神奈川県大和市 – タイルサイディングの不良補修と屋根改修

神奈川県大和市のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場調査をおこなったところ、テイガクではない別の業者によって施工された、タイル張りのサイディングが剥がれてしまっていたことがわかりました。
加えてシロアリ被害も発生していたうえ、屋根の劣化も進み、さらなる建材の劣化を招きかねない状況でした。
以上のような状況であったため、外壁改修とあわせて、屋根カバー工法を実施しました。

屋根と外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神奈川県大和市-タイルサイディングの不良補修と屋根改修

BEFORE

現場調査 剥がれたサイディングの様子

現場調査時の外壁の様子
現場調査時の外壁の様子

神奈川県大和市のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は現場調査時のお客さま宅外壁の様子です。
テイガクではない別の業者によって施工された、タイル張りのサイディングが剥がれてしまっており、テープで一時的な補修がなされていました。
このままの状態を放置していると深刻な雨漏りを引き起こす可能性があるとともに、さらなる建材の劣化を招きかねません。
屋根も劣化が進行していたため、外壁改修とあわせて屋根カバー工法によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。
屋根カバー工法とは? はじめての屋根カバー工法

屋根カバー工法工事開始

棟に木製の受け木を取り付け
棟に木製の受け木を取り付け

無料お見積りの結果、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
まずは屋根カバー工法工事についてご紹介いたします。

屋根カバー工法工事は既存の屋根を新規の金属屋根材でカバーし、屋根としての機能耐久性外観の美しさを回復させる工事です。
防水の役割をもつルーフィングシートを屋根全面に敷き詰めたあと、エスジーエル鋼板という耐久性に優れた金属からできた屋根材を張り付けました。
写真は金属屋根材を張り付け、棟の雨仕舞をおこなうために、棟に木製の受け木を取り付けたところです。

金属製の下地取り付け

金属製の棟下地を取り付け
金属製の棟下地を取り付け

棟に木製の受け木を取り付けたのち、その上から金属製の棟下地(エスヌキ)を取り付けました。
棟は屋根材と屋根材の取り合い部(つながる部分)であり、屋根の中心に位置することから、雨や風などによる被害の影響をもっとも受けやすい部分です。
それによって棟下地が腐食した場合、上に載る棟板金を支えきれずに、棟板金のめくれ飛散などにつながる可能性があります。

金属下地(エスヌキ)は木製の下地よりも腐食、変形しにくいため、金属の下地でしっかりと棟板金を固定してあげれば、長期にわたり安心です。
棟下地について

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

屋根カバー工法工事完成です!

屋根カバー工法工事が完成
屋根カバー工法工事が完成

最後に棟下地の上から棟板金を取り付けて、屋根カバー工法工事が完成です!
劣化していた既存の屋根を、耐久性の高い新規の金属屋根材でカバーすることにより、屋根としての機能が回復し、耐久性、断熱性にもすぐれた屋根が完成しました。
お色も数種類から選ぶことができ、外観もおしゃれに変化するため、非常におすすめです。

続いて外壁の補修工事についてご紹介いたします。

既存外壁の様子①

テープで一時的な補修がなされていた様子
テープで一時的な補修がなされていた様子

屋根カバー工法工事に続いて、外壁補修工事をおこなっていきます。
外壁はテイガクではない別の業者によって施工された、タイル張りのサイディングが剥がれていました。
写真はテープで一時的な補修がなされていた様子です。
外壁の中には胴縁という、外壁を支え、通気層をつくる下地材が見えています。
この木製の胴縁が腐食していたうえ、ビスではなく釘で留められていたことが外壁の剥離の原因でした。
外壁リフォームの基礎知識 – コスト・種類・時期

既存外壁の様子②

シロアリ被害も発生
シロアリ被害も発生

外壁内部には雨水が大量に入り込んでおり、シロアリ被害も発生していました。
このままの状態を放置していると、さらなる雨水の被害にさらされるとともに、建材の劣化が深刻なものとなることが予想されます。
よって、今後も快適なお住まいで暮らしていただけるように、補修をおこないました。

外壁補修の様子

外壁補修の様子
外壁補修の様子

写真は外壁補修の様子です。
剥がれていた外壁は一度取り除き、胴縁には木製ではなく、樹脂製のものを使用して新しく取り付けました。
また、取り付けは釘ではなくビスでしっかり固定しました。

AFTER

神奈川県大和市でおこなった、タイルサイディングの不良補修と屋根改修リフォーム工事が完成です!

タイルサイディングの不良補修
タイルサイディングの不良補修

最後にサイデイングを取り付け直して、神奈川県大和市でおこなった、タイルサイディングの不良補修と屋根改修リフォーム工事が完成です!
外壁が剥がれる原因となっていた木製の胴縁と釘を、樹脂製の胴縁とビスに替え、しっかりと固定したことで、今後も長く安心できる外壁に仕上げました。

テイガクではお客様の今後の生活も見据え、長く安心できるお住まいにできるよう、細かい部分まで一切手を抜かずに施工をおこなっております。

屋根と外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神奈川県大和市と周辺地域のその他工事例

神奈川県大和市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

神奈川工事センター
神奈川工事センター

テイガクは神奈川県横浜市に営業所、工事センターがある板金工事会社です。
お客様と直接契約直接施工で雨漏りの修理や屋根リフォーム工事を承っております。
今回ご紹介したようなリフォーム工事も豊富な実績がございます。
屋根工事だけではなく外壁工事や各種板金工事も自社の職人さんで施工を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。
見積りは無料です。

大和市にはすぐに駆けつけることができます!

神奈川工事センターから大和市までは、車で35分で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

大和市周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について