川崎市高津区 - 天窓に断熱材充てんと外壁塗装リフォーム

施工前の屋根
施工後の屋根
施工前の外壁
施工後の外壁

工事情報

施行実施日 2023年8月
施工地域 神奈川県川崎市
施工地域ページ 神奈川県
テイガク拠点 神奈川工事センター
築年数 築20年
屋根材(施工前) スレート
外壁材(施工前) 窯業サイディング
工事内容
シーリング工事 外壁塗装 屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換

工事前の状態

お客さま宅屋根の工事前の状態です。
築20年のお住まいで、屋根材としてノンアスベスト製のスレート屋根材が使用されており、天窓がついていました。
屋根には色褪せ、色むらなどの劣化症状が広範囲に見られました。
天窓は採光できるというメリットがありますが、反面夏は日光で室内が熱くなるというデメリットも抱えています。
お客さま宅でも、天窓からの熱で異常に暑くなっていたとのことでした。
断熱材にかなりお詳しいお客さまでしたので、徹底的に断熱効果が高くなる施工を実施します。

工事前の外壁の様子です。
こちらも築20年ということもあり、汚れ、色褪せ、色むらなどの劣化症状が見られました。
外壁も劣化が進むと雨漏りにつながるおそれがありますが、それとともに外観に直結する部分でもあるため、定期的なメンテナンスが重要です。

テイガクからのご提案

今回は、川崎市高津区のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
工事前に使用されていた屋根材はノンアスベスト製のスレート、外壁材は窯業サイディングです。
また、屋根には天窓がついており、お客さまによれば天窓からの熱で室内がかなり暑くなるとのことでした。
築20年ということもあり、屋根、外壁は色褪せ、色むらなどが広範囲に見られました。
以上のような状態であり、お客さまがかなり断熱材にお詳しいという事情もあったため、天窓に断熱材を充填したうえで、屋根カバー工法工事と外壁塗装をおこなうご提案させていただきました。
新規の屋根材としてスーパーガルテクト(チャコールカラー)を、天窓の断熱材にはネオマフォームとスタイロフォームを使用しました。
生まれ変わったお住まいの様子をぜひご覧ください。

ポイント
  • 天窓

  • 断熱材

  • 屋根カバー工法

  • 外壁塗装

川崎市高津区でおこなった、天窓への断熱材充てんと外壁塗装リフォーム工事手順

屋根に付属する板金を撤去

ここから、まずは天窓の断熱材充填と、屋根カバー工法リフォーム工事の手順についてご紹介いたします。
屋根カバー工法において、はじめに屋根に付属する板金を撤去し、屋根をフラットな状態にします。
板金を取り外すと、棟下地の腐食が見られました。
棟下地が腐食すると、上に載る板金を支えきれず、強風などの災害の際に棟板金がめくれたり飛散したりする事態につながりかねません。
そのため、テイガクではオリジナルの腐食しにくい金属下地(エスヌキ)を用いて雨仕舞していきます。
金属下地と止水性を高めた施工方法により、強風にも強い棟が出来上がります。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

天窓の様子

天窓の様子です。
天窓から差し込む日光で異常に暑くなるとのことで、お客さまのご希望もあり、天窓は撤去しました。
天窓は採光できる、デザイン性が高いなどのメリットがありますが、夏に暑くなる、屋根との取り合い部から雨漏りしやすいなどとデメリットもあるため、快適なお住まいのために撤去するのも1つの手段です。
撤去した天窓の室内側には、旭化成建材の断熱材であるネオマフォームを取り付けました。
お客さまが断熱材にお詳しいこともあり、リクエストにお応えして、徹底的に断熱効果が高くなる施工を実施しました。

撤去した天窓に断熱材を取り付け

撤去した天窓の室外側には、デュポン・スタイロ株式会社のスタイロフォームを取り付けました。
2重に分厚い断熱材を取り付けたため、これで屋根からの熱は完全にシャットアウトできます。

構造用合板で補修

最後に屋根が平坦になるよう、構造用合板で補修しました。

このフラットになった屋根の上に、防水の役割をもつルーフィングシート、新規の金属屋根材の順に張り付けていきます。

屋根カバー工法リフォーム工事が完成

新規の金属屋根材として、スーパーガルテクト(チャコールカラー)を張り付けて、屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
スーパーガルテクトは、エスジーエル鋼板という錆に強い金属と断熱材が一体となった構造をしており、高い耐久性と断熱性を誇ります。
また、チャコールカラーは日射反射率が最も高く、おすすめの色です。
引き続き、外壁塗装工事について手順をご紹介いたします。

高圧洗浄

ここから、外壁塗装工事の手順についてご紹介いたします。
外壁塗装においては、まず高圧洗浄をかけて、塗装面をきれいにします。
高圧洗浄をかけることにより、塗装後に汚れごとごっそり塗膜がはがれるような事態を防ぎ、耐久性の高い、美しい塗装面をつくることができます。

オートンイクシード

目地はオート化学工業株式会社のオートンイクシードを使用して補修しました。
シーリングも経年により、ひび割れや破断などの症状を起こすことがあるため、メンテナンスが必要です。
シーリング材の中でも、オートンイクシードは耐久性、耐候性に非常に優れ、30年程の耐用年数が期待できます。

塗装

塗装面をととのえたら、塗装をおこないました。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りをおこないます。
下塗りで塗装面と上塗り塗料の密着性を高め、中塗り、上塗りの2回で上塗り塗料を塗布することで、ムラなく耐久性の高い塗膜をつくります。
外壁はラジカル制御型塗料で仕上げました。

軒天塗装

軒天は、日本ペイントのケンエースGⅡで塗装し、黒い軒天に仕上げました。
ケンエースGⅡは耐水性に優れ、強力な防カビ、ヤニ止め、シミ止め効果を有します。
軒天に適した塗料です。

木部塗装

木部は、木部専用塗料のキシラデコールで塗装しました。
大阪ガスケミカル株式会社の塗料で、高い防腐、防カビ、防虫効果を有します。

破風板塗装

破風板も塗装しました。
全体的に黒を基調にした塗装をおこない、以前とは印象が大きく異なる、シックで落ち着いた外観に仕上げました。

塗装の様子

使用塗料や3回塗りの様子はすべて写真撮影し、確実に工事がおこなわれたことをお客さま方にご確認いただいております。
また、塗装面の素材に応じて、それぞれに適切な塗料を使い分け、長期間不具合に悩まされずに済む塗装をおこないます。

川崎市高津区でおこなった、天窓への断熱材充てんと外壁塗装リフォーム工事が完成です!

施工後の外壁
施工後の外壁
施工後の屋根
施工後の屋根

以上で、川崎市高津区でおこなった、天窓への断熱材充てんと外壁塗装リフォーム工事が完成です!
工事前の白を基調とした外壁は、黒を基調とした塗装により、雰囲気が全く異なるシックで落ち着いた印象の外観へと変化しました。
天窓は撤去し、しっかりと断熱材を取り付け、また断熱性に優れたスーパーガルテクトで既存屋根をカバーしたことにより、夏でも快適にお過ごしいただける耐久性の高い屋根へと生まれ変わりました!
これから、外観が美しく変化した快適なお住まいで、気分を一新してお過ごしいただけることと思います。

テイガクでは、お住まいやお客さまの好みに合わせた、適切なリフォームのご提案をおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神奈川県川崎市と周辺地域のその他工事例

神奈川県川崎市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

神奈川工事センター

神奈川工事センター

住所 神奈川県横浜市港北区新羽町1960
(Googleマップはこちら)
電話番号 045-717-6562
都道府県ページ 神奈川

テイガクは、横浜市港北区に「神奈川工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
川崎市や横須賀市、相模原市などにお住いのお客さまからのご依頼を中心に、神奈川県の工事を管理しています。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

神奈川工事センターの
Googleのクチコミ

レビュアーアイコン
2023年10月18日

築30年余の持ち家の石綿入りスレート屋根をスーパーガルテクトに葺き替えて頂きました。 相見積もりを取った他社と比べると、テイガクさんのお見積りは少しだけ高かったのですが、①見積書の明細を比べてみると使用部材のグレードがテイガクさんの方が良く、結果として差は大きくないと納得出来たこと。②以前からYouTubeでテイガクさんの動画を拝見していて、表から見えない細部に至るまで丁寧な施工をされると信じられたこと。③Google他のクチコミをチェックしたところ、施工件数が多くても不評がほぼみられなかったこと。④以前近所でテイガクさんが屋根葺き替え工事をされており、その時お話した職人さんのご対応に好感が持てたこと。等の事情によりテイガクさんにお願いしました。 やはりお願いして良かったです。理由としては、工期がしっかりと守られたこと、現場にいらっしゃった職人さん達が、厳しいテイガクさんの施工マニュアルに沿って、評判通り丁寧かつ綺麗に施工して頂いたことが挙げられます。 屋根は普段なかなか見ない部分ですが、家にとって屋根は最重要です。その部分をお任せするからには、値段もそうですが、やはり良い職人さんに施工頂く事が何よりも重要だと思います。ありがとうございました。

レビュアーアイコン
2023年07月02日

今回、屋根改修工事は2度目となります。1軒目は台風後の屋根修復で、3社からの相見積もりの比較の結果、テイガク・昭和リーフ(株)さんからの見積もりだけが、いわゆる、工業規格などの標準化に適合していると判定できました。他社の見積もりには、屋根材一式〇〇円といった感覚的な数字が2,3行だけ記述されていました。今回の2軒目の発注先決定は、1軒目の成果物を見ての当然の帰結となります。シェイドチャコール(切れのある灰色)のスーパーガルテクトによるカバー工法、オプションの換気棟とステンレス製ビス、ステンレス製雨樋設置などとなっています。1軒目は小型車購入と同程度の予算でしたが、2軒目はもっと広いため中型車程度となりました。10数年前の他業者による屋根の補修ペンキ塗装は超高圧洗浄で脆くも吹き飛ばされ、コロニアル屋根へのペンキ塗装は必要だったのか、などとその耐久性に疑問を感じました。超高圧洗浄では、全ての外壁のカビや汚れも削ぎ落されて白亜が蘇り、新金属屋根の光沢と相まって、まるで新築のようなファサードに変身しました。金属屋根には熟練の技師が不可欠ですが、今回も細部まで美しい仕上がりを見せてくれました。ありがとうございました。

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について