NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

千葉県野田市|折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法で改修

更新

千葉県野田市のお客さまから、折板屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場は築35年の工場で、折板屋根から雨漏りが生じていました。
折板屋根は金属の板を折り曲げ、加工した屋根材です。
水はけがよく、低コストで施工できるため、主に工場や倉庫で使用されています。
長尺であるため本来は雨漏りが起きにくい屋根材ですが、35~40年で寿命を迎えるため、定期的なメンテナンスをおこなうことが必要です。

今回はこちらの折板屋根屋根カバー工法にてメンテナンスいたしました。
屋根カバー工法は、既存の屋根材を新規の金属屋根材でカバーすることにより、屋根の機能や耐久性、外観の美しさを回復させる工事です。
今回の工事では、新規の折板屋根で古い折板屋根をカバーしております。

また、工場や倉庫は会社の顔ともいえるため、外観の美しさは重要です。
そのため、屋根の工事にあわせて、外壁のリフォーム工事もおこなっております。
屋根と外壁のメンテナンスを同時におこなえば、工期や工費を抑えることができるため、おすすめです。

テイガクでは、工場や倉庫の折板屋根の上に折板屋根を重ねる工事もおこなっております。
屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

千葉県野田市|折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法で改修

BEFORE

屋根のはじめの状態

工事前の折板屋根
工事前の折板屋根

千葉県野田市のお客さまから、折板屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は工事前の現場屋根の様子です。
築35年の折板屋根は全体的に錆がひどく、穴あき箇所も数十か所確認されました。
とくに紙を扱う工場とのことでしたので、雨漏りが生じていると、工場の営業に支障が出ます。
そのため、今回は雨漏りを完全になくすため、屋根カバー工法にてメンテナンスをおこなう運びとなりました。
屋根カバー工法は、新規の屋根材で古い屋根材をカバーし、屋根としての機能や外観の美しさ、耐久性を回復させる工事です。
今回の工事では、古い折板屋根を新規の折板屋根でカバーしていきます。
折板屋根について詳しくはこちら

屋根カバー工法工事開始

タイトフレームを取り付けた折板屋根
タイトフレームを取り付けた折板屋根

無料お見積りの結果、お客様との契約まで進みましたら工事開始です。
まずは新規の折板屋根を結合させるためにタイトフレームを取り付けます。

断熱材敷き詰め

断熱材を張り付け
断熱材を張り付け

折板屋根には断熱性がないというデメリットがあります。
そのため、室内外の気温差で大量の結露水が発生し、雨漏りのような状態を引き起こす恐れがあります。
そのような事態を防ぐため、一般的にはぺフと呼ばれる断熱材を屋根の裏から張り付け、結露水を防ぎます。
しかし今回は紙を取り扱う工場で施工をおこなったため、断熱対策をよりしっかりおこないました。
断熱材「ぺフ」について詳しくはこちら

折板屋根張り付け①

新規の折板屋根を張り付け
新規の折板屋根を張り付け

断熱材を張り付けたら、その上から新規の折板屋根をとりつけます。
新規の折板屋根の素材は0.6mmのガルバリウム鋼板です。
これを重ねて張っていきます。
折板屋根は、クレーンを使用して屋根まで持ち上げます。
そのため、資材を置くスペースとクレーン車を停めるスペースが必要です。

折板屋根張り付け②

複数の職人さんで張り上げる
複数の職人さんで張り上げる

折板屋根は非常に大きいため、職人さんが2名から3名で協力して張り上げていきます。

折板屋根ビス留め

ビスで固定されたケラバ
ビスで固定されたケラバ

写真は屋根のケラバ部分です。
ケラバ部分や棟部分に取り付けている板金は風で飛散する恐れがあるため、しっかりとビスで固定します。

棟板金取り付け

ビスで固定された棟板金
ビスで固定された棟板金

屋根と屋根が取り合う(つながる)部分である棟は、雨漏りの原因となりやすい場所です。
そのため、棟板金と呼ばれる板金を取り付けて雨仕舞します。
棟板金もしっかりとビスで固定し、めくれや飛散が起きないように処置します。
これで屋根カバー工法による屋根のリフォームが完成です!
今後数十年雨漏りせず、見た目にも美しい屋根に仕上がりました。
棟板金について詳しくはこちら

外壁の様子

工事前の外壁
工事前の外壁

続いて外壁メンテナンスの様子をご紹介いたします。
写真は現場外壁の様子です。
外壁も劣化を放置していると雨漏りにつながることがあります。
また、倉庫や工場の外観は会社の顔ともいえる重要な部分であるため、その点でも劣化を放置しているのはよくありません。
今回はこちらの外壁も、新規の金属サイディングでカバーし外壁としての機能や外観の美しさを取り戻す、外壁カバー工法によってメンテナンスをおこないました。

角波ガルバリウム鋼板張り付け

ガルバリウム鋼板製の角波サイディング
ガルバリウム鋼板製の角波サイディング

外壁カバー工法では、まず旧外壁に胴縁と呼ばれる建材を取り付けます。
胴縁によって通気層をつくり、外壁内の湿気を適切に排出することができます。

胴縁を取り付けたら、その上からガルバリウム鋼板製の角波サイディングを取り付けていきます。
ガルバリウム鋼板について詳しくはこちら

外壁と庇の様子

工事後の外壁と庇
工事後の外壁と庇

カバー工法によって新しく生まれ変わった外壁と庇の様子です。
外壁と屋根がよく調和し、綺麗に仕上がりました。
外壁・屋根としての機能は回復し、耐久性も格段に上がっています。
庇について詳しくはこちら

AFTER

千葉県野田市でおこなった、折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法リフォーム工事が完成です!

工事後の折板屋根と外壁
工事後の折板屋根と外壁

以上で、千葉県野田市でおこなった、折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法リフォーム工事が完成です!

はじめ錆や穴あきによって雨漏りしていた屋根は、折板屋根でカバーしたことにより、雨漏りせず、外観も美しい屋根へと生まれ変わりました。
きっと工場での作業効率も向上するでしょう。
外壁も角波ガルバリウム鋼板でカバーしたことによって美しく生まれ変わり、会社の顔としてふさわしい外観となりました。

テイガクでは、工場や倉庫の折板屋根の上に折板屋根を重ねる工事もおこなっております。
屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

千葉県野田市と周辺地域のその他工事例

千葉県野田市にお住まいの方より、「屋根と外壁の劣化が気になるので点検してほしい」とご相談をいただきました。 カバー工法によるパミール屋根のリフォームと外壁塗装を同時におこないましたので、その施工内容をご紹介します。 屋根…

場所:千葉県野田市 日付:2019年11月

野田市で雨漏り修理業者、屋根リフォーム工事会社をお探しのお客様はテイガクにご相談ください。カバー工法・ガルバリウム鋼板重ね葺き・葺き替え等に対応している施工店です。 千葉県野田市在住のお客様から瓦屋根の雨漏りに関するご相…

場所:千葉県野田市 日付:2016年9月

東京都江東区のお客さまから、東京湾が一望できる工場倉庫屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。工場は築40年が経過しており、もとの屋根にはアスベスト入りの波型スレートが使用されていました。波型スレートはセメント…

場所:東京都江東区 日付:2021年9月

千葉県野田市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

京葉工事センター
京葉工事センター

ここまでご閲覧ありがとうございました。
テイガクでは工場の屋根工事も承っております。
大型建築物の屋根、そして外壁の工事は、事前の打ち合わせや建物周りの環境確認がとても大切です。
テイガクでは、こような大型建築物の屋根・外壁工事の実績もありますので、倉庫や工場の屋根・外壁改修工事をお考えのお客様はぜひテイガクにご相談ください。
現地調査からお見積りは無料です。

野田市にはすぐに駆けつけることができます!

テイガクの京葉工事センターから野田市までは、車で1時間で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

野田市周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 千葉県野田市|折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法で改修
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 千葉県野田市でおこなった、折板屋根に折板屋根を被せるカバー工法リフォーム工事が完成です!
  3. 千葉県野田市と周辺地域のその他工事例
  4. 千葉県野田市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!
    1. 野田市にはすぐに駆けつけることができます!