NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

神戸市北区|屋根材が落ちたパミールのカバー工法リフォーム

更新 公開

兵庫県神戸市北区にお住まいのお客様から、パミールのリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後15年が経過したパミールで、屋根材の経年劣化が著しく進行しています。 屋根材の下端はボロボロに剥がれており、大きな欠けも発生してしまっています。 今後、屋根の劣化に関するご不安がなくなるよう、屋根全体をカバー工法による金属屋根へのリフォームをおこないました。 神戸市にお住いの方で、パミールのリフォームをご検討されている方はテイガクへお任せください。

神戸市北区でおこなったパミールのカバー工法リフォーム

兵庫県神戸市北区にお住いのお客様からいただいたパミールのカバー工法リフォームをご紹介いたします。
現場のスレート屋根は屋根材に大きな欠けと剥離が発生しており、軒先や庭にパミールが落ちてしまっていました。
屋根材に大きな欠けや剥離が起こってしまうと、塗装やシーリングなどによる応急処置では劣化を食い止めることはできません。
他の屋根部材に悪影響が及ぶ前に、屋根全体のカバー工法リフォームをおこないました。
神戸市北区でパミールの劣化にお困りの方は、テイガクへお気軽にご相談ください。

パミールのカバー工法についてはこちら

BEFORE

現場調査 大きく欠けた屋根材

現場調査 大きく欠けた屋根材

神戸市北区にお住まいのお客様より、パミールのリフォームについてご相談をお受けしました。
築後15年が経過しているパミールには、屋根材の劣化による大きな欠けが見られました。
パミールは使用している素材に問題があり、約10年〜15年ほどでこのような不具合が発生することが多いです。
また、パミールを取り付けた際に使われた釘にも問題があることが知られています。
ラスパート釘と呼ばれるもので、釘頭が錆びやすく、釘が浮いてしまいパミールがずれ落ちてしまうことがあります。
屋根材の落下は、近隣住宅の窓や車に当たってしまうことがあり、とても危険です。
パミールに劣化の症状が見受けられる場合は、そのまま放置せず、カバー工法や葺き替えによる根本的なリフォームをおこなうことが望ましいです。

現場調査 屋根材の剥離

現場調査 屋根材の剥離

屋根材の下端には剥離が発生しており、反り上がってしまっています。
剥離の劣化が進行すると、屋根材を固定する釘が浮き上がってきてしまい、放置し続けると屋根材の飛散がおきてしまう可能性があります。
さらに屋根材が雨水を吸い込んでしまうようになり、雨漏りの原因となってしまうこともあります。
そのため、屋根材の飛散や雨漏りが発生してしまう前に、カバー工法による屋根全体のリフォームをおこないました。

棟板金と下地の取り外し

棟板金と下地の取り外し

屋根のリフォーム工事が始まりました。
カバー工法では初めに棟板金(むねばんきん)と下地の取り外しをおこないます。
棟板金とは屋根の棟に取り付けられている板金です。
棟板金を外すと、左画像のように木材の下地が露出します。

棟板金の交換について詳しくはこちら

下葺き材の貼り付け

下葺き材の貼り付け

下葺き材(したぶきざい)は屋根を雨漏りから守る防水シートのことです。ルーフィングシート とも呼ばれます。
下葺き材には釘やビスで屋根に固定する種類と、下葺き材の裏側がシール式になっていて屋根に貼り付ける種類のものがあります。
今回のようにパミールの劣化が激しい場合には、釘やビスで固定することができないため、後者のシール式下葺き材を使うことが多いです。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根張り付け

金属屋根張り付け

下葺き材の上から金属屋根を張り付けます。
今回はアイジー工業株式会社のスーパーガルテクトを使用しました。
スーパーガルテクトはスレート屋根に比べて、剥離やひび割れに強い耐久性があり、20年間のメーカー保証が付与されています。
カバー工法では既存のスレート屋根の上から金属屋根を被せますが、スーパーガルテクトはスレート屋根の約1/4ほどの重量です。
カバー工法によって屋根全体が重くなってしまうのではないか、というご心配をされる必要はありません。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

妻側の施工

妻側の施工

雨どいがない側面の妻側に金属屋根を張り付けます。
屋根と外壁部との取り合いがあるため、雨漏りが発生してしまうことが多い箇所です。
丁寧に板金を取り付けて、雨漏りが起こらないよう、しっかり雨仕舞処理を施します。

棟板金と換気棟の取り付け

棟板金と換気棟の取り付け

金属屋根の張り付け後、棟板金(むねばきん)の取り付けをおこないます。
また、今回は換気棟(かんきむね)の取り付けもおこないました。
換気棟は屋根裏の熱気や湿気を逃がすための部材です。
夏は屋根裏に溜まった熱気を逃して室内温度を下げ、冬は暖房による結露を防ぐ効果があります。

AFTER

神戸市北区のカバー工法による屋根リフォーム完成です!

神戸市北区のカバー工法による屋根リフォーム完成です

兵庫県神戸市北区でおこなったパミールのカバー工法リフォームが完成しました。
アスベストが含まれていないスレート屋根で、屋根材の剥離や欠けが発生した場合には、カバー工法または葺き替えによる根本的なリフォームをおこなうことが望ましいです。
アスベストが使われていないスレートは屋根材自体の寿命が10〜20年ほどのため、それ以降は応急処置を施しても、屋根材劣化の進行を止めることはできません。
もし屋根材劣化を放置し続けてしまうと、最悪の場合には雨漏りや棟板金の飛散が起きてしまい、予定にない急な出費が必要になることがあります。
屋根のリフォームは計画的にご検討されることをお勧めいたします。
神戸市で屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへご相談ください。

神戸市と周辺地域のその他工事例

神戸市で棟板金・棟包みが飛ばされたお客様はテイガクで。棟板金を専門工事業者引き受けます。保険対応も受けて付けています。 神戸市で棟板金の交換工事を行いしました。神戸市の屋根修理例はこちら台風の影響で棟板金(むねばんきん)…

場所:兵庫県神戸市 日付:2017年10月

兵庫県神戸市で和風ガルバリウム鋼板屋根への葺き替え工事を行いました。 使用した屋根材は「月星タイトル―フ」です。和風金属屋根への葺き替え工事はテイガクにお任せください。 兵庫県神戸市で日本瓦屋根を和風金属屋根に葺き替える…

場所:兵庫県神戸市 日付:2017年6月

神戸市において、庇からの雨漏りでお困りのお客様はテイガクにお任せください。 定額制で屋根修理・リフォーム工事を承ります。 兵庫県神戸市で庇の葺き替え工事をを行いました。既存の屋根は建築後40年が経過した陶器瓦です。庇箇所…

場所:神戸市北区 日付:2017年2月

神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガク

兵庫県神戸市北区でおこなったパミールカバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
日常生活では自分が住んでいる住宅の屋根を見ることがあまり無いため、屋根材のひび割れや小さい欠けに気づかないことがあります。
いつの間にか、屋根材に大きな欠けや剥離といった劣化が起こっていたというケースは少なくありません。
小さなひび割れなど、劣化の進行状況が大きく無い場合は、応急処置で劣化を遅らせることはできます。
築後10年以上経つ住宅にお住みの場合は、一度、ご自宅の屋根の劣化状況を専門業者に確認してもらうことをお勧めいたします。

テイガクは大阪府堺市に工事拠点があり、神戸市までは車で1時間ほどで駆けつけることができます。
神戸市で屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお問い合わせください。
現場調査からお見積もりまでは無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 神戸市北区でおこなったパミールのカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 神戸市北区のカバー工法による屋根リフォーム完成です!
  3. 神戸市と周辺地域のその他工事例
  4. 神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!