さいたま市南区|積水ハウスのアパートを屋根カバー工法でリフォーム

更新 公開

埼玉県さいたま市南区のお客さまから、アパート屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。 現場の屋根はスレート屋根です。 コロニアルやカラーベストともよばれます。 大手ハウスメーカーである積水ハウスが建築したアパートです。 スレート屋根は経年劣化によって色あせの劣化が進行しており、外観に悪影響を与えていました。 スレートの屋根材は一般的に30年ほどの耐用年数が期待できます。 しかし、30年が経過する頃には屋根の下地である野路板(のじいた)が腐食してしまっている可能性が高いです。 下地が腐食してしまうとカバー工法は施工できず、より工事費用が高額な葺き替えしか選べないといったケースもあります。 屋根カバー工法によるリフォームをご検討の方は、ぜひお早めにご相談ください。 今回のお客さまも、今後屋根のメンテナンスについて心配事がなくなるよう、屋根カバー工法でリフォームする運びとなりました。

さいたま市南区でおこなったアパート屋根のカバー工法リフォーム

BEFORE

現場調査 スレートの劣化状況

現場調査 スレートの劣化状況

さいたま市南区のお客さまから、アパートの屋根についてご相談をいただきました。
写真は現地調査時の屋根の写真です。
スレートの屋根全面に、色あせや色むらなどの劣化が見られました。
このまま劣化を放置してしまうと、ほかの屋根部材の劣化や最悪の場合は雨漏りにつながるおそれがあります。
さらに、屋根の劣化は建物全体の外観にも影響してきますので、アパートの運用管理に対してマイナスに働くおそれもあります。
このような状態であったため、屋根カバー工法によるリフォーム工事をおこなう運びとなりました。
新しい金属屋根を古い屋根材に重ねることで、耐久性や断熱性、遮音性が高くなり、雨漏りの心配がない屋根に仕上がります。

現場調査 積水ハウスが施工した屋根のメンテナンスについて

現場調査 積水ハウスが施工した屋根のメンテナンスについて

こちらの写真は、屋根に取り付けられている金具を写したものです。
この金具は積水ハウスの屋根で見られる金具です。

ハウスメーカーが施工した屋根は、そのハウスメーカーによってメンテナンスされなければならないのか、というご質問をよくお聞きします。
しかし、まったくそのようなことはございません。

近年、ハウスメーカーの屋根材は、ハウスメーカーが独自に製造していることはほとんどなく、市場でよく見る建材メーカーに委託してつくられたOEM商品(同じ商品をブランド名を変えて販売すること)がほとんどです。
そのため、施工実績豊富な屋根リフォーム工事会社であれば、問題なくリフォームやメンテナンスをおこなうことができます。

現場調査 ハウスメーカー独自の建材について

現場調査 ハウスメーカー独自の建材について

金具の他にもハウスメーカー独自の建材が使用されている部分があります。
写真は積水ハウスが施工する屋根で特徴的な「ケラバ板金」です。
このケラバ板金は積水ハウスでしか入手できない板金です。
しかし、一部交換ではなく全部交換した場合は、積水ハウスでなくても施工ができます。
今回もケラバ板金は全部交換する工事になるため、問題なくリフォームが出来ます。

ハウスメーカー施工の屋根リフォームについて詳しくはこちら

工事開始 棟板金撤去

工事開始 棟板金撤去

御見積書をご提出後、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
はじめに足場を組み立てます。
その後、屋根のてっぺんに取り付けられている棟板金(むねばんきん)を取り外します。
棟板金とその下地を撤去して、屋根をフラットな状態にします。

ルーフィングシート張り付け

ルーフィングシート張り付け

フラットになった屋根の上にルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割を持つ建材です。

強い雨風を受けると、どうしても屋根材のすき間から雨水が侵入してきます。
その雨水をこのルーフィングシートで防ぎます。
屋根に関係する建材の中でも、とくに重要な建材です。

今回は田島ルーフィングの「ニューライナールーフィング」を使用しました。
改質アスファルトという素材からできており、防水性と耐久性がとても高いです。
30年ほどの耐用年数があります。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

新しい金属屋根を張り付け

新しい金属屋根を張り付け

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から新しい金属屋根材を張り付けていきます。
今回使用した屋根材はアイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
スーパーガルテクトはSGL鋼板(えすじーえる)という金属からできています。
耐久性が高いガルバリウム鋼板をさらに改良した鋼板がSGL鋼板です。
ガルバリウム鋼板よりも約3倍もの耐食性能があります。
また、断熱材と一体になっているため、断熱性や防火性にも優れています。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

金属屋根の取り付けている様子

金属屋根の取り付けている様子

スーパーガルテクトは「かん合式(かんごうしき)」とよばれる施工方法で取り付けます。
かん合式は、屋根材の上下を嵌め合わせてからビスで留める方法です。
このように施工すると、屋根材全体が一体となり、非常に耐風性能の高い屋根が出来上がります。

毎年、台風によって、多くの住宅の屋根が吹き飛ばされる被害を受けています。
災害による被害を未然に防ぐという観点からも、かん合式による金属屋根の取り付けがおすすめです。

取り合い部の雨仕舞

取り合い部の雨仕舞

屋根や壁などがつながる部分を「取り合い」といいます。
取り合い部は異なる建材同士がつながる部分です。
そのため、雨漏りしやすい箇所でもあります。

この取り合い部には写真のように板金を取り付けて、雨漏り防止処理を施します。
これを「雨仕舞(あまじまい)」と呼びます。

板金は職人さんが屋根の形にあわせて、現場で加工してます。
つまり、雨仕舞は職人さんによって仕上がりに差が出てくる部分です。
弊社は板金工事会社なので板金加工を専門とする職人さんがたくさん在籍しております。
経験と知識が豊富な職人さんばかりですので、ご安心してお任せください。

棟板金と換気棟取り付け

棟板金と換気棟取り付け

屋根面と屋根面がつながる部分を棟(むね)とよびます。
棟にも「棟板金(むねばんきん)」とよばれる板金を取り付けます。

また、今回は「換気棟(かんきむね)」と呼ばれる建材も一緒に取り付けました。
換気棟を取り付けると、天井裏にこもりがちな湿気や熱気を外へ排出できます。
天井裏には野路板(のじいた)とよばれる屋根下地があります。
換気棟の効果によってこの野路板が腐りにくくなるため、屋根の寿命を延ばすことができます。

換気棟の効果について詳しくはこちら

AFTER

さいたま市南区の積水ハウスアパート屋根リフォームが完成です!

さいたま市南区の積水ハウスアパート屋根リフォームが完成

さいたま市南区で施工した屋根カバー工法のリフォームが完成しました。
金属屋根でカバー工法リフォームすることにより、屋根の耐久性や耐熱性が格段に向上した屋根に仕上がりました。
スーパーガルテクトは仕上がりも非常におしゃれになります。
アパートの運用管理をされている方にも、ぜひお勧めしたい屋根材です。
積水ハウスが建築したアパートであっても問題なく、このような高品質で価格を抑えた工事が可能です。
さいたま市周辺で屋根や外壁のリフォームをご検討の方は、お気軽にテイガクへご相談ください。

さいたま市のその他工事例

さいたま市南区で行った屋根リフォーム工事例をご紹介します。 既存の屋根はコロニアルで建築後約20年が経過しています。 約5年前に塗装をおこないましたが、雨漏りがが発生しリフォーム工事をおこなうことになりました。 リフォー…

場所:さいたま市南区 日付:2018年10月

さいたま市南区で雨漏り修理、瓦棒の屋根リフォームをお考えのお客様はテイガクへご相談ください。安心の【定額料金】で雨漏り屋根の修理をご提供いたします。 さいたま市南区で瓦棒の雨漏り屋根工事を行いました。既存の屋根は築40年…

場所:埼玉県さいたま市 日付:2015年10月

さいたま市浦和区て通気工法での屋根のリフォーム工事を行いました。2回の部屋がとても暑く、屋根のリフォームでなんとか、暑さを軽減したいとご相談をいただきました。 さいたま市浦和区で行った屋根リフォーム工事例をご紹介します。…

場所:さいたま市浦和区 日付:2018年12月

さいたま市周辺の屋根・外壁のリフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター

埼玉県さいたま市南区でおこなったアパートの屋根カバー工法の施工例をご紹介いたしました。
テイガクでは戸建住宅だけでなく、アパートや工場などの屋根・外壁もリフォーム可能です。
テイガクではすべての工事が直接工事となります。(外注はいたしておりません。)
お客さまとの間に紹介会社や仲介会社が挟まないため、工事料金は定額制にてご提供しております。
ぜひ、ご安心して屋根・外壁のリフォーム工事をお任せください!

テイガクは川口市に工事拠点を構えており、さいたま市にはすぐに駆けつけることが可能です。
さいたま市周辺で、屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
現地調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. さいたま市南区でおこなったアパート屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. さいたま市南区の積水ハウスアパート屋根リフォームが完成です!
  3. さいたま市のその他工事例
  4. さいたま市周辺の屋根・外壁のリフォームはテイガクにお任せください!