練馬区|4階建てRC造のアスファルトシングル屋根を張り替えリフォーム

更新 公開

東京都練馬区のお客さまから、雨漏りが発生した屋根の修繕に関するご相談をいただきました。 お客さま宅は4階建てRC造(鉄筋コンクリート造)で、屋根材にはアスファルトシングルが使用されていました。 アスファルトシングルは、ガラス繊維を基盤にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹き付けた、シート状の屋根材です。 防水性・耐候性・耐久性に優れていますが、釘と接着剤で固定されているため、接着剤の不足や経年劣化により剥がれてくることがあります。 シート状で柔らかい建材であるため、劣化した状態で強風に煽られると剥がれたり破れたりすることがあります。 お客さま宅は築30年が経過しており、アスファルトシングルの傷みがかなり激しく、野地板も腐食し、断熱材や室内の天井も含めて腐食が進んでいました。 すでにアスファルトシングルが飛散してなくなっている箇所もあり、このまま放置していると雨漏りがさらに激しくなり、快適な生活を営むことが困難になると予想されます。 そのため、お客さまと相談の上、瓦棒屋根へ屋根の張り替えリフォームをおこなう運びとなりました。

東京都練馬区でおこなったアスファルトシングル屋根の葺き替えリフォーム

BEFORE

現地調査 屋根の状態確認

現地調査 屋根の状態確認

東京都練馬区のお客さまから、雨漏りしている屋根の修理についてご相談をいただきました。
写真はお客さま宅屋根の現地調査時のものです。
築30年、4階建てRC造(鉄筋コンクリート造)のお客さま宅の屋根には、アスファルトシングルという屋根材が使用されていました。
アスファルトシングルは、ガラス基材にアスファルトを浸透させた、シート状の屋根材です。
加工しやすく複雑な形状の屋根にも使用できますが、シート状であるため、劣化した状態で強風に煽られれば、剥がれたり破れたりすることがあります。
そのため最近では、経年劣化や台風の影響で、部分的なアスファルトシングルの張り替えを求められる現場が増えています。

アスファルトシングルについて詳しくはこちら

お客さま宅の屋根も経年劣化と強風の影響で、破れたり剥がれたりしているところが多く見られました。
さらに、表面だけではなく、下地材の野地板、断熱材や室内の天井なども腐食が進んでいました。
既に雨漏りが発生しているとのことでしたが、このまま放置しているとさらに雨漏りが悪化するとともに、他の建材や住宅全体の劣化につながりかねません。
そのためお客さまと相談のうえ、瓦棒屋根へ葺き替える運びとなりました。
金属屋根の中でも最も雨漏りしにくい屋根の1つである瓦棒屋根に張り替えることで、今後数十年雨漏りすることのない、快適なお住まいにリフォームしていきます。

工事開始 アスファルトシングルを撤去

工事開始 アスファルトシングルを撤去

お客さまとのご契約後、工事開始です。
屋根の張り替え工事においては、はじめに既存の屋根材を撤去していきます。
写真は古い屋根材であるアスファルトシングルを撤去したあとの様子です。
アスファルトシングルの劣化が下地材の野地板(のじいた)、垂木(たるき)などにも影響を及ぼし、腐食が進んでいる状態でした。
野地板は垂木に固定され、屋根材は野地板に固定されますので、このまま屋根材を載せてもうまく固定されない恐れがあります。
そのため、垂木を補強した上で野地板を新しく張りあげていきます。

天窓を塞ぐ

天窓を塞ぐ

屋根に開けた窓を「天窓」といいます。
天窓は明り取りができ、デザイン性も高いです。
しかし、屋根との接続部から雨漏りしやすい部分でもありますので、最近ではリフォームの際に塞いでしまうかたも多いです。
今回のお客さま宅でもとくに天窓を重視されておらず、「雨漏りしてしまうよりは」ということで天窓を塞ぐことになりました。

新しい野路板を張り付け

新しい野路板を張り付け

アスファルトシングルを撤去した後、垂木を補強したうえで新規の野地板を張っていきます。
テイガクで使用しているのは「構造用合板」の厚さ12mmのものです。
この厚い野地板がのちほど上から張り付ける新しい屋根材をしっかりと支えます。

ルーフィングシート張りと瓦棒の取り付け

ルーフィングシート張りと瓦棒の取り付け

野地板を張り替えたら、その上からルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割を果たしており、万が一強い雨風によりわずかな雨水が侵入してきた場合でも下地材に雨水がしみ込むのを防ぎ、家屋を守ります。
今回は田島ルーフィングのPカラーEX+(プラス)を使用しました。

写真に映っている、ルーフィングシートの上から取り付けているのは「心木」と呼ばれる木材です。
この心木が「瓦棒」の土台になり、金属板をしっかり支えます。

瓦棒を取り付け

瓦棒を取り付け

心木を取り付けたら、その上から金属屋根を取り付けていきます。
瓦棒はつなぎ目が少ない構造で、雨漏りに起きにくい屋根に仕上がります。
また、瓦棒は屋根の勾配が緩い住宅でも施工が可能です。

天井ボード張り替え

天井ボード張り替え

最後に、雨漏りの影響を受けていた家屋の中の天井ボードも板金工の職人さんが張り替えました。
テイガクの職人さんは手先の器用な職人さんばかりです。
写真のような内装工事もおこなうことができる場合もあるので、お気軽にご相談ください。

AFTER

東京都練馬区でおこなった屋根葺き替えリフォーム工事が完成です!

東京都練馬区でおこなった屋根葺き替えリフォーム工事が完成

東京都練馬区でおこなった、アスファルトシングル屋根の葺き替えリフォーム工事が完成しました!
経年劣化と強風の影響により、破れたり剥がれたりして雨漏りを起こしていた屋根が、雨漏りに非常に強い瓦棒屋根へと生まれ変わりました。
下地材である野路板や劣化していた天井の内装も新しくし、今後数十年快適にお過ごしいただけます。
練馬区周辺で雨漏りにお悩みのかたは、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

練馬区のその他工事例

東京都練馬区で行った雨漏り修理工事ご紹介いたします。 テイガクは杉並区に本社と川口市に資材倉庫がある屋根専門のリフォーム業者です。練馬区で屋根リフォーム業者をお探しのお客様はテイガクにお任せください。 お見積りは無料です…

場所:東京都練馬区 日付:2018年1月

練馬区で行った屋根葺き替え工事・雨漏り修理工事をご案内します。 テイガクでは陶器瓦からガルバリウム鋼板を中心とした金属瓦への葺き替え工事が得意な会社です。 東京都練馬区で陶器瓦屋根の雨漏りを修理しました。建築後40年が経…

場所:東京都練馬区 日付:2017年3月

東京都練馬区の屋根リフォームのご相談をいただきました。 練馬区は都内の中でも一戸建ての住宅が多く、屋根リフォームのお問い合わせが多い地域です。 屋根カバー工法のリフォーム工事はテイガクにお任せください。 東京都練馬区の屋…

場所:東京都練馬区 日付:2018年2月

練馬区周辺の屋根・外壁のリフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター

東京都練馬区で施工した、屋根葺き替えリフォームの施工例をご紹介いたしました。
低勾配でも施工可能な屋根は「瓦棒葺(かわらぼうぶき)」のほかにも、「立平葺(たてひらぶき)」が存在します。
どちらにもメリット・デメリットが存在しますので、リフォームで施工するにはどちらが良いかお悩みのかたは、ぜひテイガクにご相談ください。
屋根リフォームの工事はすべて料金表を公開し、定額にて工事をご提供しております。
また、工事も外注は一切なく、すべて自社工事ですので、ご安心してお任せください。
現地調査からお見積りまでは無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 東京都練馬区でおこなったアスファルトシングル屋根の葺き替えリフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 東京都練馬区でおこなった屋根葺き替えリフォーム工事が完成です!
  3. 練馬区のその他工事例
  4. 練馬区周辺の屋根・外壁のリフォームはテイガクにお任せください!