NEWS お知らせ

・2021年11月 フッ素塗膜鋼板の在庫状況について
・2021年8月 屋根工事価格を改定いたしました

京都府宇治市|屋根材がぼろぼろに欠けたパミール屋根をカバー工法で屋根リフォーム

更新 公開

京都府宇治市にお住まいのお客さまから、スレート屋根材の劣化に関するご相談をお受けしました。 現場の屋根は築後14年が経過している2階建の戸建て住宅です。 屋根はパミールと呼ばれるスレート屋根材が使われており、屋根材の下端はぼろぼろに剥がれて、欠けてしまっています。 このまま劣化しているパミールを放置してしまうと、将来的に屋根材の大きな剥がれが起きて、最悪の場合は雨漏りが起きてしまう可能性がありました。 今後、屋根の劣化状況を心配することがなくなるよう、カバー工法による金属屋根への屋根リフォームをおこないました。 京都府宇治市にお住まいの方で、屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガク屋根修理へお気軽にご相談ください。

宇治市でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム

京都府宇治市にお住まいの方からいただいた、カバー工法による屋根リフォームをご紹介いたします。
現場の屋根は築後14年が経過しているスレート屋根の住宅です。
屋根材にはパミールと呼ばれる製品が使われていました。
パミールは経年劣化によって、下端がぼろぼろに欠けてしまっています。
また、屋根のもっとも高いところにある棟(むね)板金を固定する釘が浮き出てしまっており、このまま放置してしまうと、棟板金の変形や飛散としった不具合が起きてしまう可能性がありました。
今後屋根材や棟板金の不具合を心配することがなくなるよう、カバー工法による金属屋根への屋根リフォームをおこないました。

BEFORE

現場調査 屋根材がぼろぼろ欠けてしまっている

現場調査 屋根材がぼろぼろ欠けてしまっている

京都府宇治市にお住まいのお客様より、スレート屋根材の劣化についてご相談をお受けしました。
現場調査をしたところ、屋根材の下端が大きく反っており、「層間(そうかん)はくり」と呼ばれる劣化が現れていました。
また、現場の屋根は屋根材として「パミール」と呼ばれる製品が使われていました。
このパミールは築後10年前後で「層間はくり」が起きてしまう可能性が高い屋根材として知られています。
「層間はくり」が起きてしまうと、塗装による修繕はまったく効果がなく、屋根自体をリフォームするしか有効な手立てがありません。

パミールの不具合について詳しくはこちら

現場調査 屋根材の大きな欠け

現場調査 屋根材が大きく欠けた箇所

現場の屋根には屋根材の大きな欠けも見受けられました。
通常、スレート屋根は2枚重ねになって固定されているため、屋根材が欠けたからといって、すぐに雨漏りが生じるわけではありません。
しかし、屋根材がパミールの場合は、少し事情が異なります。
パミールの代表的な劣化症状である「層間はくり」が起きている場合、屋根材内部に雨水が入り込み、屋根材を固定している釘が腐食してしまう可能性があります。
パミールを含むスレート屋根材は4本の釘で固定しているだけの簡単な作りであるため、釘が腐食してしまうと屋根材が強風によって剥がれてしまうことがあります。
屋根材が剥がれてしまっても、屋根材の下にはルーフィングシート(防水シート)が敷かれており、すぐに雨漏りが起こるわけではありません。
しかし、もしルーフィングシートにも経年劣化が進んでいた場合、雨漏りが起きてしまうことがあります。

今後、屋根材の剥がれや雨漏りといった屋根の不具合がおきてしまわないよう、カバー工法による金属屋根への屋根リフォームをおこなうことになりました。

ルーフィングシートを敷き詰める

ルーフィングシートを敷き詰める

古い棟板金と下地を取り外し、屋根全体にルーフィングシートを敷き詰めます。
ルーフィングシートは屋根を雨漏りから守る防水シートです。下葺き材(したぶきざい)とも呼ばれます。
もし、屋根材の剥がれや棟板金の飛散が起きてしまっても、防水シートに不具合が起きていない限りは、雨漏りの発生を防ぐことができます。
そのため、屋根部材の中でも、もっとも重要な部材の1つです。

今回は田島ルーフィング株式会社の「タディス ホワイト」を使用しました。
ルーフィングシートにはさまざまな種類があり、「タディス ホワイト」は改質アスファルトと呼ばれるルーフィングシートです。
”改質”という名前の通り、アスファルトルーフィングと呼ばれる種類を改良したものが改質アスファルトルーフィングです。
アスファルトルーフィングが10年ほどで耐久性能が大幅に低下してしまうのに対し、改質アスファルトは20年ほどの耐久性能があります。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根を張り付ける

金属屋根を張り付ける

敷き詰めたルーフィングシートのうえから、金属屋根材を張り付けます。
今回は金属屋根材として、アイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」を使用しました。
スーパーガルテクトはSGL(えすじーえる)鋼板と呼ばれる素材で作られています。
金属屋根材の素材として、現在もっとも主流なガルバリウム鋼板を改良したものが「SGL鋼板」です。
ガルバリウム鋼板に比べて、SGL鋼板は耐食性能が約3倍強あります。
さらに、ガルバリウム鋼板の穴あき保証が10年ほどの製品が多いなか、SGL鋼板は25年の穴あき保証が付与されています。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

出窓(ドーマー)部分の施工

出窓の施工

現場の屋根には、出窓がありました。
出窓はドーマーとも呼ばれており、ヨーロッパの建築によく見られます。
屋根裏への採光・通気性を取り入れる効果のほかに、外観上の良さからドーマーを付ける方もいらっしゃいます。
しかし、ドーマーは屋根との取り合い部が多く、雨漏りが発生しやすいデメリットもあります。
そのため、ドーマー部分の施工には特別な雨仕舞処理を施します。
今回、現場の屋根に付けられていたドーマーにも、腕利きの板金工によって丁寧な雨仕舞処理が施されました。

ドーマーについて詳しくはこちら

棟板金の下地

金属屋根の張り付け後、棟の部分に棟板金の下地を取り付けます。
棟板金の下地として、木製下地を使う屋根リフォーム業者が多いです。
しかし、テイガク屋根修理では、この棟板金の下地にかならず「腐りにくい素材」の下地を使用します。
木製下地は雨水や湿気によって、下地が腐ってしまうことがあります。
下地が腐食してしまうと、棟板金を固定する釘が浮き出てしまい、棟板金の飛散や変形といった不具合が起きてしまう可能性があります。
それに対し、「腐りにくい素材」の下地は腐食することがないため、棟板金の不具合が起こりにくくなります。

棟板金と換気棟の取り付け

棟板金と換気棟の取り付け

樹脂製の下地を取り付けた後、下地のうえから棟板金を取り付けます。
また、今回は換気棟(かんきむね)の取り付けもおこないました。
換気棟を取り付けると、屋根裏の換気が充分におこなわれ、屋根裏に面している野路板(のじいた)と呼ばれる下地を腐らせにくくする効果があります。
つまり、屋根の寿命を少し伸ばすことができるということです。
換気棟は屋根裏と外をつなぐ空気孔をあけて取り付けるため、雨漏りをしないかと心配されるお客さまもいらっしゃいます。
しかし、しっかりと雨仕舞処理を施すことで、換気棟から雨漏りがおこることはほとんどありません。
実際にテイガク屋根修理が過去に施工した換気棟において、これまで雨漏りが発生したという報告は1件もありません。
少しでも屋根の寿命を伸ばしたい方は、ぜひ換気棟の取り付けも検討してください。

AFTER

京都府宇治市でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォームが完成です!

京都府宇治市でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォームが完成

京都府宇治市でおこなったカバー工法による金属屋根へのリフォームが完成しました。
経年劣化の不具合が深刻化する可能性が高いパミールのスレート屋根を、カバー工法により金属屋根へリフォームしたことで、今後屋根についてお悩みする必要がなくなりました。
宇治市で屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガク屋根修理へご相談ください。
現場調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

京都府および周辺のその他工事例

京都市北区にお住まいの方より「屋根から雨漏りが発生している」とご相談をいただきました。 現場調査の結果、雨漏りの原因は谷どい板金の経年劣化によるものでした。 屋根本体も劣化が進行していたため、葺き替えをおこないました。そ…

場所:京都市北区 日付:2019年11月

京都府京都市右京区にお住まいのお客さまから、雨漏りに関するご相談をお受けしました。 現場は築後16年が経過しているスレート屋根で、屋根から雨漏りが発生しています。 屋根の棟に取り付けられている棟板金(むねばんきん)は錆び…

場所:京都府京都市右京区 日付:2019年12月

大阪府高槻市で屋根カバー工法と外液塗装によるリフォーム工事を行いました。 テイガクは屋根と外壁リフォームに精通した会社です。お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。 大阪府高槻市で屋根と外壁のリフォーム工事を行…

場所:大阪府高槻市 日付:2017年5月

京都府宇治市の屋根リフォームはテイガク屋根修理にお任せください!

堺市の屋根リフォーム 雨漏り修理はテイガク屋根修理で

京都府宇治市でおこなったカバー工法による屋根リフォームの施工例をご紹介いたしました。
もし、ご自宅の屋根が今回のパミールのように「層間はくり」が起きてしまっている場合、計画的に屋根リフォームをおこなうことが望ましいです。
「層間はくり」が起きた屋根材は屋根材自体の素材が劣化しているため、塗装をおこなっても効果はほとんどありません。
カバー工法もしくは、葺き替えによる屋根リフォームを検討してください。

京都府宇治市までは車で1時間が駆けつけることができます!

テイガク屋根修理は大阪府堺市に工事センターがある、屋根修理専門の板金工事会社です。
京都府宇治市までは、車で1時間ほどで駆けつけることができます。
京都府宇治市で屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガク屋根修理にご相談ください。
現場調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 宇治市でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 京都府宇治市でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォームが完成です!
  3. 京都府および周辺のその他工事例
  4. 京都府宇治市の屋根リフォームはテイガク屋根修理にお任せください!
    1. 京都府宇治市までは車で1時間が駆けつけることができます!