NEWS お知らせ

・2022年5月 フッ素塗膜鋼板の在庫状況について
・2022年4月 金属屋根と金属外壁の値上がりについて
・2022年3月 構造用合板の値上がりについて

東京都世田谷区|カバー工法によるパミール屋根リフォーム

更新 公開

東京都世田谷区にお住まいのお客様から、パミール屋根のリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後14年が経過したスレート屋根で、屋根材にはパミールが使われています。 屋根材の下端はバラバラに剥がれてしまっており、周囲に破片が飛び散ってしまっています。 このまま屋根材を放置してしまうと、屋根の他部材にも不具合が発生する原因となってしまい、最悪の場合は雨漏りや屋根材の飛散が起きてしまう可能性がありました。 そのため、今後屋根についてお悩みすることがないよう、カバー工法による屋根全体のリフォームをおこないました。 世田谷区にお住まいの方で、屋根のリフォームをご検討されている方はテイガクへお気軽にお問い合わせください。

世田谷区でおこなったカバー工法(重ね葺き)による屋根リフォーム

東京都世田谷区にお住まいのお客様からいただいたパミール屋根のカバー工法リフォームをご紹介いたします。
現場のパミール屋根は、経年劣化が進行しており、屋根材の剥離が発生しています。
屋根材の剥離がはじまってしまうと、雨水の侵入や屋根材を打ち付けている鉄釘の腐食など、他の屋根部材に不具合をおこす原因となってしまうことがあります。
今後屋根についてご心配されることがないよう、カバー工法による屋根全体のリフォームをおこないました。
世田谷区で屋根リフォームをご検討されている方は、テイガクへお気軽にご相談ください。

BEFORE

現場調査 屋根材の劣化

現場調査 屋根材の劣化

東京都世田谷区にお住まいのお客様より、スレート屋根リフォームのご相談をお受けしました。
現場の屋根にはニチハ株式会社のパミールが使用されていました。
築後14年が経過したパミールは、屋根材の下端に剥離が発生してしまっていました。
これはパミールを使用した屋根で起きることが多い、特徴的な不具合です。
屋根材の剥離によって、軒先や庭などに屋根材の破片が落ちてくるようになってしまいます。
剥離が始まってしまうと、塗装による補修は意味をなさないため、カバー工法または葺き替えによる根本的な屋根リフォームをおこなうことが望ましいです。

パミールについて詳しくはこちら

現場調査 棟板金の鉄釘浮き

現場調査 棟板金の鉄釘浮き

屋根の棟に取り付けられている棟板金の画像です。
棟板金を下地に打ち付けている鉄釘が浮いてしまっています。
鉄釘が浮き上がると棟板金が固定されず、ぐらつくようになってしまい、強風によって変形したり、吹き飛ばされてしまったりします。
鉄釘が浮き上がってしまう原因としては、鉄釘自体が錆びて固定する力を失っているか、貫板(ぬきいた)と呼ばれる木製下地が腐食して鉄釘が浮き上がってしまっているなどが考えられます。

パミール屋根のリフォーム

パミール屋根のリフォーム

屋根材としてパミールの素材には問題があり、築後10年以上が経って不具合が発生した場合には、カバー工法によるリフォームか、葺き替えをおこなう必要があります。
今回の現場ではすでにパミールに大きな劣化が現れており、このまま放置してしまうと、野地板(のじいた)と呼ばれる下地が劣化してしまい、カバー工法ができなくなってしまう可能性がありました。
一般的に葺き替えはカバー工法より工事費用が高額になってしまうため、野地板が劣化するまえにカバー工法リフォームをおこなうことで費用を抑えることができます。
そのため、屋根全体の劣化が進行してしまう前に、カバー工法による屋根リフォームをおこなうことになりました。

カバー工法について詳しくはこちら

屋根リフォーム着工

屋根リフォーム着工

お客様からカバー工法による屋根リフォームのご発注をいただき、工事が開始しました。
カバー工法によるリフォームでは、はじめに棟板金の取り外しをおこないます。
棟板金を固定するための下地である貫板(ぬきいた)も同様に取り外します。
今回の現場では屋根に雪止め金具が取り付けられていたため、こちらも切断します。
屋根全体を平面にしてから、次の工程に進みます。

下葺き材(したぶきざい)を敷く

下葺き材(したぶきざい)を敷く

下葺き材はルーフィングシートとも呼ばれ、屋根材の下に敷く防水シートです。
今回は田島ルーフィング株式会社の「タディスセルフカバー」を使用しました。
「タディスセルフカバー」は粘着式の下葺き材です。
シートの裏側がシールになっており、屋根材に釘やタッカーで穴をあけずに貼ることができます。
粘着式の下葺き材は、屋根材が大きく劣化している場合に効果的で、屋根全体をシートで押さえつけることができます。

ルーフィングについて詳しくはこちら

金属屋根取り付け

金属屋根取り付け

下葺き材の上から金属屋根を取り付けます。
今回はアイジー工業株式会社のスーパーガルテクトを使用しました。
スーパーガルテクトは、金属屋根の素材として使われることが多いガルバニウム鋼板を改良した、SGL鋼板という素材を使用しています。
従来のガルバニウム鋼板と比べ、耐食性能が3倍強あります。
表面塗膜の劣化についても20年のメーカー保証が付与されており、現在製造されている金属屋根の中でも耐久性にとても優れた屋根材です。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

下屋根の施工

下屋根の施工

下屋根(げやね)にも同様にカバー工法によるリフォームをおこないます。
下葺き材を貼り、スーパーガルテクトを張り付けます。
下屋根は外壁部との取り合いがあるため、丁寧に雨仕舞処理を施します。

AFTER

世田谷区のパミール屋根カバー工法リフォームが完成です!

世田谷区のパミール屋根カバー工法リフォームが完成です

東京都世田谷区でおこなったカバー工法リフォームが完成しました。
もしご自宅の屋根にパミールが使われている場合には、経年劣化に注意をする必要があります。
パミールの劣化は目で見てわかるものが多いです。
屋根材の下端が白く染みのように変色していたり、苔や藻、カビがいたるところに生えていたり、ぼろぼろに剥がれてしまっていたりする場合は屋根のリフォームを検討されることをお勧めいたします。
テイガクでは、屋根の劣化状況について現場調査による状態のご説明や、リフォームのお見積もりまでは無料で承っております。
世田谷区で屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへご相談ください。

世田谷区と周辺地域のその他工事例

世田谷区でアパートの屋根修理、雨漏り修理を施工致しました。集合住宅で雨漏りが発生しているため、早急なご対応が必要で、お問い合わせいただいた翌週に施工を開始いたしました。 テイガクではアパート 雨漏り屋根のトラブル のポイ…

場所:東京都世田谷区 日付:2015年1月

世田谷区で行った屋根葺き替え工事例をご紹介します。 古く重い屋根瓦を張り替えるリフォーム工事はテイガクにお任せください。 お見積りご相談は無料です。 東京都世田谷区にある瓦屋根のお宅のリフォーム工事を行いました。建築後5…

場所:東京都世田谷区 日付:2018年3月

東京都世田谷区でおこなった屋根リフォーム工事をご紹介します。既存の屋根はコロニアルです。このご自宅は屋根の広小舞(ひろこまい)部分が幅広く露出しており、劣化が進行しています。広小舞は通常、2センチから3センチ程度露出する…

場所:東京都世田谷区 日付:2018年7月

世田谷区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

東京都世田谷区でおこなったパミール屋根カバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
パミールは素材自体に問題を抱えてしまっており、築後10年ほど経過すると不具合が発生しやすい屋根材です。
パミールに不具合が発生している場合は、カバー工法によるリフォームをテイガクではお勧めしております。
テイガクは東京都杉並区に本社を構える、屋根修理専門の板金工事会社です。
世田谷区までは車で20分ほどで駆けつけることができます。
屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積もりまでは無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 世田谷区でおこなったカバー工法(重ね葺き)による屋根リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 世田谷区のパミール屋根カバー工法リフォームが完成です!
  3. 世田谷区と周辺地域のその他工事例
  4. 世田谷区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!