【その業者さんケチってませんか?】アスファルトルーフィングの種類【低品質から高品質】

ブログ | 2016.07.22

ルーフィングシートとは屋根本体の下に敷く防水シートのことです。
屋根下葺き材とも呼びます。
定額屋根修理の施工例で必ず登場する建築資材です。
屋根修理方法 施工例一覧はこちら

屋根の下に敷くシートなので、一般に施主や建築主の興味が薄く、多くの場合、施工会社や設計会社の指定するシートを使用することがほとんどです。
しかし、このルーフィングシートは屋根材と同じ、もしくは屋根材以上に「超」重要な建材です。
そして、ルーフィングシートはさまざまなタイプの製品が販売されています。
今回はルーフィングシートについて詳しく解説いたします。
ルーフィングシートの種類

1.ルーフィグシート(防水シート)とは

1-1.「アスファルト」が語句の頭に付く建材について

ルーフィングシートとは、屋根仕上げ材の下に敷く、防水シートのことです。
主な原料は「アスファルト」です。(※一部、高分子系ルーフィングと呼ばれる原料が異なるルーフィングシートがあります。)

よくお客様にルーフィングシートの話をする際、「アスファルトルーフィング」、「改質ゴムアスファルトルーフィング」、「アスファルトシングル」、「アスファルトフェルト」の違いを問われます。
頭に「アスファルト」が付くので、ごっちゃになりやすいのですが、この4点は全く異なる建築材料です。

アスファルトルーフィング・・・広く用いられているルーフィングシート(屋根の防水シート)です。ルーフィングシートの中ではグレードが低く、施工後約10年で耐久性が大幅に低下します。「アスファルトルーフィング940」と呼ばれるタイプの製品が最も流通しています。新築で購入した住宅屋根の多くは「アスファルトルーフィング940」を使用しています。

改質ゴムアスファルトルーフィング・・・耐久性の高いルーフィングシートです。「改質アスファルトルーフィング」や「ゴムアス」、「ゴムアスファルトルーフィング」とも呼ばれます。定額屋根修理が価格表で提示しているルーフィングシートは「改質ゴムアスファルトルーフィング」を使用します。

アスファルトシングル・・・屋根仕上げ材の一種。シート状になった屋根材。アスファルトシングルについて詳しくはこちら

アスファルフェルト・・・外壁の下葺き材。

コロニアル直張りルーフィングシート

1-2.雨漏りの原因はルーフィングシートの破れ

雨水を防ぐために、二つの対策を講じます。

ひとつは屋根本体や板金処理の雨仕舞です。
水の流れを読み、雨が建物内部に浸水しないよう、排水を図ります。
一次防水と呼びます。

しかし、屋根本体だけで、雨水を防ぐには限界があります。
実際、コロニアルは水が浸透しやすい素材です。
お客様も、水を含んで苔が生えたコロニアル屋根を見かけたことがあるはずです。
もちろん、これはコロニアルに限った話ではありません。
雨水が四方八方から降ったり、なんらかの形で逆流した場合、ガルバリウム鋼板や陶器瓦でも、内部への浸水を防ぐことはできません。
そこで、防水シートや防水テープ、防水塗料を使用します。
最終的に水が浸透しないルーフィングシート(防水シート)が屋根の雨漏りを防いでくれます。
これを二次防水と呼びます。
つまり、雨漏りの原因はアスファルトルーフィング(防水シート)の破れとも言えます。
ルーフィングシートの劣化

2.アスファルトルーフィング(防水シート)の種類

実際に、多くの住宅メーカーやディベロッパー、設計者、現場監督、職人はルーフィングシートにこだわりを持っていません。
施工費用をいかに安く抑えるかが最も重要だからです。
仕上がりが目に見えないため、お客様の関心が低いこともあります。
施工側、設計側からしてみれば、新築後、瑕疵担保責任がなくなる10年さえ経過すればいいのです。

しかし、ルーフィングシート(屋根の防水シート)は最終的に雨漏りを防ぐ、「超」重要建築材です。
ルーフィングシート最大手の田島応用化工株式会社では、17種類ものルーフィングシートを取り扱っています。
それぞれ価格設定が異なり、一般的に高価格なものほどハイグレード製品です。

アスファルトルーフィング940

2-1.アスファルトルーフィング940とは

標準的に屋根の防水シートとして利用されるものは「アスファルトルーフィング940」です。
940を省いて「アスファルトルーフィング」とも呼びます。
940とは単位面積質量のことで、その他に1500があります。
「アスファルトルーフィング940」は数あるルーフィングシートの中でもグレードが低いものに位置します。
設計事務所や大手住宅メーカー、建売住宅の屋根の防水シートは特に事前説明がない限りこの「アスファルトルーフィング940」を使用しているでしょう。

「アスファルトルーフィング940」は約10年で大幅に耐久性能が低下します。
下記の表はメーカー自身が公開しているデータです。
データでは7,8年で耐久性が著しく低下しています。
自社製品の調査結果であるため、信頼性の高いデータです。
参考:田島応用化工株式会社

アスファルトルーフィング経年劣化

2-2.改質ゴムアスファルトルーフィング

「改質ゴムアスファルトルーフィング」は高温時、低温時において優れた耐久性があるルーフィングシートです。
従来の「アスファルトルーフィング」と比べ寿命が長く、一般的に20年から30年と言われています。
「改質アスファルトルーフィング」、「ゴムアスファルトルーフィング」、「ゴムアス」とも呼ばれます。

定額屋根修理が使用するルーフィングシートは原則、改質ゴムアスファルトルーフィングです。
もちろん、価格表による設定も改質ゴムアスファルトルーフィングを使用した金額になっています。
定額屋根修理 屋根修理費用 価格表 参照

もし、これから新しく屋根を葺いたり、リフォームを行う予定のある方は、必ずルーフィングシートは「改質ゴムアスファルトルーフィング同等以上の品質製品」を使用してください。

改質アスファルトルーフィング

2-3.マスタールーフィング

最高品質のルーフィングシートをご紹介します。
田島応用化工株式会社のマスタールーフィングです。
60年近い耐久性が期待できます。
耐久性の高い一次防水の屋根材と併用することで、屋根全体の耐久性能が高まり、長期わたりる改修・維持・管理にかかるメンテナンスコストを軽減できます。
20年から30年のスパンではなく、50年から60年のスパンで屋根のリフォームを計画したい読者の方にはおススメのルーフィングシートです。

マスタールーフィング

2-4.粘着層ルーフィングシート

粘着シールが片面に施されたルーフィングシートです。
「粘着層ルーフィングシート」と呼びます。
使用する屋根材(上葺材)の設計基準よりも緩勾配での施工を余儀なく行う場合や、崖上等の立地で常時強風が吹いているような悪条件の現場の場合等、特殊なリフォームのケースで使用します。

粘着ルーフィング

2-5.その他のルーフィングシート

その他、たくさんのルーフィングシートがあります。

合成ゴムや合成樹脂を主原料とした「高分子系ルーフィング」があります。
「高分子系ルーフィング」は改質アスファルトルーフィングと同等の耐久性能がありながら、重量が1/3と軽量であるのが特徴です。
複雑な屋根の場合、うまくルーフィングシートを張れない場合があります。
そのような施工現場では、シートの張り直しができる「遅延型粘着層ルーフィングシート」を使用します。
遮熱機能が備わったシート、緩勾配(屋根の角度が低い)用や夏用・冬用の粘着層シート、和瓦(陶器瓦)専用のシートなどがあります。
このように、ルーフィングシートは使用する屋根の環境や目的に応じて、使い分けることが大切です。

高分子ルーフィング

3.ルーフィングシートを施工する際の注意点

定額屋根修理の現場監督が特に注意している施工上のポイントを解説します。

3-1.水下から水上に向かって張る

当然のことですが、水下から水上に向かって張ります。
過去、雨漏りのご相談をいただいたお客様の現場で、屋根を剥がすとシートを反対方向に張っていた不良現場がありました。
ルーフィングシート張り方

3-2.ルーフィングシートを重ねる幅

平部の重ね幅は水平方向に100mm以上、垂直方向は200mm以上重ねます。
重ね幅もお客様の屋根の状況によって、余分に厚みをもたせるなど、適宜調整します。
ルーフィングシートの重ね張

3-3.タッカーの浮き

ルーフィングシートの下地が構造用合板の場合、通常、タッカー(ホッチキスの芯)でシートを固定します。
屋根は水平にはなっていないので、タッカーを直角に打ち付けることができず、少しタッカーが浮いてしまうことがあります。
この浮いた部分から雨が侵入する恐れがあります。
一方、強く打ちすぎすると、今度はシートを痛めてしまい破れの原因になります。
タッカーの芯ひとつにも、職人の技術力が問われます。

ルーフィングシートのタッカー

3-3.雨が漏れやすい部位への配慮

一般的な建物の屋根(切妻屋根)において屋根の平面部から雨漏りすることはほとんどありません。
多くは、屋根の谷部や棟、下屋根と壁の取合い部において雨漏りが生じます。
このような部位にはルーフィングシートの施工方法を考慮する必要があります。

例えば、シートを2重、3重に重ねて張ることは効果的です。
雨水が滞留しやすい緩勾配の屋根には、緩勾配用ルーフィングに変更したり、天窓には天窓専用の防水テープを張るなどの適切な対処を施します。

また、ルーフィングシートを張った直後に雨が降った場合、下地とシートの吸着が不安定なため、雨漏りの恐れがあります。
定額屋根修理ではシートを張った状態で現場を離れる場合、タッカーや釘を使用した後、テープで固定することを心がけています。
ルーフィングシートの雨漏り

3-4.メーカーが推奨するシートの使用

屋根材によってはメーカー指定のルーフィングシートを使用します。
メーカー指定の製品でなければ、保証対象にならない場合があるからです。
既存のコロニアルがアスベスト含有しているかいないかで、メーカーが指定するシートが異なることもあります。

ノアガード2

5.目に見えないところこそ、注意が必要

特に施工業者から、図面や仕様書、見積書に何も指定されていない場合はアスファルトルーフィング940である可能性があります。
コストダウンの対象になっているかもしれません。

ルーフィングシートのグレードは平米単価、数百円で変わります。
実はとってもコストパフォーマンスがいい建築材料です。

40年、50年、安心できる住まいづくりのためにも、ルーフィングシートの品質には念入りにご検討ください。
もちろん、施工業者が使用する、シートの商品名や材質などは工事が始まる前に確認しましょう。
また、工事中の様子は施工業者に必ず写真を撮ってもらいましょう。
屋根仕上げ材が張られてしまうとシートの施工状況は確認できません。
ルーフィングシート

6.まとめ

・工事会社の見積り書に記載されているルーフィングシート(防水シート)の商品名やメーカー名、材質を確認しましょう。

・屋根のリフォーム工事では「改質ゴムアスファルトルーフィング」同等以上の品質がある製品を使用してください。

・特別に指定がない場合(ゴムや改質等の文字がない場合)、ルーフィングシートはアスファルトルーフィングの可能性があります。アスファルトルーフィングは約10年で著しく劣化するシートです。

・ルーフィングシートは平米単価、数百円程度(弊社基準)で耐久性能が大きく変わるコストパフォーマンスに優れた建築材です。

・1つのメーカーだけでもルーフィングシートは17種類もあります。

・仕上げ材が張られてしまうと確認ができません。施工会社に写真を撮ってもらいましょう。

定額屋根修理は常にお客様の利益に適う正しい情報をご提供することをお約束いたします。