東京都豊島区 - ALC外壁マンションを外壁カバー工法

  • 公開

東京都豊島区のお客さまから、ALC外壁マンションのメンテナンスについてご相談をいただきました。
現場は築35年です。

ALCはコンクリートに空気を入れることで軽量化した材料で、主に鉄骨構造の外壁に使用されます。
軽量で耐火性の高い素材ですが、鉄筋コンクリートの外壁と比べて遮音性、防水性、耐久性が低いという特徴があります。
また、ALCの張り方は現在の張り方と異なり、ALC自体が衝撃に弱いという性質もあるため、地震による不具合が多い外壁材です。

今回の施主様マンションでは、このALC外壁を、金属サイディングでカバーする外壁カバー工法によりリフォームしました。
ALCの無機質な外観も、外壁カバー工法による金属サイディングの張り付けでがらりとおしゃれに変化します。
外観はマンション経営にも非常に重要な要素となるため、この点でも金属サイディングによるカバー工法はおすすめです。

テイガクでは一般のご家庭のリフォームに加え、アパート、マンション、工場、倉庫などの屋根・外壁のリフォームもおこなっております。
アパート、マンションの屋根・外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

東京都豊島区 ❘ ALC外壁マンションを外壁カバー工法

BEFORE

現場調査 工事前の外壁の状態①

現場調査時の様子
現場調査時の様子

東京都豊島区のお客さまから、マンション外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が現場調査に向かい、無料でお見積りをいたします。

写真は現場調査時のものです。
築35年の建物で、外壁にはALCが張られていました。
ALC軽量気泡コンクリートのことで、主に鉄骨構造の外壁に使用されます。
通常のコンクリートの4分の1程度の重さのため施工しやすく、耐火性の高い素材ですが、鉄筋コンクリートの外壁と比べて遮音性、防水性、耐久性が低いという特徴があります。
また、ALCの張り方が現在の張り方と異なり、ALC自体にも衝撃に弱いという性質があり、地震による不具合が多い外壁材です。
そのため、築後年数が経過した外壁は塗装では長期的な維持が難しくなります。
以上のような状態であったため、今回の施主様マンションでは金属サイディングによる外壁カバー工法でメンテナンスをおこなう運びとなりました。
古いALC外壁を新規の金属サイディングでカバーすることにより、外壁としての機能耐久性、またマンションの経営に直結する外観の美しさを回復させます。
外壁カバー工法の費用と相場について

現場調査 工事前の外壁の状態②

工事前の外壁
工事前の外壁

より近くから見た、古いALCのサイディングの状態です。
これまで1度塗装による改修歴があります。
前回の塗装時は目地には何も処置をしていなかったようです。
今回の工事ではこちらの外壁を新規の金属サイディングでカバーしていきます。

工事開始 目地の改修

ALCの目地にシーリング
ALCの目地にシーリング

無料お見積りの結果、お客様との契約まで進みましたら工事開始です。
外壁カバー工法においては、まず古い外壁の改修をしていきます。
写真のようにALCの目地にはシーリングを打ち、目地へと雨水が入り込まないように止水性を高めます。
見た目が汚いですが、この上に金属サイディングを被せていくので気にする必要はありません。

胴縁取り付け 金属サイディング張り付け

胴縁の取り付け 金属サイディング張り付け
胴縁の取り付け 金属サイディング張り付け

旧外壁面を改修したら、その上から胴縁を取り付けていきます。
胴縁は旧外壁と新規の外壁の間に空気層をつくるための建材です。
この空気層の存在により、新旧サイディング間の湿気や雨水がうまく排出され、外壁の雨水による不具合が解消されるとともに、断熱効果遮音性の向上にも期待できます。

仕上がりのサイディングが横張りの場合には縦胴縁を、縦張りの場合には横胴縁を取り付けます。
今回は横張りの金属サイディングで外壁を仕上げるため、縦胴縁を取り付けました。
縦胴縁は横胴縁よりも排水性が高くなります。
またテイガクでは樹脂製の胴縁を使用しているため、さらに雨水や湿気による不具合・劣化が起きにくくなります。

胴縁を取り付けたら、その上から新規の金属サイディングを張り付けて旧外壁をカバーしていきます。
縦張りサイディングと横張りサイディングの違いについて詳しくはこちら

アイジー工業のシャドーラインをビスで固定

長い専用ビスで金属サイディングを固定
長い専用ビスで金属サイディングを固定

今回使用した金属サイディングはアイジー工業のシャドーラインです。
シャドーラインはガルバリウム鋼板が素材として使用されており、断熱材と一体となった構造であるため、高い耐久性断熱性を誇ります。
多数のお色から選ぶことができ、施主様の好みに合わせた外観に仕上げることができるのも魅力の1つです。
またアイジー工業にはALC改修用のガイドラインがあるので安心して工事を進めることができます。

ALCの外壁はとても分厚いので、長い専用ビスを使用してこの金属サイディングを固定していきます。

板金部材加工

板金部材
板金部材

金属サイディングの板金部材は、施工に慣れた熟練の職人さんが現場で加工し、外壁内部に水が入り込まないようにします。

仕上げのシーリング打ち

シーリングを打つ
シーリングを打つ

金属サイディング張り付けの仕上げの工程として、シーリングを打ちます。

取り合い部の雨仕舞

雨仕舞(雨漏り防止)処置
雨仕舞(雨漏り防止)処置

屋根と外壁の取り合い部(つながる部分)は雨が回り込み、雨漏りにつながるおそれのある部分です。
このような取り合い部には水切り板金を加工・取り付けし、雨仕舞(雨漏り防止)処置をおこないます。


雨仕舞い(あまじまい)とは

共用部の塗装

共用部の塗装
共用部の塗装

共用部には外壁サイディングを張らず、鉄壁の塗装をおこないました。
外壁カバー工法をおこなう際には複数の金属サイディングを組み合わせて施工したり、塗装と組み合わせて施工したりすることがあります。
デザイン性や建物の状況、施主様の好みに合わせて、細かな部分まで最適なリフォームをおこないます。

AFTER

東京都豊島区でおこなった、ALC外壁マンションの外壁カバー工法工事が完成です!

画像中央の アイコン アイコンを左右に移動すると、画像の比較ができます

以上で、東京都豊島区でおこなった、ALC外壁マンションの外壁カバー工法工事が完成です!
ALC外壁が使用され、耐久性に不安のあった築35年の外壁が、金属サイディングを使用した外壁カバー工法によって、高い耐久性を備えた外壁へと生まれ変わりました。
マンションの経営に直結する外観も、まるで新築のようなたたずまいへと変化し、お客様にも大変ご満足いただけたようでした。

テイガクでは一般のご家庭のリフォームに加え、アパート、マンション、工場、倉庫などの屋根・外壁のリフォームもおこなっております。
アパート、マンションの屋根・外壁のことでお悩みのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

東京都豊島区と周辺地域のその他工事例

東京都豊島区

豊島区の屋根リフォームならテイガク

日付:2013年4月

豊島区の屋根リフォームならテイガク

豊島区で雨漏り修理・屋根リフォーム工事はテイガクにお任せください。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、日本瓦の葺き替え等、屋根に関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。 豊島区で施工したカバー工法リフォーム BEFO…

日付:2013年4月

東京都板橋区

東京都板橋区 – アイジー工業ビレクトで外壁カバー工法

日付:2023年1月

東京都板橋区 – アイジー工業ビレクトで外壁カバー工法

東京都板橋区のお客さまから、外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。既存の外壁は窯業サイディングでした。窯業サイディングはセメントや繊維を主な材料とした外壁材です。費用対効果や耐火性に優れているという利点があり…

日付:2023年1月

東京都杉並区

杉並区 – マンション屋根の雨漏り修理工事

日付:2017年5月

杉並区 – マンション屋根の雨漏り修理工事

杉並区でアパート屋根やマンション屋根の雨漏り修理会社をお探しのお客様はテイガクにお任せください。直接工事で請け負う金属屋根専門工事会社です。 杉並区で行ったマンション屋根の雨漏り修理工事 東京都杉並区で行ったアパート屋根…

日付:2017年5月

豊島区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

本社
本社

テイガクは本社(杉並区)、東京埼玉工事センター(川口)にも事業拠点があり、豊島区の屋根工事実績が多くある板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディング、そして外壁塗装工事も承っております。
直接工事によるご契約となるため、工事費用は他社様に比べて安いはずです。
ぜひ、相見積もりで弊社の工事をお比べください。
豊島区で屋根リフォーム工事や外壁塗装工事をおこなう業者をお探しの方はテイガクに一度、お問い合わせください。
お見積りまでは無料となっております。

豊島区にはすぐに駆けつけることができます!

本社(杉並区)から豊島区までは、車で31分で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

豊島区周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
テイガクの類似サイトにご注意ください
テイガクの類似サイトにご注意ください
  1. 東京都豊島区 ❘ ALC外壁マンションを外壁カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 東京都豊島区でおこなった、ALC外壁マンションの外壁カバー工法工事が完成です!
  3. 東京都豊島区と周辺地域のその他工事例
  4. 豊島区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!
    1. 豊島区にはすぐに駆けつけることができます!