練馬区|屋根カバー工法リフォーム-【定額屋根修理】

東京都練馬区の屋根リフォームのご相談をいただきました。 練馬区は都内の中でも一戸建ての住宅が多く、屋根リフォームのお問い合わせが多い地域です。 屋根カバー工法のリフォーム工事は定額屋根修理にお任せください。

DATA
施工実施日 2018年2月
地域 東京都練馬区
お施主様 T様邸
屋根工事種別 屋根カバー工法リフォーム

練馬区で行った雨漏り修理 屋根リフォーム

東京都練馬区の屋根リフォームのご相談をいただきました。
練馬区は都内の中でも一戸建ての住宅が多く、屋根リフォームのお問い合わせが多い地域です。
今回はお客様が「定額屋根修理のホームページ」をご覧になって興味を持ってくださりました。
定額屋根修理は見積もりを無料で伺っております。
気になられる方はぜひお問い合わせください。
練馬区の屋根リフォーム例一覧はこちら
練馬区 屋根カバーリフォーム 工事

練馬区 屋根リフォーム現場調査

練馬区 屋根リフォーム現場調査東京都練馬区のリフォーム現場です。
画像はリフォーム前の既存屋根の状態です。
屋根の端々から禿げてしまい屋根基材が露出してしまっています。
全体の色落ちも目立ってきています。
塗料業者から塗り直しを提案するチラシなどもたびたびご自宅のポストに入っていたこともあり、当初、お客様は塗装によるリフォームを検討されていたようです。
しかし、屋根材の塗り直しはあくまで美観目的であり、屋根本体の修繕にはなりません。
見た目がきれいになったことで屋根本体の深部への損傷を見逃し、結果全部を葺き替えする必要が出てくる場合もあります。

↓

練馬区のリフォーム 開始

練馬区のリフォーム 開始既存屋根の棟部分には換気棟も設置されていました。
換気棟は屋根裏に溜まった家の中の湿気や熱を外へ放出させるための装置です。
ここ20年ほどで家の断熱や機密性が上がったことで以前に比べて家の中の温度が高くなり、熱がこもりやすくなっているため換気システムを取り入れている住宅も多く見られます。
このように換気棟がついている場合には、こちらも金属製の新しいものにお取替いたします。

↓

棟板金の下地について

棟板金の下地について事前調査の結果、屋根本体の下地には傷みが見られなかったので既存屋根の上に新しい屋根を葺いていく「直接下葺き材張りカバー工法」でリフォームをする事になりました。
まず、初めに棟板金を取り外します。
既存の棟板金を外してみると下地には木材が使われていました。
防腐剤を塗られた木材ですが、経年劣化で水分を吸収し腐食が見られます。
古い棟板金下地も撤去して新しいものに取り換えます。
定額屋根修理では棟板金の下地にも樹脂素材のものを採用しています。
木材はどんなに防腐を施してもいつか腐ってしまい、釘の保持力も経年とともに下がってしまいます。
樹脂製の下地を使う事で棟板金飛散などのリスクを低減します。

↓

屋根本体の表面をフラットにします

屋根本体の表面をフラットにしますカバー工法ではまず既存の棟板金を取り外し、ついている場合には雪止め金具も取り外します。
屋根材のみの状態にしてから新しい下地シートを張っていきます。

↓

ルーフィングシートを張ります

ルーフィングシートを張ります屋根をフラットな状態にしたら、ルーフィングシートを張っていきます。
使用しているルーフィングシートは田島ルーフィング社の「PカラーEX+」です。
一般的に多く流通しているルーフィングシートは耐用年数が10年程のものが多く見られます。
屋根本体が20年ほど耐用年数があるにも関わらず、下に敷いているルーフィングシートの方が早く傷んでしまうため、屋根の葺き替えを余儀なくされる場合があります。
このシートさえ機能していれば雨が漏れることはないので、あぁもったいないなと感じるお客様がたくさんいらっしゃいます。
定額屋根修理ではできるだけ今後のお客様のご負担を少なくすることを考えて、ルーフィングシートには耐用年数が長い下葺き材をお勧めしています。

↓

段々と出来上がってきました

段々と出来上がってきました軒先板金の取り付けができたら、どんどん上に向かって新しい金属屋根材を張っていきます。
今回使用したのはアイジー工業の「スーパーガルテクト」です。
穴あき保証25年、赤さび保証20年、塗膜15年と、コロニアル屋根に比べてもメーカー保証が大変長く定額屋根修理で最もおすすめしている優れた製品です。

↓

屋根の谷部分

屋根の谷部分写真中心部に見られるような方向の違う屋根と屋根を取り合う部分には谷と呼ばれる境目があります。
こういった部分には、左の屋根と右の屋根(この写真ではまだルーフィングシートのみ張られた状態)のどちらからも雨水がつたいこの谷部分に集まってきてしまうので、谷樋板金と呼ばれる雨仕舞板金を取り付けます。
この板金を取り付ける事で、長時間雨水がたまっても中心部に染み込んでいくことはありません。
このように雨水の影響を多く受ける場所にはルーフィングシートも何層か重ねて十分に保護をすることで
できる限り家の中心部に雨が染み込んでいかないように細心の注意を払います。

↓

職人さんの様子

職人さんの様子リフォーム中の職人さんの様子を写真に収めました。
定額屋根修理の職人さんはすべて板金工のプロフェッショナルです。
金属建材を切ったり張ったりする施工を得意としています。
いまは何でも機械で加工していると思われがちですが、屋根施工は手作業による工程がとても多いのです。
とくに複雑な形状の屋根となると、さまざまな角度が入り組んでくることが多く、
角同士の取り合い部分などは完全に職人芸の世界といえます。

↓

棟板金の取り付けと仕上げ

棟板金の取り付けと仕上げ屋根本体の張り付けを終えたら最後に棟板金を取り付けます。
棟板金も屋根本体と同じ、「スーパーガルバリウム鋼板」と呼ばれる素材を用いています。
従来のガルバリウム鋼板よりも優れた耐久性を備えた素材です。
棟板金の取り合わせ部分にできる隙間を埋めるためマスキングテープを張り、
シーリングを施していきます。
どんなに高性能の素材でも小さな隙間が命取りになります。
こうした小さな気配りが最大の効果を発揮するための大きなポイントになります。

↓

AFTER

練馬区の屋根カバー工法完成

練馬区の屋根カバー工法完成
すべての工程が完了しました。
棟板金の取り合い部、屋根の取り合い部もすべて美しく工事が完了しました。
写真中心部奥には新しい換気棟も取り付けています。同じくアイジー工業のスーパーガルテクトの換気棟なのでつながりも綺麗です。
今回採用したカバー工法は屋根材が2層になるため防音、耐熱効果も上がり、防火性能も上がるため都会の住宅密集地にも大変おすすめです。
その他 事例

練馬区で行った屋根リフォーム例

練馬区アパート屋根リフォーム練馬区 | アパート棟板金の交換工事
アパートの棟板金交換工事 東京都練馬区で棟板金の交換工事を行いました。 工事現場は木造2階建ての集合住宅、アパートです。 工事の依頼は、アパートを所有するオーナー様からいただ…続きを読む
練馬区の雨漏り修理・屋根葺き替え工事|定額屋根修理練馬区雨漏りリフォーム練馬区の雨漏り修理と屋根葺き替え工事例 東京都練馬区で陶器瓦屋根の雨漏りを修理しました。 建築後40年が経過している戸建て住宅で、野地板下地まで屋根は損傷していました。 長い年月を経…続きを読む

練馬区の屋根リフォーム工事は定額屋根修理で

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

東京都練馬区の屋根カバー工法の施工例をご紹介しました。
定額屋根修理は杉並区に本社がある屋根専門の工事会社です。
今回ご紹介したような屋根カバー工法のリフォーム工事は定額屋根修理が最も施工実績が多い工事です。

屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の職人さんで施工を承っております。
お見積りは無料です。
屋根のことなら定額屋根修理にお任せください。

屋根と外壁リフォーム工事は定額屋根修理で