NEWS お知らせ

・2021年11月 フッ素塗膜鋼板の在庫状況について
・2021年8月 屋根工事価格を改定いたしました

京都市北区|雨漏りが発生した屋根の葺き替えリフォーム

更新 公開

京都市北区にお住まいの方より「屋根から雨漏りが発生している」とご相談をいただきました。 現場調査の結果、雨漏りの原因は谷どい板金の経年劣化によるものでした。 屋根本体も劣化が進行していたため、葺き替えをおこないました。その施工内容をご紹介します。 屋根をすべて新しくしたいとお考えの方は、参考までにご覧ください。

京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォーム事例

京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォームをご紹介します。
お施主様宅の屋根は築後15年が経過したスレートでできており、2方向の屋根が接合している「複合屋根」です。
複合屋根の屋根同士の接合部には、雨水を集めて排水する溝である「谷どい」が存在します。
テイガクでおこなった現場調査の結果、経年劣化により谷どい板金を留めている釘が腐食しており、そこから雨漏りしていることが判明しました。

谷どい板金は屋根に使われている板金の中でもっとも雨漏りしやすいです。
複合屋根はその谷どい板金が設置されるため、雨漏りリスクが高い屋根といわれています。
雨漏りが発生しやすい屋根の部位について詳しくはこちら

屋根からの雨漏り問題を根本的に解決するため、古くなった屋根を取り除いて屋根全体を新しくする葺き替えリフォームをおこないました。

BEFORE

屋根の現場調査

屋根の現場調査

画像は、リフォームする前の屋根です。
雪止め金具と屋根材の先端から赤サビが発生していることが確認できます。
雪止め金具とは、落雪防止のために屋根の軒先に取り付ける金具です。
また、雨どい板金を留めているネジが腐食していたため、雨どいの一部が外れていました。

谷どい板金だけでなく、屋根本体も劣化が進行していました。
板金部のみを修繕しても、数年後には雨漏りが発生する可能性があります。
今後雨漏りについてお悩みすることのないよう、屋根の全面葺き替えをご提案いたしました。

古い屋根材をはがします

古い屋根材をはがします

屋根のリフォーム工事を開始します。
まずは古い屋根材をはがしていきます。すると、既存のルーフィング(写真の黒い防水シート)が露出します。

野地板の設置

野地板の設置

屋根材をはがしたところに野地板(のじいた)を増し張りします。
野地板とは、木材でできた屋根下地のことです。
一般的に戸建住宅で使われている野地板を「構造用合板」といいます。
テイガクでは、野地板には12mmの構造用合板を用いています。
構造用合板はさらに厚みがあれば強度が高まりますが、屋根への荷重負担を考慮した厚さとして12mmを選択することが多いです。

ルーフィング張り

ルーフィング張り

野地板を設置した後、ルーフィングシートを張ります。
下葺き材(したぶきざい)ともよばれるルーフィングシートは、屋根からの雨漏りを防ぐ重要な部材です。
屋根材と板金に不具合が発生しても、ルーフィングに異常がなければ屋根材からの雨漏りを防げます。
今回使用したルーフィングは「PカラーEX+(プラス)」という商品です。
PカラーEX+には防水性が高く温度変化に強い特長があります。

金属屋根張り

金属屋根張り

ルーフィングシートを張った上に金属屋根を張り付けます。
金属屋根にはアイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。スーパーガルテクトはSGL鋼板という金属素材でできています。
SGL鋼板は、従来の素材であるガルバニウム鋼板より錆びにくくなり耐久性が強化されたため、近年需要が高まっている金属素材です。
また、スーパーガルテクトにはメーカー保証があり、保証内容は穴あきが25年・赤さびが20年です。
スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

谷どい板金の雨仕舞

谷どい板金の雨仕舞

雨漏りが起きやすい部位に雨仕舞(あまじまい)を施します。
雨仕舞とは、雨水を建物内部へ侵入させないよう排水させる仕組み・施工のことをいいます。

お施主様宅の屋根は、谷どい板金の劣化が原因で雨漏りが生じていました。
谷どい板金は屋根の中でも特に雨漏りしやすい板金のため、念入りに雨仕舞をおこないます。

棟板金の設置

棟板金の設置

金属屋根を張り終えた後、棟板金(むねばんきん)を設置します。
棟板金とは、戸建て住宅屋根のもっとも高い位置に取り付ける板金のことです。
棟板金の多くは板金下地が木材でできており、釘で留められています。
経年劣化による釘の腐食が原因で、「台風で棟板金が飛ばされた」というご報告が弊社にも多数寄せられています。

テイガクでは棟板金飛散防止のため、棟板金下地をステンレスビスで留めています。

AFTER

京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォームが完了しました!

京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォームが完了しました

屋根の葺き替えリフォームが完了しました。
屋根からの雨漏りは発見次第できるだけ早めに原因を特定し、対処する必要があります。
今回のリフォームでは屋根本体と板金をすべて新調し、実績豊富な職人さんにより雨仕舞施工したため、雨漏りについてのお悩みすることがなくなりました。

京都市北区と周辺地域のその他工事例

枚方市で屋根カバー工法によるリフォーム工事を行いました。建築後30年以上が経過したコロニアル屋根です。30年以上昔に張られたコロニアルはアスベストを含んでいるため、張替え等によるリフォーム工事よりもカバー工法を選択するこ…

場所:大阪府枚方市 日付:2018年3月

茨木市でコロニアル屋根からコロニアル修理へ、屋根のリフォームをいたしました。 屋根のリフォームをお考えのお客様はテイガクへご相談ください。 安心の定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。 大阪府茨木市で雨漏り屋根の修…

場所:大阪府茨木市 日付:2016年2月

大阪府高槻市で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。 重い瓦屋根であるため、耐震性能の改善も考え ガルバリウム鋼板屋根に葺き替えました。 大阪府高槻市で行った瓦屋根のリフォームをご紹介します。屋根は築40年以上が経過していま…

場所:大阪府高槻市 日付:2018年7月

京都市北区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

ここまでご覧いただきありがとうございます。
京都市北区の施工事例をご紹介しました。

京都市周辺で雨漏りについてお悩みでしたら、テイガクにご相談ください。
お客様のご希望やご予算にあわせた工事方法をご提案いたします。
また、お見積もり作成から現場調査までは無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォーム事例
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 京都市北区でおこなった屋根の葺き替えリフォームが完了しました!
  3. 京都市北区と周辺地域のその他工事例
  4. 京都市北区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!