロニアルNEOは、ノンアスベスト製の屋根材が販売されはじめた初期の屋根材で、比較的早期にひび割れや欠け、反りなどの不具合が起こることが報告されています。
お客さま宅のコロニアルNEOにも、広範囲の色褪せ、色むら、欠けが見られました。
このままの状態を放置していると、雨漏りにつながるのは時間の問題でした。
また、内部から不具合が起こる屋根材であるため、塗装はできません。
むしろ、高圧洗浄でさらに屋根材にダメージを与えるおそれがあるため、塗装は逆効果です。
以上のような状態であったため、今回は屋根カバー工法によるリフォームをご提案させていただきました。
金属屋根材によってカバーし、美しく生まれ変わった屋根の様子をぜひご覧ください。

ポイント
  • コロニアルNEO

  • 屋根カバー工法

  • スーパーガルテクト

  • エスヌキ工法

千葉県流山市でおこなった、スーパーガルテクトフッ素ブラウンを使用した屋根カバー工法リフォーム工事手順

ルーフィングシートを貼り付け

ここから、千葉県流山市でおこなった、屋根カバー工法リフォーム工事の手順についてご紹介いたします。
屋根カバー工法において、まずは防水の役割をもつルーフィングシートを貼り付けました。
今回ルーフィングシートとして使用したのは、田島ルーフィングのタディスセルフカバーです。
タディスセルフカバーは、合成繊維不織布と改質アスファルトからできており、既存スレート屋根材で破れる心配がなく、高い強度を誇ります。

新規の金属屋根材を張り付け

ルーフィングシートを貼り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けました。
新規の金属屋根材として使用したのは、アイジー工業のスーパーガルテクトフッ素(ブラウン)です。
スーパーガルテクトフッ素は、エスジーエル鋼板と断熱材が一体となった構造をしており、高い耐久性と断熱性を誇ります。
また、表面に遮熱性フッ素樹脂塗装が施されているため、長期にわたり色が維持されます。
フッ素の屋根は塗膜20年保証が付いているため、屋根の色を長くお楽しみいただきたい場合にはとくにおすすめです。

屋根材はアイジー工業専用のステンレスビスで固定しました。
アイジー工業専用のステンレスビスは、ディスゴ処理(高耐食性表面処理)がなされていて、錆びにくくなっています。
このように、板金部材やビスなどの細かい部分にまでこだわった設計がなされている点も、スーパーガルテクトの魅力の1つです。

C型捨て谷に差し込み

屋根本体の端はカットし、C型捨て谷に差し込みました。
テイガクでは、L型ではなく、C型タイプの捨て谷を推奨しています。

エスヌキ工法で施工

棟はテイガクが特許を取得したエスヌキ工法で施工しました。
金属下地のエスヌキを取り付け、この上に棟板金を載せて雨仕舞します。
一般的に、棟板金の下地が腐食すると、上に載る棟板金を支えきれず、棟板金のめくれや飛散につながるおそれがあります。
それに対して、テイガクでは腐食しにくい金属製の下地を使用しているため、強風にも強い棟が完成します。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

外壁と屋根の取り合い部

雨漏りしやすい外壁と屋根の取り合い部もエスヌキ工法で仕上げました。
綺麗に納めることができました。

千葉県流山市でおこなった、スーパーガルテクトフッ素ブラウンを使用した屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!

施工後の屋根
施工後の屋根

以上で、千葉県流山市でおこなった、スーパーガルテクトフッ素ブラウンを使用した屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
劣化して色褪せや欠けが見られたコロニアルNEOが、屋根カバー工法リフォーム工事により、耐久性の高い美しい屋根へと生まれ変わりました!
スーパーガルテクトフッ素は、耐久性、断熱性に優れているだけはなく、お色も長持ちします。
長く安心できる屋根リフォームをお考えの方は、ぜひスーパーガルテクトフッ素によるリフォームをご検討ください。

テイガクでは、お住まいやお客さまの好みに合わせた適切なリフォームのご提案をおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

千葉県流山市と周辺地域のその他工事例

千葉県流山市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

京葉工事センター

京葉工事センター

住所 千葉県市川市曽谷7-6-2
(Googleマップはこちら)
電話番号 047-375-8912
都道府県ページ 千葉

テイガクは、市川市に「京葉工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
京葉工事センターは、戸建て住宅が多い千葉市をはじめ、銚子市、船橋市など、千葉県と茨城県の一部の地域の工事を管理しています。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

京葉工事センターの
Googleのクチコミ

レビュアーアイコン
2023年04月28日

約一か月と少しお疲れさまでした。丁寧な工事と納得のいく仕上がりありがとうございます。屋根のカバー工法と外壁塗装をセットにしてお願いしました。ゆっくり時間を掛け、カバー工法で使用する鋼板素材、板金技術、防水シート、現在塗られている外壁塗料に上塗りする場合の塗料の種類、彩色/単色の違い、吹付け/刷毛ローラーの違い、職人の人数、料金などなど自分でも勉強し、そして小川さんにもしつこく質問し、一つ一つ付き合ってもらいました。テイガクさんのHPで板金技術は間違いないことは紹介されていましたが、最初の現地確認で訪問された時、その自信ありげな小川さんの姿勢が私の信頼と安心を深め、テイガクさんに決めた理由の一つになったと思います。途中塩対応のメールのやり取り(笑)もありましたが、自信に裏付けられた職人さんなんだろうと思います(笑)。 足場、屋根、外壁それぞれの職人さんは高い技術を持ち、近隣への配慮を忘れず、近隣からは「お宅の業者さんは当たりよ」と評判がよかったのもうれしかったです。 職人さんがイケメンが揃っていたのはなぜでしょうか。その風貌にそぐわない徹底した仕事ぶりが結構面白かったです。毎日仕事が終わると、きちんと片づけをして持ち帰るものは持ち帰り、置いていくものはシートをかぶせ、ロープで縛る。当たり前のことですが、近所で別の業者さんが施工していた時は、塗料缶がむき出しのまま放ってあったのを見て、可燃性だったら危ないのに。。と感じたもの。整理整頓、挨拶がしっかりしていて気持ちよかったです。友人から相談があれば是非テイガクさんを紹介したいと思っています。

レビュアーアイコン
2023年01月15日

うちの家見違えるように生まれ変わりました!、夫婦で外から眺める度に「いいねー!」と、そしてじわじわと喜びがこみあげています。 我が家は3階建て築20年スレート屋根で外壁は窯業サイディングでした。前回の塗装から10年経ち部分的に傷みが出てきたので3階建ての屋根は地震対策上できるだけ軽くしたかったので重ね張りではなく葺き替えに、外壁は重ね張りで全て材質は金属で計画しました。 YouTube、ネットなどで地元で評判のいいテイガクさんを含め3社に絞り、下見に来ていただき、合い見積もりを取りました。先ず屋根の吹き替え見積もりを3パターンでお願いしたいと小川さんにメールで依頼したところ1日もかからず3通りの見積書を出してくれました。そのあと外壁の見積書も3種3パターンでほしいと依頼しましたがまたまた1日も経たず3通りの見積書を出してくれました。お願いしてからの返信がとても早くてそれだけでもとても有難かったし驚きでもありました。 他の2社はいろいろ言い訳(?)をしてなかなか見積もりが出ず、やっと出ても1パターンだけであったり、先ずは概算見積もりを出してきて再度詳しい調査をしてから正式見積を出すとのことでがっかりです。 そして何よりテイガクさんに決めた最大の理由は他社より圧倒的に見積金額が低かったことです。更に他社よりも高い建材仕様でありながらです。3社目の見積もりが出た後直ぐに返事をお待たせしていた小川さんに連絡し、テイガクさんで工事お願いしますと伝えました。 工事は雨どい交換、ベランダ防水塗装などもお願いし当初は雨の日が多くどうなることかと心配しましたが実際の工事期間は30日程度で完工したのも驚きの速さです。 熟練の職人さんが屋根、外壁と同時進行で工事していただき、また段取りもとても良くてテイガクさんのチームワークの良さに感動していました。 皆さん本当に感じのいい方達ばかりで飛散防止シートで部屋の中は暗くても気持ちは明るく過ごすことができました。12月の寒い中でも毎日頑張っていただいている職人さんや親方達に対しせめてこちらもぬくぬくと部屋に暖房を点けたりしないようにしていました。 担当の小川さんは営業下手とおっしゃいますが、実直な人柄がにじみ出て安心してお任せすることができました。工事の作業場を確保するために植木鉢やこまごました物を移動するにもきちんと並べていただき、工事が終わった後にも適当に戻していただければいいのに以前よりもきれいに並べて元に戻して頂き、妻もとても感激していました。補佐の斎藤さんにも大変お世話になりました。 テイガクの皆様本当にありがとうございました。 今後もよろしくお願いいたします。

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
テイガクの類似サイトにご注意ください
テイガクの類似サイトにご注意ください