東京都府中市|窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングで外壁カバー工法

公開

東京都府中市のお客さまから、屋根と外壁のリフォームについてご相談をいただきました。
現場は築15年で、外壁はモルタル外壁でした。
モルタル外壁は10~15年に1度、塗装によるメンテナンスが必要です。
メンテナンス時期としてはちょうど良い時期にご連絡をいただいた形となります。
ただし、モルタル外壁の場合、これから先も10~15年スパンで塗装によるメンテナンスを繰り返す必要があります。
そのため、将来的な費用対効果を考えた場合、金属サイディングによる外壁カバー工法工事をおこなう方がおすすめです。
今回は金属サイディングに旭トステムのスパンサイディングを使用し、一部に木目の窯業サイディングを張りました。
以下に写真でご紹介いたしますが、モルタル外壁の塗装によるメンテナンスの場合、出来上がりの見栄えがリフォーム前とほとんど変わらないのに対して、金属サイディングのカバー工法によってメンテナンスをおこなった場合、見た目を大幅に変えることができます。
おしゃれでモダンな外観のお住まいで気分を一新してお過ごしいただけるため、その点でも金属サイディングによるリフォームはおすすめです。
金属サイディングについて詳しくはこちら

東京都府中市|窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングで外壁カバー工法

BEFORE

現場調査 工事前の外壁の状態

リフォーム工事前の外壁
リフォーム工事前の外壁

東京都府中市のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は現場外壁の工事前の様子です。
築15年のお客さま宅外壁には、モルタル外壁(ジョリパット)が使用されていました。
モルタル外壁は高い耐久性と継ぎ目のない外観が特長ですが、10~15年に1度、塗装によるメンテナンスを繰り返す必要があります。
そのため、将来的なメンテナンスを考えると、金属サイディング工事をおこなう方が費用対効果の面から考えておすすめです。
また塗装によってメンテナンスをおこなってもほとんど見た目が変わらないのに対して、金属サイディングによるリフォームであれば出来上がりの見た目を大幅に変えることができます。
よって今回は金属サイディングを使用した外壁カバー工法によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。
同時に、屋根も屋根カバー工法によるメンテナンスをおこないました。
屋根カバー工法について詳しくはこちら

工事開始 外壁補修

補修前の外壁
補修前の外壁

無料お見積りの結果、お客様との契約まで進みましたら工事開始です。
外壁工事のはじめにおこなう工程は外壁補修です。
既存の外壁は新規の金属サイディングでカバーするため、最終的な出来上がりでは外から見えなくなります。
しかしクラック(ひび割れ)などが残っていると、そこから雨水などが浸入し、建材を劣化させる恐れがあるため、丁寧にシーリングで補修します。
シーリングについて詳しくはこちら

横胴縁取り付け

胴縁を取り付けた外壁
胴縁を取り付けた外壁

既存の外壁の補修が終わったら、胴縁と呼ばれる建材を取り付けます。
胴縁は既存の外壁と金属サイディングの間に取り付ける建材です。
写真のように既存の外壁と金属サイディングの間に位置するように取り付けることで、新旧外壁間に通気層が設けられます。
それによって湿気や空気を適度に排出できるため、湿気による不具合や外壁からの雨漏りのリスクを大幅に軽減でき、断熱効果も高まります。
出来上がりの金属サイディングが縦張りの場合には横胴縁を、横張りの場合には縦胴縁を取り付けます。
今回は仕上がりが縦張りであるため、横胴縁を取り付けました。
また樹脂製の胴縁を使用しているため、変形や劣化にも強い外壁となります。

縦張り金属サイディング張り付け

金属サイディングの張り付け
金属サイディングの張り付け

胴縁を取り付けたら、新規の金属サイディングを張り付けていきます。
横向きに取り付けた胴縁に対して、金属サイディングは縦向きに張っていきます。
使用したサイディングは旭トステムのスパンサイディングです。
スパンサイディングは、耐久性に優れた金属であるガルバリウム鋼板よりもさらに錆に強く優れた鋼板素材であるエスジーエル鋼板を使用しています。
エスジーエル鋼板は屋根ではスタンダードな素材ですが、最近金属サイディングにも用いられるようになっています。
またスパンサイディングの塗膜はフッ素塗膜なので、長期間色褪せしにくいのも特長です。

金属サイディング張り付けの様子 バルコニーの風通し穴まわり

バルコニーの風通し穴まわり
バルコニーの風通し穴まわり

金属サイディングを全面に張り付けた様子です。
写真に見えているのはバルコニーの風通し穴まわりです。
風通し穴まわりにも加工した板金を取り付けて、違和感のないように仕上げていきます。

バルコニーの風通し穴は、バルコニー側のお部屋の換気がしやすくなるということと、日当たりが良くなるというメリットがあります。
一方、バルコニーの風通し穴は塞いでしまった方がスッキリするので、塞いでしまうことも検討してください。

窯業サイディング金物取付

木目の窯業サイディングの張り付け
木目の窯業サイディングの張り付け

外壁の一部には、ワンポイントで木目の窯業サイディングを張りました。
写真のように引っかけ金物で窯業サイディングを引っ掛けて張り付けます。
昔の窯業サイディングは釘を打って張り付けていました。
しかしその場合、釘を隠すために同色の塗装が必要であり、さらに経年劣化で塗装が剥げて見えることのないよう、メンテナンスが必要です。
そのため、最近の窯業サイディングは釘留ではなく引っ掛けて張る工事が一般的です。

木目の窯業サイディング

木目の窯業サイディング
木目の窯業サイディング

木目の窯業サイディングを張り付けたところです。
最近の窯業サイディングの木目デザインは本物にかなり近く、実物の木を張っているように感じます。
窯業サイディングはかなり重いため、外壁全体に張ることはおすすめしませんが、今回のように部分的に張って仕上げることは施工上可能です。
ただし、メーカー保証は得られません。
木目調の外壁材について詳しくはこちら

金属屋根の様子

スーパーガルテクトフッ素
スーパーガルテクトフッ素

屋根カバー工法によって仕上げました。
金属屋根はアイジー工業のスーパーガルテクトフッ素で仕上げました。
外壁と同じくエスジーエル鋼板が使用されているため、耐久性は抜群です。
金属屋根は金属サイディングよりも先に仕上げる必要があります。
また、屋根と外壁を同時にメンテナンスすることで工費や工期を抑えることができるため、メンテナンスの際には同時におこなうのがおすすめです。
スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

破風板の仕上げ

リフォーム工事後の破風板
リフォーム工事後の破風板

屋根の端に取り付けられている破風板は塗装で仕上げました。
外壁と同じ黒で仕上げ、外壁と屋根のデザインがうまくなじむように工夫しました。

シャッターボックスの塗装

リフォーム工事後のシャッターボックス
リフォーム工事後のシャッターボックス

シャッターボックスも黒の塗装で仕上げました。
付帯部も全体との調和を意識し、細かいところまで丁寧に仕上げます。

AFTER

東京都府中市でおこなった、窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングを使用した外壁カバー工法リフォーム工事の完成です!

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

リフォーム工事前の外観 リフォーム工事後の外観

リフォーム工事前と後

以上で、東京都府中市でおこなった、窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングを使用した外壁カバー工法リフォーム工事の完成です!

ベージュカラーの柔らかい印象のジョリパット外壁から、ブラックのシャープ&シックな金属サイディング外壁に様変わりしました。
金属サイディングによるカバー工法は機能だけでなく、外壁の印象も大幅に変える効果があります。
見た目の印象が全く変わる工事であり、まるで新築のような家屋で気分を一新してお過ごしいただけるため、お客様の満足度は外壁塗装よりもはるかに大きい工事です。

屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

府中市と周辺地域のその他工事例

府中市で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 テイガクが府中市で施工した工事事例をご紹介いたします。建築後25年や5…

場所:東京都府中市 日付:2016年10月

府中市で屋根塗装と屋根カバー工法の2つの工事をおこないました。 府中市で屋根塗装と屋根全面改修工事おこなう会社をお探しの方はテイガクにおまかせください。 東京都府中市で金属屋根の塗装工事と屋根カバー工法をおこないました。…

場所:東京都府中市 日付:2019年3月

東京都板橋区のお客さまから、外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。既存の外壁は窯業サイディングでした。窯業サイディングはセメントや繊維を主な材料とした外壁材です。費用対効果や耐火性に優れているという利点があり…

場所:東京都板橋区 日付:2021年5月

府中市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター
東京・埼玉工事センター

東京都府中市でおこなった屋根と外壁のカバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
テイガクは東京都小平市、埼玉県川口市に工事拠点を構える板金工事会社です。
とくに金属屋根・金属サイディングのリフォームを専門としています。
今回ご紹介した金属屋根と金属サイディングのリフォームも、弊社で一括して工事をおこなうことが可能です。
外注はしておりませんので、すべて弊社による自社工事となります。
また、工事は定額料金でご提供しておりますので、ご安心して工事をお任せください。

府中市で屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお問い合わせください。
現地調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

府中市にはすぐに駆けつけることができます!

小平市にあるテイガクの営業所から府中市までは、車で30分で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

府中市周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
  1. 東京都府中市|窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングで外壁カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 東京都府中市でおこなった、窯業サイディングとエスジーエルの金属サイディングを使用した外壁カバー工法リフォーム工事の完成です!
  3. 府中市と周辺地域のその他工事例
  4. 府中市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!
    1. 府中市にはすぐに駆けつけることができます!