テイガク屋根修理では、外国製の塗料は取り扱っていますか?

テイガク屋根修理では外国製の塗料を取り扱っておりません

近年、外国製の塗料を用いた外壁塗装を販売する塗装会社が増えています。
外壁塗装業界の競争が熾烈で、塗料による差別化を図ることしか手立てがないからです。
広く流通している国内メーカー品で競争することを避けています。
輸入品であるため、仕入れ単価が安く済むといった背景もあります。

しかし、日本の外壁と外国の外壁は全く違うつくりであるという点にお客様には注目して欲しいです。
日本は「窯業系サイディング」や「モルタル下地+リシン吹き付け」で仕上げた外壁が多いです。他の国では見られない外壁です。
日本国内塗料メーカーは当然、日本の外壁材や環境に見合った塗料開発をおこなっています。

国内メーカーの塗料で十分とテイガク屋根修理は結論付けています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について