横浜市港北区 - スレート屋根のカバー工法と外壁塗装

今回は横浜市港北区にお住まいのお客様からの屋根と外壁に関するご相談をお受けいたしました。 お客様宅の屋根材は、新築の住居で最も多く見られるスレート屋根でした。 ご自宅の経年劣化をご心配されていたようで、住居全体のメンテナンスのご相談をいただきました。
横浜市の屋根リフォーム工事例はこちら

横浜市港北区でおこなった屋根カバー工法と外壁塗装リフォーム

BEFORE

現場屋根 工事前の様子

工事前の外観
工事前の外観

お客様宅を調査した結果、とくに屋根には全体的に屋根材の剥離が多く見られました。 このままの状態で放置しておくと、外観に影響が出るだけでなく、雨漏りなど深刻な状態になるおそれがあります。 外壁もコケや汚れが多く見られました。 お客さまとご相談のうえ、屋根カバー工法外壁塗装のリフォーム工事による住居全体のメンテナンスをおこなう運びとなりました。

ルーフィングシートの張り付け

ルーフィングシート張り付け
ルーフィングシート張り付け

既存の棟板金雪止めを取り外し屋根をフラットの状態にしたら次にルーフィングシートを屋根全面に張り付けます。
ルーフィングシートは防水シートのことで、屋根からの雨漏りを防止する役割を果たします。
今回は田島ルーフィングの「タディスセルフカバー」を使用しました。タディスセルフカバーは粘着式で屋根に穴をあけることなく敷くことができるおすすめの防水シートです。
ルーフィングシートについて詳しくはこちら

スーパーガルテクトの張り付け

スーパーガルテクト張り付け
スーパーガルテクト張り付け

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けていきます。
今回、使用した屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトです。
スーパーガルテクトにはガルバリウム鋼板よりも更に優れた金属であるSGL鋼板が使用されており、高い耐久性があります。断熱材も入っているため、断熱効果も抜群です。また屋根材はステンレスのビスで留めています。鉄製のビスや釘では錆びて腐食する恐れがあるのでテイガクでは金属屋根材の張り付けは錆びないステンレスのビスで留めることをおすすめしています。
スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

棟板金の取り付け

棟板金取り付け
棟板金取り付け

屋根本体が張り終わったら、次は棟板金を取り付けて雨仕舞していきます。とは屋根材同士が取り合う(つながる)部分で、雨が入りやすく注意が必要な部分です。貫板と呼ばれる木の板や樹脂製の下地に棟板金を固定するのが一般的ですが、木や樹脂は腐食・変形しやすいのでテイガクでは金属下地(エスヌキ)を使って棟板金を固定します。木や樹脂と異なり、板金を長期間しっかりと支え、風によって板金がめくれたり飛散したりする可能性を低く抑えることができます。金属下地(エスヌキ)はテイガクオリジナル商品です。

アイコン テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)の強度について

テイガクが推奨する金属下地(エスヌキ)は「価格の安いガルバ」と「錆に強いアルミ」の2種類からお選び頂けます。
アルミは、異種金属接触の腐食を考慮した板厚(1.3mm)で設計し、表面にはアルマイト処理(絶縁処理)を施しています。
これまでの数多くの失敗と経験から生まれたテイガクのオリジナルの下地材です。
詳細はこちら

屋根化カバー工法が完成です!

スーパーガルテクト施工後
スーパーガルテクト施工後

換気棟も取り付けて屋根カバー工法工事が完成です!
換気棟は屋根裏の熱気を外に放出でき、住居内の温度を快適にしてくれます。
全体的に経年劣化による損傷が激しかった屋根が、新規のスーパーガルテクトにより、耐久性の高い屋根へと生まれ変わりました。

外壁塗装開始・高圧洗浄

高圧洗浄
高圧洗浄

今回は屋根カバー工法工事とあわせて、外壁塗装工事もおこないました。
まずは高圧洗浄をし、塗装する面をきれいにします。
汚れが付着したまま塗装をおこなうと、塗料がうまく密着しなかったり、塗装後早い段階で汚れごとごっそり塗装がはげたりすることがあります。
高圧洗浄はムラなく美しい塗装面に仕上げるとともに、耐久性の高い塗膜を作るために必須の作業です。
外壁塗装と屋根塗装の手順 ❘ テイガクのあんしん塗装

下塗り

下塗り
下塗り

塗装工事は、まず塗装面を高圧洗浄で綺麗にしたのち、下塗り中塗り上塗りの3回塗りでおこないます。
写真は3回塗りの1工程目である下塗りをおこなっているところです。
下塗りをおこなうことで、古い塗膜の効果を打ち消すとともに、上塗り塗料の密着性を高めます。

中塗り

中塗り
中塗り

下塗りの次に2工程目である中塗りです。
塗料は中塗りと上塗りの2回に分けておこなうことで、ムラなく美しく、耐久性の高い塗膜に仕上げることができます。

上塗り

上塗り
上塗り

中塗りが終わったら、3工程目である上塗りをおこないます。
この3回塗りの工程はすべて写真撮影し、確実に各工程がおこなわれたことをお客さまにご確認いただいております。

金属部塗装

金属部塗装
金属部塗装

庇などの金属部分にはまずサビ止めを塗ってから仕上げ塗装をおこないます。

ベランダ床 防水

ベランダ防水
ベランダ防水

今回の工事ではベランダ床も洗浄し、汚れをとって防水塗料を塗布いたしました。

AFTER

横浜市港北区でおこなったスレート屋根のカバー工法と外壁塗装が完成です!

施工後外観
施工後外観

全面に経年劣化が現れ、ボロボロだった屋根は、金属屋根材でカバーしたことにより、見違えるほど美しくなりました。
もちろん耐久性もあがり、屋根としての機能も回復しています。
外壁も付帯部まで丁寧に塗装をおこない、がらりと外観が変化しました。
外壁としての機能が向上しただけでなく、美しく生まれ変わった家屋で気分を一新させられるのも、リフォームの醍醐味です。
テイガクでは、各ご家庭によって異なる劣化の具合を見極め、それぞれに応じた適切な工事をご提案させていただいております。
屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

横浜市と周辺地域のその他工事例

神奈川県横浜市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガクは横浜市の屋根工事実績が多くある板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディング、そして外壁塗装工事も承っております。
直接工事によるご契約となるため、工事費用は他社様に比べて安いはずです。
ぜひ、相見積もりで弊社の工事をお比べください。
横浜市で屋根リフォーム工事や外壁塗装工事をおこなう業者をお探しの方はテイガクに一度、お問い合わせください。
お見積りまでは無料となっております。

横浜市港北区まですぐに駆けつけることができます

テイガクの神奈川工事センターから横浜市港北区までは、車で17分で駆けつけることができます。
なにかお困りのさいにも、速やかにご対応できます。

横浜市港北区周辺で屋根・外壁についてお困りのことがある方は、ぜひお気軽にテイガク屋根修理にお問い合わせください。
現地調査からお見積もりまではすべて無料で承っています。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 代表取締役社長
テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は20,000棟を超えます。
板金工事は足場を組み立てるため、外壁塗装の工事事業にも注力しています。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

代表前川が本音で解説「板金工事会社とは?」

トップへ戻る
夏の葺き替え工事と受注状況について
夏の葺き替え工事と受注状況について