NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

京都市右京区|穴あきがある棟板金の交換とスレート屋根のカバー工法リフォーム

更新 公開

京都府京都市右京区にお住まいのお客さまから、雨漏りに関するご相談をお受けしました。 現場は築後16年が経過しているスレート屋根で、屋根から雨漏りが発生しています。 屋根の棟に取り付けられている棟板金(むねばんきん)は錆びてしまい、数カ所に穴あきがありました。 穴あきを放置してしまうと、雨水が侵入して、将来的に雨漏りが起きてしまう可能性があります。 さらにスレート屋根には経年劣化によって、コケが生えており、屋根材としての寿命が近づいていました。 今後、屋根の雨漏りに悩まされることがないよう、棟板金の交換とあわせて、スレート屋根のカバー工法リフォームをおこないました。 京都市右京区にお住まいの方で、屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお気軽にお問い合わせください。

京都市右京区でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム

京都府京都市右京区にお住まいのかたからいただいた、カバー工法による屋根リフォームをご紹介いたします。
現場のスレート屋根は経年劣化によって表面の塗膜が劣化しており、雨水を充分にはっ水することができず、コケが生えてしまっています。
また、棟板金は大きく錆びてしまっており、数カ所に穴あきがありました。
穴あきの部分からは雨漏りが発生しており、棟板金の交換をする必要がありました。
今後、数年内にスレート屋根についてもリフォームが必要であることを踏まえ、棟板金の交換にあわせてカバー工法による屋根リフォームをおこないました。

BEFORE

現場調査 雨漏りの発生箇所を応急処置

現場調査 雨漏りの発生箇所を応急処置

京都市右京区にお住まいのお客さまより、スレート屋根の雨漏りについてご相談をお受けしました。
現場の屋根を調査したところ、棟板金(むねばんきん)から雨漏りが発生していました。
棟板金とは、屋根のもっとも高いところ(棟)に取り付けられている板金を指します。
大きく錆びてしまった棟板金は、数箇所に穴あきが見られました。
さらに、棟板金を固定する釘が浮き上がってしまっていることを確認しました。
釘が浮き上がってしまうと、棟板金をしっかりと固定できず、強風にあおられて棟板金が飛散してしまう可能性があります。

現場調査 経年劣化がおきているスレート屋根

現場調査 経年劣化がおきているスレート屋根

現場の屋根はスレートの屋根材を使用していました。
スレート屋根材は経年劣化によって、表面の塗膜が劣化しており、屋根材の防水性能が失われてしまっている状態でした。
屋根材の表面塗膜が劣化してしまうと、雨水をはじく防水性がなくなってしまい、コケや藻が生えてしまうようになります。
防水性が失われた屋根材をそのまま放置してしまうと、最終的に屋根材を固定する釘に不具合が起きてしまい、屋根材が剥がれてしまうことがあります。
今後、屋根の不具合についてお悩みすることがないよう、棟板金の交換にあわせてスレート屋根のカバー工法リフォームをおこなうことになりました。

古い棟板金を取り外す

古い棟板金を取り外す

カバー工法リフォームでは、はじめに古い棟板金の撤去をおこないます。
棟板金を固定するための木下地(もくしたじ)も取り外します。
木下地は名前のとおり、木製の下地です。
そのため、雨水や湿気によって腐ってしまうことがあります。
木下地が腐ってしまうと、棟板金を固定している釘が浮いてしまい、棟板金の飛散や変形といった不具合がおきる原因となってしまいます。

ルーフィングシートを敷き詰める

ルーフィングシートを敷き詰める

次にルーフィングシートを古い屋根のうえに敷き詰めます。
ルーフィングシートは防水シートのことで、下葺き材(したぶきざい)とも呼ばれます。
もし屋根材や板金に不具合がおき、雨水が侵入してしまったときに、屋根裏への雨水侵入を最終的に防ぐ役割を担っています。
そのため、ルーフィングシートの品質はとても重要です。
今回のカバー工法では、田島ルーフィング株式会社の「ニューライナールーフィング」を使用しました。
「ニューライナールーフィング」は改質アスファルトと呼ばれる種類のルーフィングです。
改質アスファルトは、日本の戸建て住宅で広く使われているアスファルトルーフィングの約2倍の耐久性があります。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根を張り付ける

金属屋根を張り付ける

敷き詰めたルーフィングシートのうえから、金属屋根を張り付けます。
今回のカバー工法では、金属屋根としてアイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」を使用しました。
スーパーガルテクトは「SGL(えすじーえる)鋼板」と呼ばれる素材で作られています。
SGL鋼板は、金属屋根の素材として現在主流なガルバリウム鋼板を改良した素材です。
ガルバリウム鋼板に比べて、約3倍の耐食性能(腐食の起こりにくさ)があります。
スーパーガルテクトはメーカー保証として、穴あきが25年間、塗膜の劣化が20年間、保証されます。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

雨どいの交換

雨どいの交換

今回はオプション工事として雨どいの交換もおこないました。
建てた足場をそのまま利用できるため、屋根リフォームのタイミングで一緒に雨どいの交換をおこなうと経済的です。
屋根の工事とともに、オプションの追加工事もすべて定額制で提供しています。

定額の工事費用について詳しくはこちら

AFTER

京都市右京区のカバー工法リフォームが完成です!

京都市右京区でおこなったカバー工法リフォームが完成しました。
「スーパーガルテクト」は屋根としての耐久性が充分にあり、さらに耐風性や断熱効果にも優れた、とても優秀な屋根材です。
近年、金属屋根は地震や台風といった自然災害への耐久性が評価され、リフォーム後の屋根材として採用されるケースが増えています。
金属屋根への屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひ屋根専門の板金工事会社であるテイガクにご相談ください。

京都市右京区と周辺地域のその他工事例

京都市北区にお住まいの方より「屋根から雨漏りが発生している」とご相談をいただきました。 現場調査の結果、雨漏りの原因は谷どい板金の経年劣化によるものでした。 屋根本体も劣化が進行していたため、葺き替えをおこないました。そ…

場所:京都市北区 日付:2019年11月

大阪府枚方市で屋根改修工事を行いました。経年劣化が進んでいるため、野路板を張し増りし、施工をいたしました。 テキストテキストテキスト

場所:大阪府枚方市 日付:2015年 4月

大阪府高槻市で屋根カバー工法と外液塗装によるリフォーム工事を行いました。 テイガクは屋根と外壁リフォームに精通した会社です。お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。 大阪府高槻市で屋根と外壁のリフォーム工事を行…

場所:大阪府高槻市 日付:2017年5月

京都市右京区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガク

京都府京都市右京区でおこなったカバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
スレート屋根にコケや藻が生えている場合、それは経年劣化が進行してしまっているというサインです。
もし、そのまま経年劣化がおきている屋根を放置しつづけてしまうと、最終的に屋根の下地である野路板(のじいた)が劣化してしまいます。
野路板が劣化してしまうと、カバー工法によるリフォームがおこなえず、葺き替えをおこなうしかありません。
もちろん、葺き替えによって屋根を新品の状態にしてしまうことは、屋根を長持ちさせるという観点ではベストな選択肢です。
しかし、カバー工法と比べて葺き替えリフォームは工事費用がとても高額になってしまいます。
そのため、経年劣化がおきてしまった屋根は、早めのうちに屋根リフォームの計画を立てて、カバー工法による屋根リフォームを実施することが費用対効果の面でベストな選択だと筆者は考えます。

テイガクは、大阪府堺市に工事拠点センターを持つ、屋根修理専門の板金工事会社です。
京都市までは車で1時間ほどで駆けつけることができます。
現場調査からお見積りまではすべて無料ですので、屋根リフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへご相談ください。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 京都市右京区でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 京都市右京区のカバー工法リフォームが完成です!
  3. 京都市右京区と周辺地域のその他工事例
  4. 京都市右京区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!