NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

埼玉県羽生市 | 複雑な棟の屋根をアルミ下地を使って屋根カバー工法

公開

埼玉県羽生市のお客さまから、屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場は築25年の建物で、棟は4つ又に交差する珍しい構造をしていました。
屋根には既存の屋根材としてスレートが使用されていましたが、経年による色褪せ、色むらなどの劣化が、広範囲にみられました。
このままの状態を放置していると、雨漏りや、雨水の侵入による建材の劣化などを引き起こす可能性があります。
そのため、「屋根カバー工法」によりメンテナンスをおこなう運びとなりました。「屋根カバー工法」は、既存の屋根材を新規の金属屋根材でカバーし、屋根としての機能や外観の美しさを取り戻すリフォーム工事です。

今回の工事でとくにポイントとなるのは、棟の雨仕舞です。
屋根の中心である棟は、屋根材と屋根材の取り合い部(つながる部分)であるため、雨漏りしやすいところです。そのため、板金を加工して取り付けし、雨仕舞(雨漏り防止処置)する必要があります。
棟の雨仕舞の際には、木の下地を取り付け、その上からアルミの棟下地を取り付け、棟板金を被せます。
このアルミの棟下地はテイガクオリジナルです。木と異なり、アルミは腐食や変形のない素材であるため、棟板金の長期的な安定が期待できます。
お客さま宅はまわりが田んぼに囲まれており、強風の影響を受けやすいところでした。しかし、アルミの棟下地はしっかりと棟板金を固定する力があるので、よくある棟板金の飛散なども起こりにくく、安心して生活していただけます。
棟は4つ又に交差している珍しいつくりでしたが、すべての棟板金をしっかりと、また美しく固定することができました。

テイガクは複雑な構造の屋根のメンテナンスも承っております。
屋根・外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご連絡ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

埼玉県羽生市 | 複雑な棟の屋根をアルミ下地を使って屋根カバー工法

BEFORE

はじめの状態

工事前の現場屋根
工事前の現場屋根

埼玉県羽生市のお客さまから、屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は現場屋根のはじめの状態です。スレートでできた屋根は、築25年ということもあり、全面に色褪せや色むらがみられました。このような状態を放置しておくと、雨漏りや、雨水の侵入による建材の劣化など、決定的な症状を引き起こす可能性があります。
そのため、「屋根カバー工法」によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。

周囲には田んぼが見え、風の影響を受けやすいことが予想されます。
また、棟は4つ又に交差する珍しいつくりでした。
棟に取り付けられる棟板金は、強風の影響でめくれたり飛散したりしやすい部分です。そのため、4つ又の棟すべてを丁寧に雨仕舞していきます。

下屋根のはじめの様子

工事前の下屋根
工事前の下屋根

1階部分の屋根にあたる下屋根の部分も棟が特徴的なつくりをしていました。
こちらも丁寧にメンテナンスしていきます。

屋根カバー工法開始

板金取り外し
板金取り外し

無料お見積りの結果、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
「屋根カバー工法」は、既存の屋根を新規の金属屋根でカバーし、屋根としての機能や外観の美しさを取り戻す工事です。
そのため、はじめに既存屋根の板金など、屋根材でカバーするのに障壁となるものを取り除いていきます。

ルーフィングシート張り付け

ルーフィングの取り付け
ルーフィングの取り付け

板金や雪止めなど、カバー工法の障壁となるものを取り除いて屋根面をフラットな状態にしたら、「ルーフィングシート」を敷き詰めていきます。
「ルーフィングシート」は防水の役割をもつ屋根材です。
強い雨風が吹き付け、 この上に載る新規の屋根材から万が一雨水がしみ込んできた場合でも、このルーフィングシートがすべて防いで家屋に浸入するのを食い止めます。

今回は田島ルーフィングの「ニューライナールーフィング」を使用しました。改質アスファルトからできており、防水性・耐久性ともに非常に高い品質を誇る下葺材です。
ルーフィングシートは最終的に外から見えなくなる部分ですが、品質や価格などの異なるさまざまなものがあるので、ぜひこだわってリフォームに臨んでいただけたらと思います。
ルーフィングについて詳しくはこちら

新規金属屋根材張り付け

スーパーガルテクト張り付け
スーパーガルテクト張り付け

ルーフィングシートを全面に敷き詰めたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けていきます。
今回使用した金属屋根材は、アイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
「スーパーガルテクト」は優れた金属として名高いSGL鋼板からできており、高い耐久性を誇ります。また、断熱材と一体となっているため、断熱性も高いのが特長です。
塗膜15年保証、赤さび20年保証、穴あき25年保証などもついており、長く安心してお住まいいただけます。
お色も数種類からお選びいただくことができるため、施主様の好みに合わせた屋根をつくることが可能です。

下屋根の施工の様子

下屋根にもスーパーガルテクトを張り付け
下屋根にもスーパーガルテクトを張り付け

下屋根にもスーパーガルテクトを張り付けていきます。
また、屋根と外壁の取り合い部は、接続する部分から雨漏りしやすいところです。
そのため、板金の加工・取り付けをおこない、適切に雨仕舞していきます。

棟の雨仕舞

棟に棟板金を取り付け
棟に棟板金を取り付け

屋根と屋根の取り合い部である「棟」には、棟板金を取り付けて雨仕舞していきます。
まずは屋根の端を立ち上げるとともに、木下地を並べる部分を確保します。

木下地取り付け

木下地を取り付け
木下地を取り付け

次に木下地を2本並べて入れます。この下地が上に載る棟板金を固定します。

アルミの棟下地取り付け①

アルミの棟下地を取り付け
アルミの棟下地を取り付け

木の下地を取り付けたら、その上からアルミの棟下地を取り付けます。

木の下地は、雨水の影響などで腐食したり変形したりする可能性があります。下地の腐食や変形は、釘の浮きにつながり、最終的に棟板金のめくれや飛散を引き起こすおそれがあります。万が一棟板金が飛散すると、人や建築を傷つけるおそれがあり、たいへん危険です。

それに対してアルミの棟下地は腐食や変形のない素材であるため、棟板金の長期的な安定が期待できます。
アルミの棟下地はテイガクオリジナルです。
棟下地について

アルミの棟下地取り付け②

棟下地の取り付けには、釘ではなくビスを使用
棟下地の取り付けには、釘ではなくビスを使用

棟下地の取り付けには、釘ではなくビスを使用しているため、さらに強固に固定されています。
また、細かい部分まで一切手を抜かず、丁寧に施工していきます。

アルミの棟下地取り付け③

下屋根の棟も同様に、丁寧に雨仕舞
下屋根の棟も同様に、丁寧に雨仕舞

下屋根の棟も同様に、丁寧に雨仕舞していきます。
複雑な形状であっても、テイガクの熟練の職人さんが確実に施工していきます。

棟板金取り付け

棟板金を被せる
棟板金を被せる

下地を取り付けたら、その上から棟板金を被せていきます。
棟板金は、板金工の職人さんが屋根の形状に合わせて、現場で加工・取り付けをおこないます。
今回もしっかり納まりました。

換気棟取り付け

換気棟取り付け
換気棟取り付け

今回の工事では「換気棟」も取り付けました。
「換気棟」を取り付けることで、屋根裏にこもりがちな湿気や熱気を上手く換気し、快適にお過ごしいただけます。
棟に穴を開けることを不安に思う方もいらっしゃいますが、「換気棟」は空気はそとに逃がしても、雨水は中に入らない仕組みとなっているため、心配いりません。
換気棟の効果と取り付け費用について

AFTER

埼玉県羽生市でおこなった、アルミ下地による複雑な棟の屋根のカバー工法リフォーム工事が完成です!

埼玉県羽生市でおこなった、アルミ下地による複雑な棟の屋根のカバー工法リフォーム工事が完成
埼玉県羽生市でおこなった、アルミ下地による複雑な棟の屋根のカバー工法リフォーム工事が完成

以上で、埼玉県羽生市の、アルミ下地を使っておこなった複雑な棟の屋根のカバー工法リフォーム工事が完成です!
アルミ下地により、強風などの災害に強い棟が完成しました。
屋根もスーパーガルテクトを使用し、耐久性・断熱性の高い屋根になったため、今後長い間安心してお住まいできます。
金属屋根材によるカバー工法では見た目も劇的に変わります。そのため、気分も一新して新しいお住まいでお過ごしいただけます。

テイガクは複雑な構造の屋根のメンテナンスも承っております。
屋根・外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご連絡ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

埼玉県羽生市と周辺地域のその他工事例

さいたま市西区のお客さまから、屋根のリフォームについてご相談をいただきました。もとの屋根材はスレートです。実際に現場調査をおこなうと、このスレート屋根には色褪せ、ひび割れ、さらには欠けて完全に剥がれている部分がありました…

場所:埼玉県さいたま市西区 日付:2021年9月

埼玉県さいたま市南区のお客さまから、アパート屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。 現場の屋根はスレート屋根です。 コロニアルやカラーベストともよばれます。 大手ハウスメーカーである積水ハウスが建築したアパー…

場所:埼玉県さいたま市南区 日付:2021年2月

さいたま市での屋根リフォーム工事はテイガクにご相談ください。 埼玉県川口市に屋根と外壁資材を保管している工事センターがございます。 直接工事で施工を承っておりますので、早めのご対応が可能です。 さいたま市桜区にお住まいの…

場所:さいたま市桜区 日付:2019年11月

埼玉県羽生市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター
東京・埼玉工事センター

ここまでご覧いただきありがとうございます。
羽生市の屋根リフォーム事例をご紹介しました。

テイガクは川口市に工事センターがある板金工事会社です。

現場調査からお見積もりまではすべて無料で承っております。他社様との相見積もりも歓迎しております。
羽生市市で屋根リフォームをご検討されている方は、テイガクへお問い合わせください。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 埼玉県羽生市 | 複雑な棟の屋根をアルミ下地を使って屋根カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 埼玉県羽生市でおこなった、アルミ下地による複雑な棟の屋根のカバー工法リフォーム工事が完成です!
  3. 埼玉県羽生市と周辺地域のその他工事例
  4. 埼玉県羽生市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!