世田谷区 雨漏り瓦屋根の葺き替えリフォーム-定額屋根修理

世田谷区で行った屋根葺き替え工事例をご紹介します。 古く重い屋根瓦を張り替えるリフォーム工事は定額屋根修理にお任せください。 お見積りご相談は無料です。

DATA
施工実施日 2018年3月
地域 東京都世田谷区
お施主様 H様邸
屋根工事種別 金属屋根への屋根葺き替え工事

世田谷区で行った屋根葺き替え工事

東京都世田谷区にある瓦屋根のお宅のリフォーム工事を行いました。
建築後50年以上が経過した屋根です。
代表的な日本家屋の戸建て住宅です。
瓦屋根自体はとても耐久性が高い屋根材です。
しかし、築年数が経過するとともに家の躯体(骨組み)そのものも老朽化していきますので、徐々に瓦屋根の重さが負担となってきます。
近年、日本各地で大きな地震が続いていることもあり、耐震性に不安を抱えられた施主様が屋根材の中で最も軽い屋根材である金属屋根への葺き替えをご希望されるケースが多いです。
今回の世田谷区のお客様も同様のお問い合わせでした。
定額屋根修理の世田谷区の屋根リフォーム一覧はこちら

 

東京都世田谷区 雨漏り調査

東京都世田谷区 雨漏り調査世田谷区にお住いの施主様からお問い合わせをいただきました。
リフォーム前に行った事前調査の様子です。
新築時より一度も手入れされていないという事で、瓦の下に敷いている防水材もすっかり劣化していました。
何十年も替えられる事のなかった防水材はすっかり防水性を失い、
屋根裏には屋根材を透過して長年雨漏りしている様子が伺えます。
屋根裏は屋内の湿気や熱を集まりますので雨漏りが続くと建材にカビが生えてしまいます。

↓

既存の瓦屋根

既存の瓦屋根瓦は昔からの住宅に流通の多いJ型のいわゆる和瓦でした。
パッと見にはわかりにくいかと思いますが、棟瓦が歪み、漆喰にもところどころ割れやカビが見受けられました。今回のリフォーム工事ではこの瓦屋根を剥がして金属屋根に葺き替えます。
陶器瓦の葺き替え工事について詳しくはこちら

↓

瓦のズレ

瓦のズレ瓦自体は耐久性が高いため、パッとみた印象で屋根全体的には綺麗に見えている場合にも、
地震などの影響でのし瓦がずれていたり、棟瓦がゆがんでいたり、隙間を埋めている漆喰に割れが生じてきたり、カビが生えてきたりしています。。

↓

足場の組み立て

足場の組み立てリフォームの開始です。
まずは家全体を囲むように足場を作り養生をします。
足場の組み立て工事は半日で終わります。

↓

まずは瓦の撤去を

まずは瓦の撤去を瓦屋根は化粧スレート屋根のリフォームとは異なり、直接上に新しい屋根を張ることはできません。
まずは既存の屋根瓦を取り外すところからリフォームが始まります。
機械は使えないためひとつひとつ根気よく撤去していきます。
瓦はひとつでも3キロ近い重さがあります。一坪あたりに換算すると160kgにもなるといわれ躯体の古くなった家には相当な負担がかかっています。

↓

瓦の撤去完了!

瓦の撤去完了!すべての瓦を取り外しました。
下地や瓦浅木もかなり傷んでしまっている様子がわかります。
野地板に使われていた杉板ももろもろと崩れてきていました。
余分なゴミを取り払いこの上に新しい野地板を張っていきます。

↓

野地板張り

野地板張り新しい野地板が張りおわり以前の傷んだ屋根がすべて覆われました。
この上に新しい防水シートを張っていきます。

↓

防水シート

防水シート新しい防水シートは田島ルーフィング社の「PカラーEX+」です。
一般的に多く流通しているものよりも耐久年数が長いため、今後のメンテナンスが楽になります。
防水シートは家の完成後は見えなくなる事もあり工費を抑えるため工務店の意思で安価なものが使われがちです。
しかし、屋根は防水シートによって守られているといっても過言ではないため絶対に軽視してはなりません。
ご自身で今後行わなければならないメンテナンスの目安を知るためにも、必ずどの製品を使っていて耐久年数がどのくらいあるのか確認することをお勧めします。

↓

立平葺きとは

立平葺きとは今回採用されたのは立平葺きという張瓦棒の棒を無くしたシンプルな屋根です。
定額屋根修理の工事実績では「成型ガルバリウム鋼板」「瓦棒葺き」に次いで3番目に多い屋根です。
2位の「瓦棒葺き」と3位の「立平葺き」が入れ替わる勢いで「立平葺き」の現場が増えています。
施工現場に合わせた長さや形に屋根を工場であらかじめカットし現場に持ち運んで施工します。
工場ですでにカットされているため現場での手間がかからず工期も短く済ませる事が可能です。

↓

棟下地の取り付け

棟下地の取り付け屋根材を張り終えたところです。
メーカー製品と雰囲気が少し異なりますよね。
つるっとしてモダンな印象を与えるためデザイン性の高いお宅などによく採用されています。
次に棟下地を取り付けて棟板金を設置します。
定額屋根修理では棟下地に木材ではなく劣化に強い樹脂素材のものを使用しています。。

↓

棟板金の取り付けと仕上げ

棟板金の取り付けと仕上げ棟板金も屋根本体と同じ、「スーパーガルバリウム鋼板」と呼ばれる素材を用いています。
棟板金の取り合い部分からの浸水を防ぐためシーリングで隙間を埋める処理を施します。

↓

AFTER

世田谷区の屋根葺き替え工事完成

世田谷区の屋根葺き替え工事完成
すべての工程が完了しました。
瓦屋根に比べガルバリウムは1坪20㎏程度とかなり軽量なのでこれで家への負担も激減すると思います。
瓦屋根に比べて隙間がないため害鳥害獣にお悩みの方にも金属屋根はおすすめです。
その他 事例

世田谷区のその他の屋根工事例

世田谷区で行った方形屋根のカバー工法リフォーム
世田谷区で屋根のリフォーム工事を行いました。
既存の屋根はコロニアルで建築後35年が経過しています。
某有名建築家が設計された木造戸建て住宅です。
屋根の形は方形屋根です。
方形屋根は建物の敷地が正方形の場合に形成される寄棟屋根のひとつです。…続きを読む
日本瓦風金属屋根へのカバー工法
世田谷区 屋根修理世田谷区でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
既存はコロニアル屋根で劣化損傷具合が進行しているため、葺き替えもしくはカバー工法の二つの方法で、リフォームのお見積もりを提出させていただき、カバー工法でのリフォームをご採用いただきました。屋根瓦はお施主様のご希望があり、日本風瓦の形状の屋根材をご指定いただきました。…続きを読む

世田谷区の屋根リフォーム工事は定額屋根修理にお任せください

東京都世田谷区で行った屋根リフォーム工事例をご紹介しました。
定額屋根修理は金属屋根の工事を専業とするリフォーム会社です。
今回ご紹介したようなコロニアルの上に金属屋根を被せて張る屋根カバー工法のリフォーム工事は定額屋根修理が得意とする工事のひとつです。
直接工事の強みを活かして低価格&高品質の工事をお客様にご提供いたします。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

川崎市麻生区の屋根リフォーム