東京都渋谷区-ALC外壁とアスファルトシングルのアパート屋根と外壁をカバー工法でリフォーム

東京都渋谷区のお客さまから、アパート屋根外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場は築40年が経過した建物で、屋根材にはアスファルトシングル、外壁にはALCパネルが使用されていました。
今回の工事では、屋根をニチハの金属屋根材である横暖ルーフで、外壁を同じくニチハの金属サイディングであるネオレリーフでカバーするカバー工法工事によってリフォームいたしました。

テイガクでは一般のお住まいのほか、アパートマンション、また工場倉庫のリフォームもおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

東京都渋谷区 ❘ ALC外壁とアスファルトシングルのアパート屋根と外壁をカバー工法でリフォーム

BEFORE

現場調査 アパートのはじめの状態

工事前のアパート
工事前のアパート

東京都渋谷区のお客さまから、アパート屋根外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は工事前のアパートの様子です。
築40年近く経過しています。
まだまだ長く賃借人様にお住いいただきたいとのご希望で、全面改修をすることになりました。
外壁リフォームの基礎知識 – コスト・種類・時期

工事前の外壁の様子①

工事前のエントランス
工事前のエントランス

アパートのエントランスの様子です。
築40年経過した様子が感じられるたたずまいとなっています。
マンションやアパートにおける外観は経営に直結する部分であるため、メンテナンスやリフォームは重要な要素となります。

工事前の外壁の様子②

工事前の外壁
工事前の外壁

外壁にはALCパネルが使用されていました。
ALCはコンクリートに気泡が入った外壁材です。
軽量であり、かつ耐久性や耐火性に優れているという特長があります。
耐用年数はおよそ40~50年程度です。
その反面、パネル間のつなぎ目が多く、またコンクリートの中の気泡に水分が入りやすいという欠点があります。
つなぎ目に使用されているシーリングは劣化によってひび割れやすく、水の浸入につながるうえ、コンクリートの気泡内の水は膨張するとひび割れの原因になります。
今回の施主様アパートの外壁でも目地や外壁が大きくひび割れており補修の跡が確認できました。
特に昔のALCパネルは現在のALCパネルと仕様や施工方法が異なりますので、今回おこなった金属サイディングによるカバー工法は有用です。
ALC外壁のマンションに外壁カバー工法をおこなう方法

工事前の外壁の様子③

ALCの仕上げの塗膜が剥がれ、ALC本体の基材が露出
ALCの仕上げの塗膜が剥がれ、ALC本体の基材が露出

ALC外壁は耐久性を上げるために表面に塗装を施します。
今回の施主様アパートの外壁では、このALCの仕上げの塗膜が剥がれて、ALC本体の基材が露出していました。
模様がなくなってツルツルしている面がALCの本体です。
このままではさらなる雨水浸入と建材の劣化を引き起こしかねません。

このような状態であったため、外壁は外壁カバー工法によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。
外壁カバー工法は、既存の外壁を新規の金属サイディングでカバーし、外壁としての機能耐久性外観の美しさを回復させる工事です。

工事前の屋根の様子

工事前の屋根
工事前の屋根

屋根にはアスファルトシングルが使用されていました。
アスファルトシングルはアスファルトとガラス繊維を素材とした屋根材です。
軽く、防音性が高いという長所を持つ反面、強風に弱く、劣化しやすいという短所があります。
築40年ということもあり、アスファルトシングルもボロボロになっていました。
このままでは雨漏りや、雨水浸入による建材の劣化を引き起こしかねません。
そのため、屋根は屋根カバー工法によってメンテナンスをおこなうこととなりました。
外壁カバー工法と同様、屋根カバー工法でも既存の屋根材を新規の金属屋根材でカバーし、屋根としての機能耐久性外観の美しさを回復させます。
アスファルトシングルのリフォーム 工事価格とデメリット

工事開始 外壁の補修

ALC外壁の目地に新規のシーリング打ち
ALC外壁の目地に新規のシーリング打ち

無料お見積りの結果、お客様との契約まで進みましたら工事開始です。
まずは外壁カバー工法をおこなうにあたり、旧外壁面の改修をおこないました。
写真はALC外壁の目地に新規のシーリングを打ちこんだ様子です。
外壁カバー工法で通気層が形成されるため、雨水が内部に入り込む可能性は低いですが、万が一に備えて目地前部にシーリング処置をしました。

胴縁取り付け

胴縁を取り付け
胴縁を取り付け

旧外壁面の改修を終えたのち、胴縁を取り付けました。
胴縁は旧外壁と新規の外壁の間に取り付ける建材です。
この胴縁を旧外壁と新規の外壁の間に取り付けることで、通気層が生まれます。
この通気層のおかげで雨水や湿気がうまく排出できるため、湿気や雨水によるトラブルが起きにくくなります。
写真では縦方向に伸びる黒い建材が胴縁です。

胴縁は仕上がりのサイディングと逆に取り付けます。
そのため、仕上がりが横張りのサイディングとなる今回の工事では、縦胴縁を取り付けました。
縦胴縁の方が横胴縁よりも排水性の面では優れています。

アパートの共有部は居住者様が出入りするので、細心の注意を払いました。

新規の金属サイディング張り付け

金属サイディングを張り付け
金属サイディングを張り付け

胴縁を取り付けたら、その上から新規の金属サイディングを張り付けました。
新規の金属サイディングとして使用したのは、ニチハネオレリーフです。
金属サイディング特有の耐久性の高さを備えるとともに、タイル調の外観で、上品に仕上がります。
また、断熱材一体型の金属サイディングなので、室内の居住性も良くなります。

バルコニーの外壁の様子

バルコニーの外壁
バルコニーの外壁

バルコニーの外壁木目調のサイディングを張りました。
様々なお色、モチーフの中からお選びいただくことができ、組み合わせによってお客さまの好みに合わせた外観にできるのも金属サイディングの魅力の1つです。

ブロック塀の補強

ブロック塀の倒壊補強
ブロック塀の倒壊補強

建物の改修とあわせて、ブロック塀の倒壊補強をしました。
長い間快適にお過ごしいただくため、細かいところも一切手を抜きません。

AFTER

東京都渋谷区でおこなった、アパートALC外壁・アスファルトシングル屋根の、カバー工法リフォーム工事が完成です!

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

以上で、東京都渋谷区でおこなった、アパートALC外壁とアスファルトシングル屋根のカバー工法リフォーム工事が完成です!
築40年ということもあり、劣化の激しかったALC外壁とアスファルトシングル屋根が、カバー工法リフォーム工事により、まるで新築のような外観へと生まれ変わりました。
もちろん外壁、屋根としての機能は回復し、耐久性も向上しています。
金属サイディングの組み合わせにより、施主様の好みに合った非常におしゃれな外観になるという点でも、金属サイディング工事はおすすめです。

テイガクでは一般のお住まいのほか、アパートマンション、また工場倉庫のリフォームもおこなっております。
屋根、外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

東京都渋谷区と周辺地域のその他工事例

東京都渋谷区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

本社
本社

テイガクは本社(杉並区)、東京埼玉工事センター(川口)にも事業拠点があり、渋谷区の屋根工事実績が多くある板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディング、そして外壁塗装工事も承っております。
直接工事によるご契約となるため、工事費用は他社様に比べて安いはずです。
ぜひ、相見積もりで弊社の工事をお比べください。
渋谷区で屋根リフォーム工事や外壁塗装工事をおこなう業者をお探しの方はテイガクに一度、お問い合わせください。
お見積りまでは無料となっております。

渋谷区にはすぐに駆けつけることができます!

本社(杉並区)から渋谷区までは、車で36分で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

豊島区周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について