京都市東山区|屋根カバー工法と外壁目地工事、破風板塗装

更新 公開

京都市東山区のお客さまから、屋根と外壁の劣化に関するご相談をいただきました。 お客さま宅で使用されていた屋根材はスレート(コロニアル)です。 スレートは色あせや色むら、ひび割れや欠けなどの経年劣化が見られました。 このまま放置しておくと、将来的に劣化の度合いがひどくなり、最悪の場合は雨漏りが起きてしまう可能性があります。 お客さまとご相談のうえ、今後のメンテナンス性を考え、屋根カバー工法によるリフォームをおこないました。 外壁目地と破風板(はふいた)も劣化が進行していましたので、屋根工事にあわせて外壁工事も施工しました。

京都市東山区でおこなった屋根カバー工法と外壁のリフォーム

BEFORE

現場調査 屋根の状態を確認

現場調査 屋根の状態を確認

京都市東山区のお客さまから屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた後、お客さまと弊社スタッフで日程調整をおこない、現場調査に向かいます。
写真は現場調査時の屋根の状態です。
旧屋根材として使用されていたスレートには経年劣化による色あせ、色むらなどの劣化が見られます。

現場調査 屋根材の欠け

現場調査 屋根材の欠け

より近くから見ると、ひびや欠けなども見られました。
この状態を放置してしまうと、より欠けが広がったり、屋根材を留めている釘が腐食して屋根材が外れる、などの不具合が起こる可能性があります。

今後のメンテナンス性も考慮して、カバー工法によるリフォームをおこなう運びになりました。
古い屋根材の上から金属屋根材をかぶせ、耐久性を高めるとともに、今後数十年雨漏りなどの不具合が起こらない屋根をつくっていきます。

現場調査 外壁の目地を確認

現場調査 外壁の目地を確認

写真は現場調査時の外壁目地の状態です。
シーリングの下半分にひび割れが見られます。
シーリング部分は雨風の刺激や温度差によりひび割れなどの症状が現れはじめ、最終的には剥離してしまいます。
劣化の度合いによっては雨水の侵入、建材の劣化やシロアリの発生などにつながる恐れがありますので注意が必要です。
経年劣化は5~10年で現れてきますので、劣化の度合いによりメンテナンスをおすすめします。
今回は屋根工事にあわせて、外壁目地の交換と打ち増しをおこなうことになりました。

現場調査 破風板の汚れを確認

現場調査 破風板の汚れを確認

また、破風板(はふいた)の汚れも確認できました。
屋根を横から見て、三角形になっている部分の屋根のすぐ下にあり、外壁の上にある板を「破風板」とよびます。
破風板は風により屋根が飛ばされることを防いでいる建材です。
写真のように、破風板の汚れが目立ち、外観に悪影響を与えていました。
そのため、今回は破風板の塗装もおこなう運びとなりました。

屋根の工事開始 棟の撤去とルーフィングシートの張り付け

屋根の工事開始 棟の撤去とルーフィングシートの張り付け

工事のご契約をいただいたあと、屋根から工事を開始いたします。
まずは屋根の棟(むね)に取り付けてある棟板金(むねばんきん)を撤去します。
その後、既存の屋根材にルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をもつ建材です。
屋根材の隙間からしみ込んできた雨水を、このルーフィングシートがブロックします。
雨漏り防止のために非常に重要な建材であり、性質・用途・価格などによってさまざまな種類のものがありますので、ぜひこだわってみてください。

今回は田島ルーフィングの「タディスホワイト」を使用しました。
20年ほどの耐用年数があり、費用対効果の優れたルーフィングシートです。

ルーフィングについて詳しくはこちら

金属屋根材を張り付ける

金属屋根材を張り付ける

ルーフィングシートを張り終えたら、その上から金属屋根材を張り付けていきます。
今回は金属屋根材としてアイジールーフの「スーパーガルテクト」を使用しました。
スーパーガルテクトはSGL鋼板という金属からできており、高い耐久性と遮熱性を誇ります。
しかしなんといっても特筆すべきはその軽さです。
瓦屋根が1㎡あたり約40~60kg、スレート屋根が1㎡あたり約20kgであるのに対し、金属屋根は1㎡あたり約5kgと破格の軽さであるため、カバー工法に使用しても耐震性への影響は最小限です。
軽さに対して耐久性が非常に高く、外観も洗練されたデザインとなるため、総合力の高い屋根材といえます。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

棟部分の施工

棟部分の施工

つぎに、棟の部分に現場で加工した棟板金(むねばんきん)を取り付けて仕上げてきます。
下地を取り付けて、そのうえから棟板金を固定します。

今回は棟の部分に「換気棟(かんきむね)」と呼ばれる建材を取り付けました。
換気棟はその名の通り屋根裏にこもりがちな湿気や熱気を換気し、夏場でも快適に過ごせるようにする部材です。
屋根裏にある屋根下地が傷みにくくなるため、屋根の寿命が伸びます。

以上で屋根のリフォームが完成しました。
次は外壁の目地交換をおこないます。

外壁の目地交換開始 シーリング材を撤去

外壁の目地交換開始 シーリング材を撤去

つぎに外壁目地の交換をおこないます。
まず、古くなったシーリング材を撤去していきます。

養生・プライマー塗布

養生・プライマー塗布

古いシーリング材を撤去した後、養生テープを貼ります。
こうすることで、目地以外の部分にシーリング材が付着するのを防ぎます。
次の工程がプライマー塗布です。
目地部分にプライマーを塗布することでシーリング材が目地部分にしっかり接着し、シーリング材の性能がじゅうぶんに発揮されます。

シーリング材を充填

シーリング材を充填

プライマーを塗布した後、新しくシーリング材を充填していきます。

窓の開口部の「増し打ち」

開口部の「増し打ち」

引き続き、窓の開口部の目地もメンテナンスします。
開口部のシーリングは「打ち替え」ではなく「増し打ち」をおこないます。
「打ち替え」のほうが耐久性があがるのではないか?と思われるかもしれません。
しかし、窓など開口部の周りには防水テープが貼ってあるため、打ち替えにより古いシーリングを無理にはがすとこの防水テープを傷める恐れがあります。
そのため、開口部に限っては古いシーリングの上に新しいシーリングを充填して耐久性を高める「増し打ち」が正しい方法です。

外壁目地交換と打ち増しが完成

外壁目地交換と打ち増しが完成

以上で外壁の目地交換完成です
外壁目地のシーリング劣化を放置しておくと、最悪の場合は雨漏り発生につながりかねませんので、定期的にメンテナンスをおこないましょう。

今回使用したシーリング材

今回使用したシーリング材

今回、シーリングにはオート化学工業株式会社の「オートインクシード」を使用しました。
耐久性、耐候性が高く、長期間住宅を雨水の侵入から守ります。

シーリング材について詳しくはこちら

破風板の塗装開始 ケレンがけ

破風板の塗装開始 ケレンがけ

次に、破風板の塗装をおこないます。
塗装を始めるまえに、まず「ケレンがけ」をおこないます。
ケレンがけは古い塗膜や汚れを落とし、新しい塗膜が外壁にしっかり密着するようにおこなう作業です。
もし、ケレンがけがじゅうぶんになされていない場合、汚れで新しい塗膜がしっかり密着せず、剥がれてしまう恐れがあります。

3回塗りによる破風板塗装

3回塗りによる破風板塗装

ケレンがけにより塗装面をととのえたのち、塗装をおこないます。
塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りです。
下塗りは古い塗料の塗膜効果を消したり、上塗り塗料の外壁への密着性を高めたりするためにおこないます。
中塗り・上塗りにより、耐久性が高くムラのない塗膜を完成させます。
テイガクではこの3回塗りすべての工程で写真撮影をおこない、すべての工程が確実に実施されたことをお客さまにご確認いただいております。

破風板の塗装が完成

破風板の塗装が完成

以上の工程で破風板塗装が完成です。
塗装前の状態と比較して、美しい外観ができあがりました。
屋根の工事をおこなう際は、あわせて破風板塗装をおこなっていただくと、余分な足場代がかからないため、経済的です。

今回使用した破風板塗装の塗料

今回使用した破風板塗装の塗料

塗装に使用した塗料についても、写真撮影をおこなっております。
今回は下塗りに日本ペイントの「ファインパーフェクトシーラー」、中塗り・上塗りに「ファインパーフェクトトップ」と呼ばれる塗料を使用しました。
この塗料は塗料の劣化で白い粉が発生するチョーキング現象を抑える、ラジカル制御形塗料と呼ばれるものです。
塗りたての美しさが長期間保たれます。

AFTER

京都市東山区の屋根と外壁リフォームが完成です!

棟部分の施工

京都市東山区でおこなった屋根カバー工法&外壁のリフォームが完成しました。
屋根が耐久性の高い金属屋根へ生まれ変わり、今後屋根のメンテナンスについて、お悩みになることがなくなりました。
京都市東山区で屋根・外壁のリフォームをご検討されているかたは、ぜひお気軽にテイガクへお問い合わせ下さい。
現地調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

京都市周辺のその他工事例

京都市北区にお住まいの方より「屋根から雨漏りが発生している」とご相談をいただきました。 現場調査の結果、雨漏りの原因は谷どい板金の経年劣化によるものでした。 屋根本体も劣化が進行していたため、葺き替えをおこないました。そ…

場所:京都市北区 日付:2019年11月

京都府京都市右京区にお住まいのお客さまから、雨漏りに関するご相談をお受けしました。 現場は築後16年が経過しているスレート屋根で、屋根から雨漏りが発生しています。 屋根の棟に取り付けられている棟板金(むねばんきん)は錆び…

場所:京都府京都市右京区 日付:2019年12月

京都府宇治市にお住まいのお客さまから、スレート屋根材の劣化に関するご相談をお受けしました。 現場の屋根は築後14年が経過している2階建の戸建て住宅です。 屋根はパミールと呼ばれるスレート屋根材が使われており、屋根材の下端…

場所:京都府宇治市 日付:2020年6月

京都市東山区周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください

阪神工事センター

京都市東山区でおこなった屋根カバー工法&外壁リフォームの施工例をご紹介いたしました。
テイガクは兵庫県伊丹市、大阪府堺市に工事拠点を構える、屋根・外壁リフォーム専門の板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディングへのリフォームが最も得意ですが、弊社には塗装工も在籍しているため、塗装のリフォームも施工可能です。
工事はすべて自社による工事ですので、ご安心してお任せください。
京都市東山区周辺で屋根・外壁のリフォームをご検討されているかたは、テイガクへお気軽にご相談ください。
現地調査からお見積りまでは、無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 京都市東山区でおこなった屋根カバー工法と外壁のリフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 京都市東山区の屋根と外壁リフォームが完成です!
  3. 京都市周辺のその他工事例
  4. 京都市東山区周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください