NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

大阪市東淀川区|カラーベスト葺き替え工事

更新 公開

簡単な工事概要テキスト大阪市東淀川区のお客さまから、屋根の劣化に関するご相談をいただきました。 今回ご相談いただいたお客さまの住宅で使用されていた屋根材は、カラーベストです。 カラーベストには部分的な経年劣化が見られ、外観に影響が出ている状況でした。 また、屋根からの雨漏りも発生しており、屋根のメンテナンスをする必要がありました。 お客さまと相談のうえ、カラーベストを剥がして、耐久性の高い金属屋根へ葺き替える工事をおこなう運びとなりました。 屋根の耐久性と外観の美しさを取り戻し、今後数十年雨漏りに悩まされない屋根をつくります。

大阪市東淀川区でおこなったカラーベスト屋根の葺き替えリフォーム

BEFORE

現場調査 屋根の状態

現場調査 屋根の状態

大阪市淀川区のお客さまから、屋根の劣化についてご相談をいただきました。
お客さまと日程調節をおこない、弊社社員が現地調査に伺いました。
写真は現場調査時の屋根の様子です。
カラーベスト屋根に部分的に色あせが見られ、経年劣化が進行している状態です。
また、お客さま宅の屋根は、屋根と屋根の取り合う(つながる)谷の部分や、外壁と屋根の取り合う部分などが多くあり、複雑な構造でした。
このような取り合い部分は雨漏りが起きやすいポイントです。

現場調査 ドーマーの様子

現場調査 ドーマーの様子

お客さま宅の屋根にはドーマー(屋根に取り付ける窓)もついていました。
ドーマーは屋根との接続部分が多く、雨漏りの発生が非常に多い場所です。
ドーマー部分の施工には雨仕舞と呼ばれる、雨漏り防止処理を施します。

工事開始 古い屋根を取り外す

工事開始 古い屋根を取り外す

お客さまとのご契約まで進みましたら、工事開始です。
屋根葺き替え工事では、まず古い屋根材をすべて撤去していきます。

写真は劣化したカラーベストを撤去し、その下の「ルーフィングシート」と呼ばれる防水シート、さらにその下で屋根材を支える「野地板」という下地材が見え始めたところです。
ルーフィングシートも野地板も長年雨水にさらされた影響か、かなり劣化が進んでいました。
ルーフィングシートの下にある野路板も痛みはじめているため、これから野地板の補強をおこなっていきます。

野路板の張り増し

野路板の張り増し

古い屋根材を取り外した後、新しい野地板を増し張りし、下地の強度を高めていきます。
テイガクでは野地板に「構造用合板」と呼ばれる板を使用しております。
構造用合板には6、9、12mmのものがありますが、テイガクで使用しているのは最も厚い12mmのものです。
しっかり下地を補強することで、野地板の上に載るルーフィングシートと屋根材本体をがっちり固定していきます。

ルーフィングシート張り

ルーフィングシート張り

野地板を張り終えたら、ルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは下葺き材ともよばれる、防水シートのことです。
屋根材を通り抜けた雨水が屋内へ侵入するのを防ぐ、とても重要の部材です。
しかし、最終的に屋根材の下に隠れてしまうため、あまり重視されないかたもいらっしゃいます。

ルーフィングシートは素材、価格、性能等によって非常に多くの種類があり、屋根の寿命を左右しますので、ぜひ施工の際にはこだわってお選びいただくことをおすすめします。
今回は田島ルーフィングの「タディスホワイト」を使用しました。
20年程の耐用年数があり、費用対効果の高いルーフィングシートです。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根を張り付ける

金属屋根を張り付ける

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から金属屋根材を張り付けていきます。
今回使用する金属屋根材は、アイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板をさらに改良したSGL鋼板と呼ばれる金属を使用しております。
これにより超軽量でありながら、耐久性と耐熱性にすぐれた総合力の高い屋根材です。

写真は屋根の谷部分の板金を取り付けているをしている様子です。
屋根同士がつくる谷の部分は屋根材同士が取り合う部分であるのに加え、雨水や雪が集中する部分でもあるため、非常に雨漏りの多い部分です。
このような部分には、熟練の職人が現場で屋根の形状にあわせて谷どい板金と呼ばれる板金を加工し、雨仕舞を施します。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

ドーマー部分の施工

ドーマー部分の施工

谷と同じく、ドーマーも接続部分の多さにより雨漏りがおきやすい部分です。
こちらも屋根の形状にあわせて、職人さんが現場で板金加工をおこない、雨仕舞をおこないます。
写真は職人さんによって、ドーマー部分の施工をした様子です。
丁寧な施工によって、雨漏りが起きにくいドーマーが完成しました。

棟部分の施工

棟の施工では、まずはじめに「棟板金下地」とよばれる下地材を取り付けます。
棟板金下地を取り付けたら、その上から「棟板金(むねばんきん)」を取り付けます。
屋根の傾斜角は住居によって異なるので、棟板金も職人さんが現場で加工して取り付けます。
そのため職人さんの腕により出来がかなり変わってくる部分です。

テイガクは板金加工会社であり、多くの熟練板金工が在籍しています。
板金加工は得意分野の1つです。

しっかりと棟板金がはめます。
長い間雨漏りに悩まされない屋根を作るのに絶対の自信がありますので、安心して工事をお任せください。

AFTER

大阪市東淀川区でおこなったカラーベストの葺き替えリフォームが完成です!

大阪市東淀川区でおこなったカラーベストの葺き替えリフォームが完成

大阪市東淀川区の屋根葺き替えリフォームが完成しました。
棟板金の立ち上げをはじめとする雨仕舞がしっかりおこなわれ、今後数十年雨漏りに悩まされない屋根が完成しました。
仕上がりの美しさもあいまって、お客さまには大変ご満足いただけたようでした。
東淀川区で屋根・外壁のリフォームをご検討のかたは、ぜひテイガクへご相談ください。
現地調査からお見積りまでは無料で承っております。

大阪市のそのほか施工例

大阪府大阪市住吉区にお住まいのお客さまから、パミール屋根のリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場の屋根は、築後14年が経過したパミールの屋根です。 経年劣化によって、屋根材の下端がめくれ上がってしまっています。…

場所:大阪府大阪市住吉区 日付:2020年2月

地震や台風で崩れた屋根の修理、葺き替え工事はテイガクにお任せください。 大阪市東淀川区まではおよそ35分で伺います。 安く安心できる屋根修理工事をご提供いたします。 大阪市東淀川区で行った重い陶器瓦屋根から金属屋根への葺…

場所:大阪市東淀川区 日付:2018年6月

大阪市淀川区で屋根修理工事・屋根リフォーム工事会社をお探しのお客様はテイガクで。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根に関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。 大阪市淀川区でお客様のご依頼を受け、屋根の…

場所:大阪市淀川区 日付:2013年11月

大阪市周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガク屋根修理 大阪工事センター 外観

大阪市東淀川区でおこなった屋根葺き替えリフォームの施工例をご紹介いたしました。
テイガクは大阪府堺市、兵庫県伊丹市に工事拠点を構える、屋根・外壁リフォーム専門の板金工事会社です。
お客さまとは直接契約をいたしますので、間に仲介業者や紹介会社がはさむことはありません。
テイガクによる定額制の直接工事をご提供しております。
ぜひ、大阪市周辺で屋根や外壁のリフォームをご検討されている方は、お気軽にテイガクにお問い合わせください。
現地調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 大阪市東淀川区でおこなったカラーベスト屋根の葺き替えリフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 大阪市東淀川区でおこなったカラーベストの葺き替えリフォームが完成です!
  3. 大阪市のそのほか施工例
  4. 大阪市周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!