大阪府八尾市 - コロニアルを補修して屋根カバーと外壁の塗り替えリフォーム

屋根工事前
屋根工事後
外壁塗装工事前
外壁塗装工事後

工事情報

施行実施日 2023年05月
施工地域 大阪府八尾市
施工地域ページ 大阪府
テイガク拠点 大阪中央工事センター
築年数 築21年
屋根材(施工前) スレート/コロニアル
外壁材(施工前) 窯業サイディング
工事内容
シーリング工事 外壁塗装 屋根カバー工法 金属下地(エスヌキ)による棟板金の交換 棟板金の工事

工事前の状態

屋根工事前
屋根工事前

工事前の屋根はスレートコロニアルカラーベストなどと呼ばれるセメントを基材とした屋根材が葺かれていました。
既に屋根材としての機能が損なわれつつある状態で割れてしまっている箇所が複数、見当たりました。
割れてしまっていた箇所はコーキングで補修した上でカバー工事をおこないました。

外壁工事前
外壁工事前

外壁は全体的に色あせてチョーキング現象が起こり美観が損なわれた状態でした。

また、外壁の目地に打ち込まれていたコーキングも劣化し、ヒビ割れてしっまっているような状態でした。

テイガクからのご提案

スレート屋根の寿命は短いもので15年も経つとボロボロになり屋根としての機能を失ってしまうものもあります。特に2000年頃に建てられた住宅に使われていることが多いノンアスベストのスレート屋根材は劣化スピードが著しく早いです。
テイガクでは屋根のリフォームをおこなうさい、塗装ではなくカバー工法葺き替え工事でリフォームをおこないます。
塗装はあくまで美観を保つものであり屋根の耐久性能機能性能を回復できる工事ではないと考えているからです。
今回は屋根を耐久性と機能性の高い金属屋根にリフォームして同時に外壁は塗装で劣化した美観を回復させる工事をおこないました。

ポイント
  • スレート屋根を金属屋根にカバーリフォーム

  • スーパーガルテクトフッ素でカバー

  • 外壁塗装工事

  • 外壁コーキング打ち替え

大阪府八尾市でおこなった屋根カバーと外壁塗装の手順

屋根の下処理
屋根の下処理

カバー工事をするための下処理をおこないました。

割れたスレート屋根をコーキングで補修し、屋根をフラットな状態にするために棟板金貫板を撤去しました。

ルーフィング
ルーフィング

アスファルトルーフィングを敷いて棟の下地となる垂木を取り付けました。

使用したルーフィングは田島のニューライナールーフィングです。耐用年数30年のテイガク推奨品です。

屋根本体の取り付け
屋根本体の取り付け

屋根本体を葺きました。

下り棟部分は屋根から横方向に流れた雨水が内側に回り込んでしまう危険ポイントです。

本体を立ち上げて加工するかC型捨板を入れる2つの止水方法があります。

今回の工事ではC型捨板を入れて適切に雨仕舞をしました。C型捨板を使うさいは本体の釘打ち部を切り欠く必要もあります。

金属下地(エスヌキ)
金属下地(エスヌキ)

屋根本体を葺き終わり、棟板金の下地である貫板を取り付けました。

今回、貫板の材料に採用したのはテイガクオリジナルの特許商品である、金属下地(エスヌキ)です。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

換気棟
換気棟

換気棟を取り付けました。

屋根の頂点部分にあけた換気口から室内の熱気や湿気を外に逃がします。

コーキング打ち替え
コーキング打ち替え

外壁工事です。

はじめにサイディングの目地を防水処理していたコーキングを打ち替えました。

高圧洗浄
高圧洗浄

外壁の洗浄をしました。

高圧洗浄機を使って外壁についたコケや汚れを、すみずみまで洗い流しました。

下塗り
下塗り

下塗りをおこないました。

外壁と塗料の密着性を良くする下地材、シーラーを塗りました。

中塗り
中塗り

中塗りをおこないました。

今回使用した塗料はエスケー化研の水性塗料、スーパーセラタイトFです。

上塗り
上塗り

仕上げの上塗りをおこないました。

塗装工事は3回に分けて塗ることでムラなく綺麗に仕上げることができます。

金属部分の塗装
金属部分の塗装

シャッターボックスなど金属部分はケレンがけをした後に錆止めを塗ってから塗料を塗ります。

大阪府八尾市でおこなった、屋根カバーと外壁塗装工事が完成です!

施工後
施工後

大阪府八尾市でおこなった、屋根カバー外壁塗装工事が完成しました!
屋根はヒビ割れてボロボロだったスレート屋根から、フッ素コーティングもされた横葺き金属屋根のスーパーガルテクトに生まれ変わりました。
カバーで屋根が2重になったうえ、断熱材も一体型の屋根材なので屋根の断熱性能が格段に向上しました。
外壁は硬化していたもともとのコーキングを打ち替えて防水機能を回復し、長年溜まった汚れを洗い流し、3回塗りで新築のような美観を取り戻しました。

大阪府八尾市周辺地域のその他工事例

大阪府松原市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

大阪工事センター

大阪中央工事センター

住所 大阪府堺市堺区八千代通4-13
(Googleマップはこちら)
電話番号 072-275-7246
都道府県ページ 大阪

テイガクは、大阪府堺市に「大阪中央工事センター」の拠点がある板金工事会社です。
お客様から直接工事を受注し、自社で施工しています。
大阪中央工事センターは、2022年の5月に新しい事務所を建設。大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県の工事を管理しています。

今回ご紹介した工事の他にも、多数のご提供可能な工事があり、年間1,000棟を超える実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の専属職人さんで施工を承っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。現地調査、お見積りは無料です。

大阪工事センターの
Googleのクチコミ

Googleのクチコミをもっと見る
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について