NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

東京都江東区 | 折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法

公開

東京都江東区のお客さまから、東京湾が一望できる工場倉庫屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
工場は築40年が経過しており、もとの屋根にはアスベスト入りの波型スレートが使用されていました。
波型スレートはセメントと繊維素材からできた屋根材です。
また、軒先は曲げ板と呼ばれるR型の軒先部材が取り付けられていました。
やはり築40年ということもあり、この波型スレート屋根全体に色褪せ、色むらなどの劣化が生じていました。
このような工場倉庫屋根の劣化を放置して、万が一雨漏りにつながれば、工場倉庫の営業に支障が出てしまいます。
そのため、既存屋根を残して新規の折板屋根でカバーすることにより屋根の機能性を取り戻す、「屋根カバー工法」によりメンテナンスをおこないました。

アスベスト入り工場屋根のメンテナンスは、アスベストの性質により、撤去や効果の問題があるため、葺き替え、塗装ではなく、カバー工法が基本です。
カバー工法で工場倉庫屋根のメンテナンスをおこなえば、既存の屋根材が残ったまま工事をおこなうことができるため、工場倉庫の営業を止めることなく工事をおこなうこともできます。

注意点として、折板屋根はクレーンで持ち上げて施工するので、工事をおこなうためにはクレーンや資材を置くための十分なスペースが必要です。クレーン車や建材などを置くスペースが確保できれば、速やかに、かつ安価で工事をおこなうことができます。

その他、鼻隠し部(雨どいの裏にある軒先部分)は板金でカバーしたり、害鳥の侵入を防止するため折板屋根に面戸板金を取り付たり、明り取り用にクリア波型ポリカを取り付けたりするなど、細かな部分の施工も丁寧におこないました。

テイガクは、戸建て住宅の屋根はもちろん、工場や倉庫などの大規模建築物の屋根工事もご提供できる技術を持つ板金工事会社です。
工場や倉庫の屋根・外壁でお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。

東京都江東区 | 折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法

BEFORE

屋根のはじめの状態

はじめの状態
工場倉庫屋根の工事開始時

東京都江東区のお客さまから、東京湾が一望できる工場倉庫屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は、工場倉庫屋根の工事開始時の様子です。
既存の屋根にはアスベスト入り波型スレートが使用されていました。
波型スレートは主にセメントからできている屋根材で、波打ったような形をしています。 2004年以前の製品にはアスベストが含有されています。
やはり築40年ということもあり、このスレート屋根全面に色むらや色褪せなどの劣化が見られました。
このままの状態を放置していると、屋根材がさらに劣化し、雨漏りなどの決定的な不具合につながるおそれがあります。工場倉庫屋根で雨漏りしてしまえば、営業に支障も出かねません。

このような状態であったため、「屋根カバー工法」によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。
「屋根カバー工法」は、既存の劣化した屋根材を新規の金属屋根材でカバーすることで、屋根の機能や外観の美しさを取り戻す工事です。

足場設置

足場を組む
足場を組む

無料お見積りの結果、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
まずは安全な工事のために足場を組みます。
工場倉庫屋根では、工事中でも通常営業が可能になるように、足場の設置を工夫することが多いです。
「屋根カバー工法」では既存の屋根を使用したまま工事を進めることになるため、 室内も施工前と変わらず使用することができます。

クレーン車や資材のスペースについて

クレーンのスペース
クレーンのスペース

カバー工法に使用する折板屋根は尺が長いため、クレーン車で持ち上げて施工をいたします。
そのため工場倉庫の屋根をリフォームする際は、クレーン車や資材を置くための十分なスペースが必要です。
逆に、 クレーン車や資材を置くスペースが確保できれば、速やかに、また安価で工事をおこなうことができます。

軒先部材撤去

曲げ板撤去
曲げ板撤去

軒先には「曲げ板」と呼ばれるR型(曲線形)の軒先部材が取り付けられていました。
カバー工法をおこなうために、この部材はすべて撤去しました。

軒先部材撤去後

曲げ板撤去後
曲げ板撤去後

軒先部材をすべて撤去したときの様子です。
このあと折板屋根を取り付けてカバーしていきます。

折板屋根取り付け

折板屋根取り付け
折板屋根取り付け

屋根面をカバー工法可能な状態にととのえたら、新規の折板屋根で旧屋根面をカバーしていきます。
折板屋根は、金属を波型に折り返した形状の排水性や強度に優れた屋根材です。
「屋根カバー工法」では、このように劣化した旧屋根材を新規の機能性の高い金属屋根材でカバーすることにより、屋根の機能や外観の美しさを取り戻します。

折板屋根は熱を吸収し膨張した際、また激しい雨が吹き付けた際に音が響きやすいですが、営業中の工場倉庫は作業のによる大きな音が響いていることが多いので、大きなデメリットにはなりません。

今回は1000㎡を超える屋根面の施工をおこないましたので、6名の職人さんで工事を進めました。

折板屋根で屋根カバー工法を行う改修方法と改修費用のポイント

クリア波型ポリカ取り付け

クリア波型ポリカ
クリア波型ポリカを取り付け

屋根面のすべてを折板屋根で覆ってしまうと、倉庫内が暗くなってしまいます。
そのため写真のように、折板屋根にあわせて明り取り用のクリア波板ポリカを取り付けました。
テイガクでは、お客さまの状況に合わせた細やかな施工をおこないます。

ケラバの様子

雨どい金具
ケラバ板金を金物で固定

屋根の端で、軒ではないほうを「ケラバ」といいます。
ケラバは紫外線や雨水の吹き込みを抑え、建物を守る重要な部分です。
ただし、屋根の端であるため、風や雨の影響を受けやすい部分でもあります。
そのためケラバ板金が飛ばされないように、金物でしっかり固定していきます。

軒の様子

鼻隠し 板金でカバー
鼻隠し 板金でカバー

ケラバと異なる方の屋根の端にあたる「軒」には雨どいを取り付けます。
また 雨どいの裏に取り付ける「鼻隠し」は雨どいを固定するとともに、中の建材を劣化から守る働きがあります。
鼻隠しは年月とともに劣化しやすいため、板金で丁寧にカバーしました。

また軒先部分や棟部分には、鳥などが入り込まないように「面戸板金」と呼ばれる部材を取り付けます。

雨どい取り付け

雨どい
雨どい取り付け

鼻隠し部を板金でカバーしたら、雨どいを取り付けていきます。
工場倉庫屋根の広い面積の雨水を受けるため、一般家庭で使用するものよりも大きな雨どいを取り付けます。

屋根リフォームとオプション工事の料金について詳しくはこちら

AFTER

東京都江東区でおこなった、折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!

完成
折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法リフォーム工事が完成

最後に屋根の中心を通る「棟」に棟板金を取り付ける、雨仕舞(雨漏り防止処置)を施して、 東京都江東区でおこなった、折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!

劣化した波型スレートを新規の折板屋根でカバーすることにより、屋根としての機能が回復し、見た目にも美しい工場倉庫屋根が完成しました。
今後長い間、雨漏りに悩まされることなく営業を続けることができます。

テイガクは、戸建て住宅の屋根はもちろん、工場や倉庫などの大規模建築物の屋根工事もご提供できる技術を持つ板金工事会社です。
工場や倉庫の屋根・外壁でお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

江東区と周辺地域のその他工事例

東京都江東区にお住まいのお客さまから、外壁と屋根の劣化についてご相談をお受けしました。 現場の屋根は築後13年が経過しており、外壁と屋根には色あせや汚れといった経年劣化が発生していました。 ただし、外壁と屋根どちらも、致…

場所:東京都江東区 日付:2020年7月

江東区で雨漏り屋根の修理や屋根リフォーム工事会社をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 【完全定額制】で屋根リフォーム見積りを作成いたします。 東京都江東区にお住まいのお客様から屋根リフォーム工事のご注文をい…

場所:東京都江東区 日付:2015年10月

横浜市鶴見区のお客さまから、工場屋根のリフォームについてご相談をいただきました。もともと使用されていた屋根材は「波型スレート」と呼ばれるものです。主にセメントからできており、波打ったような形をしています。現場調査の段階で…

場所:神奈川県横浜市鶴見区 日付:2021年09月

東京都江東区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター

ここまでご閲覧ありがとうございました。
テイガクでは工場の屋根工事も承っております。
今回のような波型スレート屋根のうえに金属屋根を被せるカバー工法は実績もたくさんあり、弊社創業当時から長くおこなっている工事です。
工場屋根の雨漏りや耐久性の維持については、是非テイガクにご相談ください。
現地調査からお見積りは無料です。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 東京都江東区 | 折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 東京都江東区でおこなった、折板屋根による工場倉庫の屋根カバー工法リフォーム工事が完成です!
  3. 江東区と周辺地域のその他工事例
  4. 東京都江東区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!