狭山市の屋根修理・リフォームは専門業者の定額屋根修理で

狭山市で屋根修理、雨漏り修理、屋根のリフォームをご検討のお客様は定額屋根修理にお問い合わせください。
お客様のお住まいの屋根を定額制で修理・リフォームいたします。

DATA
施工実施日 2016年1月
地域 埼玉県狭山市
お施主様 S様邸
屋根工事種別 ドーマー付和瓦風屋根へのカバー工法
BEFORE

埼玉県狭山市 屋根修理 屋根リフォーム 施工前

埼玉県狭山市で屋根のリフォーム工事をご注文いただきました。
弊社へのお問い合わせのきっかけは、ネットからの検索です。
とてもありがたいことですが、ネットから定額屋根修理のホームページを見つけて屋根リフォームに関するご相談をされるお客様が年々増加しています。
定額屋根修理は埼玉県川口市に屋根資材と職人を管理する工事センターがある会社です。
屋根専門の工事会社なので、お客様にご予算や屋根の種類にあわせて、適切なリフォーム工事をご提案させていただきます。

狭山市 屋根リフォーム前1

狭山 屋根修理 リフォーム前埼玉県狭山市の現場屋根です。
既存の屋根は建築後20年間ノーメンテナンスのコロニアル屋根です。
コロニアル本体の表面にはコケが大量発生し、色あせ、塗装剥離などが確認できます。
再塗装もしくは、新しい屋根の葺き替えによるリフォームが必要な時期です。。
再塗装の場合は約10年程度で、新たなリフォームが必要になるため、今回は費用対効果の面から新しい屋根瓦を張ることになりました。
コロニアル屋根のメンテナンス時期や耐久性、リフォーム方法はこちらの記事をご覧くださいコロニアルの耐用年数 耐久性とメンテナンス

↓

狭山市  屋根カバー工法確認

狭山 屋根カバー工法確認屋根材を新たに張る方法は主に2種類あります。
ひとつは既存の屋根瓦を剥がして新しい屋根材に張り替える方法です。
葺き替え工事と呼びます。
もうひとつは既存のコロニアル屋根瓦の上に、軽量金属屋根材を2重にして張る「屋根カバー工法」です。
屋根カバー工法は名前の通り、屋根瓦が2重になるリフォーム方法です。
そこで、釘が既存の下地に到達し、しっかり固定できるか確認する必要があります。
これには、特殊な機械を用いて屋根カバー工法が可能かどうか検査いたします。
今回の狭山市のお客様の住宅は、既存のコロニアル屋根、既存の下地ともにしっかりしていたため、屋根カバー工法によるリフォームが可能と判断させていただきました。

↓

狭山市 屋根リフォーム前2

狭山 コロニアル屋根 既存画像既存のコロニアル屋根です。
屋根診断の結果、「屋根カバー工法」による屋根修理が可能と確認でき、将来かかるコストや今後のメンテナンスなどを考慮した結果、屋根カバー工法によるリフォームをご採用いただきました。

↓

狭山市 屋根リフォーム 既存屋根清掃

コロニアル清掃狭山市の屋根リフォーム開始です。
既存の棟板金を取り外し、ルーフィングシート(防水シート)を既存の屋根瓦の上に張ります。
しかし、今回の現場の屋根はコケが全面的に増殖しており、2重にした屋根瓦の耐久性の確保が必要です。
そのため、ルーフィングシートを張る前に、たわしでコケを取り除きます。

↓

ルーフィングシート張り

カバー工法 防水シート既存のコロニアル屋根を清掃した後、屋根瓦の上に直接ルーフィングシートを張ります。
定額屋根修理が標準施工で張るルーフィングシートは改質ゴムアスファルトルーフィングです。
従来の防水シートの2倍以上の耐久性が認められています。
中に敷くシートもしっかり写真に収め、高品質の屋根修理工事をお客様にご提供するよう心がけています。
防水シートの重要性はブログでご案内しておりますので、あわせてご確認ください。ルーフィングシートの重要性

↓

屋根瓦本体張り 月星タイトルーフ

月星タイトルーフ下葺材にあたる、ルーフィングシートを張った後、金属屋根瓦本体を重ね張りします。
今回使用した屋根瓦は日新総合建材株式会社「月星タイトルーフ」です。
和風のガルバリウム鋼板屋根瓦です。
波打った雰囲気で立体感を生み出すことで、重量感と落ち着きが実感できる屋根瓦です。
日本風家屋の雰囲気を残したいお客様に、定額屋根修理がお勧めしている屋根瓦です。

↓

屋根リフォーム完成 足場取り外し

屋根足場解体狭山市の屋根リフォーム完成です。
最後に屋根足場を取り外しいたします。
中央にあるロープは親綱と呼ばれるもので、屋根リフォームの安全性確保に利用するものです。

↓

AFTER

狭山市 屋根修理 屋根リフォーム 施工完了

狭山市 屋根修理 リフォーム完成狭山市の屋根リフォーム完成です。今回の現場ではドーマーがありました。
ドーマーは雨漏りが生じやすい部位になるので、熟練の職人による施工技術が必要です。
定額屋根修理では、屋根修理専門の工事会社なので、ドーマー付の屋根もこれまで数多くリフォームしております。
コロニアル屋根のカバー工法の判断や、ドーマー付屋根のような複雑な屋根の工事は、屋根専門の工事会社である定額屋根修理にお問い合わせください。

 

その他 事例

狭山市近隣の屋根修理事例

所沢で屋根のリフォームなら定額屋根修理で


https://yanekabeya.com/work/227/

POINT

屋根の修理は自社倉庫のある工事会社へ

定額屋根修理では雨漏り修理や屋根リフォーム費用を情報公開しています。
価格を公表している理由は、直接施工の会社なので工事金額と施工内容に自信があるからです。
一般に屋根の修理は直接仕入れ、直接工事を行う専門リフォーム会社に依頼することが最適です。
直接仕入れ、直接工事を行う会社であるかどうかは「自社倉庫の有無」で確認できます。
屋根の材料はとても大きく、十分なスペースが必要で、オフィスビルのテナントでは保管することなどは到底不可能だからです。
大量発注した屋根材のコストはお客様へ還元され、低価格、かつ屋根専門のプロ職人による高品質の工事が保障されます。
現在、インターネットの普及により、屋根のリフォームを請け負う会社は日に日に増加しています。
しかし、そのリフォーム会社の技術力や、バックボーンなどの透明性を確認することは困難なことです。
中には「安さ」や「安心感」をアピールするだけでなく、根拠もなく直接工事会社を装うホームページもあります。
直接施工や直接仕入れを主張している会社はグーグルマップなどのインターネットツールで会社の住所や倉庫の有無を確認しましょう。
できれば、グーグルマップのストリートビューで確認をすることをおすすめします。
グーグルマップで確認できない場所に所在地がある可能性があります。
判別が困難なケースもありますが、屋根資材置き場がない会社は直接施工をしていない会社です。
定額屋根修理は長年ハウスメーカーの下請け会社として、関東地方と関西地方を中心に屋根と壁の施工会社として工事を行ってきた実績のある会社です。
阪神大震災と東日本大震災をきっかけに、直接、お客様の屋根工事を承るようになりました。
もちろん、関東地方は埼玉県川口市、関西地方は大阪府堺市に、屋根材・外壁材を保管する倉庫がございます。
適切な工事価格と確かな工事技術で、お客様の屋根・外壁工事を請け負うパートナーになることをお約束いたします。
定額屋根修理 川口倉庫

狭山市の屋根リフォームは定額屋根修理で

定額屋根修理は東京都杉並区と埼玉県川口市に工事センターがある屋根修理専門会社です。

お客様と直接契約、直接施工で雨漏り修理、屋根修理を承っております。

狭山市はもちろん、早急なご対応が可能です。

直接施工のプロがお客様のご自宅にご訪問いたしますので、屋根や壁に関するお悩みは全て当社で解決できます。

価格設定もシンプル、単純明快です。

狭山市にお住まいのお客様、不動産を管理しているオーナー様、不動産会社様がいらっしゃいましたら、どんなことでも大丈夫ですので屋根専門業者である定額屋根修理へお気軽にご相談ください。