アルミサイディングで後悔する前に確認したい5つのこと

アイコン アルミサイディングの工事は高額

アルミサイディングは高額な工事のため、工事後に後悔をしてほしくないです。
ここでは、テイガクがアルミサイディングの工事をおこなうお客さまにお伝えしている工事前の注意点を含めて、おさえて欲しいポイントを解説いたします。

1.相見積もりをおこなわなかった後悔

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

工事前の外壁 ガルバリウム鋼板と窯業サイディングでカバー工法した外壁

ガルバリウム鋼板と窯業サイディングでカバー工法した建物

高額なリフォームは相見積もりが基本です。
適正価格や相場を知ったうえで、施工会社を決定しましょう。
外壁工事のなかでもアルミサイディングの工事は最も高額な工事に位置付けられます。
工事が始まってから相場よりもかなり高い工事だと後で気付くことは避けたいです。

特に築浅の建物にお住いの若い世代の方にとっては、30年先はまだまだ現役であり、子どもの学費や老後のための貯蓄が必要です。

そのため、最低でも2~3社に見積りを出してもらい、複数の会社から工事の依頼先を決定しましょう。
板金工事会社は、日常的にアルミサイディングを含めた金属サイディングの工事をおこなっています。
金属建材の施工力がある会社に相談されることをおすすめします。 

アルミサイディングのカバー工法の相場(経費込/税込み)

仕様/役物 工事価格
単色 約220~280万円
インクジェット 約310~340万円
足場代 +約20万円
配送費や管理諸経費を含んだ材工合計価格(税込み)

アルミサイディングのデメリットとメリット・耐用年数と本当の実力

アルミサイディングとは

2.もっと良いデザインがあったと知る後悔

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

工事前の外壁 YKKのアルミサイディングでカバー工法した外壁

YKKのアルミサイディングでカバー工法

アルミサイディングのメーカーは限定的です。
テストサンプルのモニターとして新しい柄や色が提案もしくは提供されることもあるでしょう。

しかし、主流のガルバリウム鋼板のラインナップに比べると、デザインとカラーは天と地ほどの差があります。
高い費用の工事であるため、デザインカラーにもこだわりたいです。

アルミサイディングのメーカー

ガルバリウム鋼板サイディングのメーカー

アイジー工業
旭トステム(アルミ商品一部取り扱い)
ニチハ
福泉工業
ケイミュー
日鉄鋼板

3.ドアや照明器具などの交換を前提にしなった工事の後悔

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

工事前の外壁 スマート玄関ドアと人感センサー照明器具と合わせて外壁カバー工法した外壁

スマート玄関ドアと人感センサー照明器具と合わせて外壁カバー工法

何も考えずにアルミサイディングの外壁カバー工をおこなってしまうと、将来、玄関ドアや照明器具の交換、EV車の給電ができなくなるおそれがあります。
そのため、外壁工事と同時に玄関ドアの工事をおこなうか、将来の工事を見据えた工事や準備(外壁内部に配線管を通すことや余った外壁材や板金役物の保管)をおこなうことをおすすめします。

最近はスマートフォンを携帯しているだけで自動で開閉するドアや顔認証ドア、人感センサーがついた照明器具、スマートフォン連動の防犯カメラ、インターフォンなど外壁付帯物のデジタル化がかなり進んでいます。
これから5年、10年先、私たちの生活は更にデジタル化するでしょう。

4.屋根工事を行う前に実施した後悔

雨押さ板金の立ち上がりが外壁の外側に出ている状態
雨押さ板金の立ち上がりが外壁の内側に収めている状態

金属サイディングと金属屋根工事、どちらを先におこうべきでしょうか?
答えは金属屋根です。

外壁と屋根の接合部には雨押え板金とよばれる板金部材を取り付ける必要があります。
金属屋根工事を先におこなうことで、雨押え板金の立ち上がり部分を新たに張る外壁で隠すことができます。このような工事をすることで「外壁の通気性能」と「外壁と屋根の止水性能」が高くなります。

屋根のことを考えずに外壁を先におこなってしまうと、「外壁の通気性能」と「外壁と屋根の止水性能」が悪くなります。

5.断熱性能の後悔

金属サイディングはたしかに断熱効果が高い外壁材です。
その断熱効果は「断熱材の厚み」「断熱材の素材」そして「金属の素材」によって変わります。
断熱材の厚みは厚ければ厚いほど断熱効果が高いです。
断熱材の素材は、ウレタンではなくイソヌレートフォームフォームの方が断熱効果が高いです。
そして、アルミはガルバリウム鋼板より熱が伝わりやすい素材です。
以上のことから、アルミサイディングは金属サイディングの中でも断熱効果が低い外壁材です。

各金属サイディングの熱貫流率

商品 熱貫流率
アイジー工業:ガルボウ 1.76W/㎡K
アイジー工業:ガルステージ 1.59W/㎡K
YKK AP:深絞りシリーズ 2.10W/㎡K
熱貫流率は低いほど断熱効果が高いです

アルミサイディングの関連記事

記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
記事のアイコン
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
テイガクの類似サイトにご注意ください
テイガクの類似サイトにご注意ください
  1. 1.相見積もりをおこなわなかった後悔
  2. 2.もっと良いデザインがあったと知る後悔
    1. アルミサイディングのメーカー
    2. ガルバリウム鋼板サイディングのメーカー
  3. 3.ドアや照明器具などの交換を前提にしなった工事の後悔
  4. 4.屋根工事を行う前に実施した後悔
  5. 5.断熱性能の後悔