千葉市稲毛区 - 築38年のスレート屋根を赤い金属屋根でカバー工法でリフォーム

施工前の屋根
施工後の屋根

工事情報

施行実施日 2023年9月
施工地域 千葉県千葉市稲毛区
施工地域ページ 千葉県
テイガク拠点 千葉中央工事センター
築年数 築38年
屋根材(施工前) スレート
外壁材(施工前)
工事内容
屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換

工事前の状態

工事前の屋根

工事前の屋根の状態です。
築38年のお住まいで、屋根材としてスレートが使用されていました。
スレートには、以前塗装によるリフォームがおこなわれていたようです。
しかしスレート屋根へ塗装をおこなっても、機能維持や耐久性の向上にはほぼつながらず、屋根塗装をしてもしなくても、スレート屋根の寿命は変わりません。
それどころか、むしろ写真のように塗膜の劣化が進行すると、屋根塗装を行う前よりも屋根が汚くなります。
最近は屋根塗装の必要性の問題について消費者の方の理解が進んでおり、今回のお客さま宅でも屋根塗装によるメンテナンスはおこなわず、屋根カバー工法で屋根を本格的に改修する運びとなりました。

テイガクからのご提案

今回は、千葉市稲毛区のお客さまから、屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
お住まいは築38年で、既存屋根材として、スレートが使用されていました。
こちらのスレートには過去に1度屋根塗装がおこなわれていたとのことです。
しかし、機能維持や耐久性向上目的でのスレート屋根への塗装はほとんど意味がなく、塗装によって屋根材の寿命が延びることはありません。
それどころか、塗装の経年劣化によって、屋根は塗装前よりも汚くなります。
今回のお客さま宅でも、塗装の劣化によるひどい汚れが屋根全面にみられました。
以上のような状態であったうえ、最近は消費者の方でも屋根塗装の必要性の理解が進んでいるため、今回は屋根カバー工法による本格的な改修のご提案をさせていただきました。
耐久性が向上し、美しく生まれ変わった屋根の様子をぜひご覧ください。

ポイント
  • 屋根塗装

  • 屋根カバー工法工事

  • スーパーガルテクト

  • 屋根の耐風性

千葉市稲毛区でおこなった、築38年スレート屋根の、赤い金属屋根を使用したカバー工法リフォーム工事手順

板金などを取り外し

ここから、千葉市稲毛区でおこなった、赤い金属屋根を使用したカバー工法リフォーム工事の手順についてご紹介いたします。
カバー工法において、まずは既存スレート屋根に付属している板金などをすべて取り外し、ルーフィングシートを貼り付けました。
ルーフィングシートは防水の役割をもちます。
屋根材からしみだしてきた雨水はルーフィングシートがすべてブロックし、屋根を雨漏りから守ります。
今回使用した田島ルーフィングのタディスセルフカバーは、改質アスファルトと合成繊維不織布からできており、劣化した既存スレート屋根に敷き詰めても破れる心配がありません。
ルーフィングシートは雨漏り防止のために最重要の建材であるため、ぜひこだわって施工に臨んでください。

新規の金属屋根材を張り付け

ルーフィングシートを貼り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けました。
今回使用したのは、アイジー工業のスーパーガルテクト(レッド)です。
スーパーガルテクトは、エスジーエル鋼板と断熱材が一体となった構造をしており、高い耐久性と断熱性をそなえています。
このスーパーガルテクトを55mmのステンレスビスで留めるとともに、嵌合式と呼ばれる、屋根材同士を嵌め合い一体化させる施工方法で取り付けるため、強風にも強い屋根が出来上がります。
とくに強風の被害に遭いやすい地域ではおすすめです。

下り棟はC型チャンネル仕様

下り棟はC型チャンネル仕様の金属下地を使用しました。
棟板金の下地が腐食すると、強風の際に棟板金を支えきれず、棟板金のめくれや飛散につながるおそれがあります。
その点、テイガクでは腐食しにくい金属下地(エスヌキ)を使用しているため、強風の際の棟板金飛散リスクを低減させることができます。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

棟下の隙間には面戸を取り付け

棟下の隙間には面戸を取り付け、さらに止水性を高めました。

棟板金と換気棟を取り付け

棟下地を取り付けたら、その上から棟板金と換気棟を取り付けました。
棟板金だけでなく、換気棟を取り付けることにより、屋根裏にこもりがちな湿気や熱気を排出し、夏でも快適にお過ごしいただけるお住まいをつくることができます。

千葉市稲毛区でおこなった、築38年スレート屋根の、赤い金属屋根を使用したカバー工法リフォーム工事が完成です!

施工後の屋根
施工後の屋根

以上で、千葉市稲毛区でおこなった、築38年スレート屋根の、赤い金属屋根を使用したカバー工法リフォーム工事が完成です!
塗装で劣化が進行したスレート屋根を、レッドのスーパーガルテクトで葺き替えたことにより、屋根としての機能と耐久性が回復した、美しい屋根へと生まれ変わりました!
ステンレスビスでの固定、嵌合式での施工、また、金属下地を使用した棟の雨仕舞により、強風などの災害にも強い屋根になっています。
千葉市は風が強い地域で、これまで台風による被害も多く発生しました。
強風への対策をお考えの方は、ぜひ金属下地やステンレスビスを用いた施工をご検討ください。

テイガクでは、お住まいやお客さまの好みに合わせた適切なリフォームのご提案をおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

千葉県千葉市と周辺地域のその他工事例

千葉県千葉市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

千葉中央工事センター

千葉中央工事センター

住所 千葉県千葉市花見川区犢橋町149-14
(Googleマップはこちら)
電話番号 043-215-8571
都道府県ページ 千葉

テイガクは、千葉市花見川区に「千葉中央工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
千葉中央工事センターは、2022年の8月から営業所としてスタートしました。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

千葉中央工事センターの
Googleのクチコミ

レビュアーアイコン
2023年10月04日

築25年目、大雨の度に劣化したスレート屋根材が細かくポロポロと欠け、家周りに落ち始めていました。外壁のサイディングも以前からチョーキングが発生しており、いよいよ見て見ぬ振りもできず3社から見積もりをお願いしました。 自分なりに調べ、屋根はスーパーガルテクトを希望でしたが、テイガクさんはスーパーガルテクトの施工実績も豊富で価格的にも他社より安く、見積もりは明瞭なものでした。 業者を選ぶにあたり、しっかりと施工していただくことは勿論、施工中も次々に湧いてくるであろう素人特有の疑問や質問を面倒がらず聞いていただけるか、モヤモヤを残さず気持ちよくリフォームを終えるためにもかなり重要なポイントでした。 「疑問質問は後回しにせず、私にでもその時作業している職人さんにでもどんどん聞いてください。」と、とても頼りになるお言葉を頂き、テイガクさん、そしてこの担当の方なら安心してお任せできると確信しこちらへ依頼しました。 テイガクさんのホームページにも記載の通り、無理な営業活動や返事の催促もなくこちらからの連絡をひたすら待ってくれたこともとても有り難かったです。 案の定、次々と出てきた質問事項にも毎回レスポンスも速く的確で丁寧な回答をいただきました。 施工中は担当の斉藤さんが顔を出してくれることも多く、その都度聞きたいこともたくさん聞けて相談もできましたので安心感も大きかったです。営業所が自宅と少し離れていたので初めは心配もしましたが心配無用でした。 屋根などの目視できない箇所については作業工程、使用資材をわかりやすく撮影して送っていただけるので家族で共有し作業の進行具合も毎日楽しみに過ごせました。 お願いするとその場で気になる箇所の写真を撮ってくれて、スマホで確認させて頂いたこともありました。 我が家は一部、隣家の敷地に面する狭所があり、そこを作業するには隣家の敷地に立ち入らなければなりませんでしたが、隣家の方への事前の説明を含めご挨拶をしっかりしていただき、完工後にも再びご挨拶に出向いてくださっていました。 また、車椅子ユーザーの母の動線確認、車椅子サイズの確認も慎重に行ってくださったお陰でリフォーム中も変わらず快適に過ごせました。 斉藤さんだからご相談できたこともあり、無理を多く言いましたが快く対応していただき感謝しかありません。 職人さん方、所長さん含め皆さん実直な方ばかりでとても頼もしかったです。 屋根のシェイドチャコール、外壁塗装の3分艶の仕上がりもとても気に入っています。想像以上の仕上がりで家族共々大満足です。 保証、アフターサービスも充実していますので気になればすぐ連絡できますし、なんでもご相談くださいとおっしゃって頂いているので安心しています。 一時はリフォーム業者難民になりかけましたが、テイガクさんに出会えたことはとてもラッキーでした。 自信を持ってお勧めできる業者さんです。 ※ 屋根カバー工法、スーパーガルテクト(シェイドチャコール) ※外壁塗装 3分艶 ※外塀塗装

レビュアーアイコン
2023年09月11日

築35年の古家の屋根リフォームを半年くらい悩んだ末、金属屋根のカバー工法にしました。 4社を比較しましたがテイガクさんは作業内容と価格の詳細がホームページに掲載されておりわかりやすいのと、様々な疑問にも適格にも答えて頂き発注後のトラブルが一番少なそうなのでお願いすることにしました。結果としては値段も一番安かったです。 屋根の上の作業は見えないため不安に感じておりましたが、毎日写真による報告をご提案を頂き、また、下屋根部分は2階の窓から見えるため、見積もり通りの部材で作業内容も守られていることが細かくわかりました。 テイガクさんの全てのYoutube動画を拝見している私としてはテイガクさんの標準工事の内容と思いますが、その標準が守られているか、見えないところを雑にされないかが一番気になるところでした。が、テイガクさんには無用の心配でした。 余談ですが動画の影響で、売れ筋のスーパーガルテクトと悩んだ末、段ケラバが映えるニチハ横断ルーフαプレミアムSを採用し仕上がりは期待以上でした。 不幸にも足場解体直後に遠目でもわかる屋根材の塗膜剥がれがありタッチペイントでカバーできないレベルでしたが、撮影した補修のデモ動画で説明を受けた後、再度足場を組んで修繕して頂けました。 多少のトラブルはありましたがきっちりとリカバリーして頂き、通常工事とは別の保証も付けて頂ける提案もありました。窓口の営業さんだけでなく、接点を持てた職人さん、所長さんもみなさんが同じく誠実でしたので、売り手良し、買い手良し、世間良しの三方よしの社風だと感じましたが、そんな業者さんを見つけられたことが満足につながる一番大きな要素だったと思います。

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について