大阪市住吉区|築14年のパミール屋根をカバー工法で屋根リフォーム

更新 公開

大阪府大阪市住吉区にお住まいのお客さまから、パミール屋根のリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場の屋根は、築後14年が経過したパミールの屋根です。 経年劣化によって、屋根材の下端がめくれ上がってしまっています。 屋根材自体が劣化しているため、屋根の再塗装は効果がなく、屋根全体をリフォームする必要がありました。 そのため、屋根カバー工法による金属屋根への屋根リフォームをおこないました。 大阪市住吉区にお住まいの方で、屋根のリフォームをご検討されている方はテイガクへお気軽にお問い合わせください。

大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法リフォーム

大阪市住吉区にお住まいのお客さまからいただいた、パミール屋根のカバー工法リフォームをご紹介いたします。
現場のパミール屋根は経年劣化により、屋根材がめくれ上がり、欠けてしまっています。
このままパミール屋根を放置してしまうと、屋根材の欠けがさらに大きくなったり、屋根材を留める釘の腐食により屋根材が落下してしまったりする可能性がありました。
そのため、今後パミール屋根に対するご不安がなくなるよう、カバー工法による金属屋根へのリフォームをおこないました。

BEFORE

現場調査 ぼろぼろに欠けたパミール

現場調査 ぼろぼろに欠けたパミール

大阪市住吉区にお住まいのお客さまより、パミール屋根リフォームのご相談をお受けしました。
現場は築後14年が経過したパミールの屋根です。
「パミール」はニチハ株式会社が製造・販売していたスレート(コロニアル)屋根材です。
施工後10年ほどで「層間ハクリ」と呼ばれる不具合が起きてしまう可能性が高く、2008年に製造中止になりました。
層間ハクリは、今回の現場写真のように、屋根材の層(とくに下端)がめくれ上がってしまう劣化症状です。
さらに、パミールの施工で使われる釘にも問題が見つかっており、リコールの対象になっています。

現場の屋根では、すでに層間ハクリの劣化症状が現れており、屋根のリフォームを検討しなければいけない状態でした。
今後、屋根の劣化状況にお悩みになることがなくなるよう、カバー工法で屋根全体をリフォームすることになりました。

現場調査 足場の組み立て方を確認

現場調査 足場の組み立て方を確認

通常、屋根のリフォームをおこなう時は、住宅を囲むように足場を組み立てます。
しかし、現場は左右に隣接する住宅があり、四方を囲むような足場の組み立てができません。
こういった場合でも、安全に作業ができる足場を組み立てる方法があります。

足場を組み立てる

足場を組み立てる

はじめに、住宅の片面に足場を組み立てます。
このとき、足場の安全性を保つため、住宅とは反対側(写真の手前側)にも足場を組み立てます。
このように組み立てることで、足場がしっかりと固定され、強風や大きな揺れがあっても倒れない足場ができます。

さらに、このような足場の場合、金属屋根(長さ3mほど)を屋根上に持っていくために、写真に映っているような「2連はしご」、または「3連はしご」と呼ばれる特殊なはしごを利用します。

足場の必要性について詳しくはこちら

下葺き材を貼る

下葺き材を貼る

既存の古い屋根のうえから、下葺き材を貼ります。
下葺き材は屋根からの雨漏りを防ぐ防水シートです。ルーフィングシートとも呼ばれます。
今回は下葺き材として、田島ルーフィング株式会社の「タディスセルフ」を使用しました。

通常の下葺き材は、屋根に敷き詰めたあと、ビスや釘で屋根に留めます。
一方、タディスセルフは屋根に貼るタイプの下葺き材なので、ビスや釘を使いません。
ビスや釘を使わないため、既存の屋根材を傷つけずに施工できます。
既存の屋根材がひどく劣化していたり、屋根材としてパミールが使われていたりする場合は、粘着型の下葺き材を使うことが望ましいです。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根を張り付ける

金属屋根を張り付ける

下葺き材のうえから金属屋根を張り付けます。
今回はアイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」を使用しました。
スーパーガルテクトはエスジーエル鋼板と呼ばれる素材で作られた金属屋根材です。
エスジーエル鋼板は、金属屋根の素材として有名なガルバリウム鋼板を改良したもので、耐食性能が約3倍強もあります。
ガルバリウム鋼板に比べて、よりサビにくく、表面塗膜の劣化も起きにくい、とても優れた金属屋根材です。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

雨押え板金の取り付け

雨押え板金の取り付け

今回の住宅には下屋根(げやね)がありました。
2階建ての1階部分の屋根を下屋根と呼びます。
下屋根は外壁との取り合い部があるため、雨漏りが起きやすい箇所です。
こういった雨漏りが起きやすい箇所は屋根全体にいくつかあり、それぞれに特殊な板金(水切り板金)を取り付けます。
下屋根と外壁の取り合い部には「雨押え(あまおさえ)板金」とよばれる板金を取り付けます。
雨押え板金を取り付けることで、外壁を伝う雨水をきちんと排水できるようになります。

AFTER

大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法が完成です!

大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法が完成です!

大阪府大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法リフォームが完成しました。
屋根全体のカバー工法リフォームをおこなったことで、今後パミール屋根に悩まされることがなくなりました。
さらに、既存の屋根のうえから断熱材付き金属屋根を被せたことで、屋根の断熱性がより高まりました。
金属屋根はとても軽量なため、耐震性に対するご心配は不要です。
大阪市住吉区で屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお気軽にご相談ください。

大阪市住吉区と周辺地域のその他工事例

大阪市住吉区で行った、強風で飛ばされてしまった棟板金の修理と急勾配屋根リフォームをご紹介します。 2018年2月頃の強風で棟板金が飛んでので、調査をしてほしいとのことでお問い合わせをいただきました。 大阪市住吉区で行った…

場所:大阪市住吉区 日付:2018年4月

大阪市平野区にお住いのお客様から屋根葺き替え工事のご相談をいただきました。既存の屋根はセメント瓦で建築後約40年が経過しています。セメント瓦の屋根を軽い金属の屋根に葺き替えました。大阪市の屋根葺き替え工事はテイガクにお任…

場所:大阪市平野区 日付:2018年3月

大阪市浪速区でトップライト・天窓付き屋根の葺き替え交換工事を行いました。 トップライトからの雨漏りでお困りのお客様はテイガクにお問い合わせください。 大阪市浪速区にお住まいのお客様からトップライト(天窓)付き屋根のリフォ…

場所:大阪市浪速区 日付:2016年12月

大阪市住吉区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

大阪市住吉区でおこなったパミール屋根カバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
パミールの屋根は築後10年ほどで劣化症状が現れてしまいます。
もし、劣化症状をそのまま放置してしまうと、屋根の下地がひどく傷んでしまう可能性があります。
屋根の下地がひどく傷んでしまうと、カバー工法はできず、屋根の下地ごと交換する葺き替えリフォームをするしか方法がありません。
その場合、工事費用はカバー工法よりも高額になってしまいます。
屋根に劣化症状が現れてしまった場合は、先延ばしにせず、計画的に屋根のリフォームをおこなうようにしましょう。

大阪市で屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお問い合わせください。
現場調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

大阪市住吉区周辺で屋根リフォーム業者をお探しの方はテイガクへお任せください

テイガクは大阪府堺市に工事拠点をもつ、屋根修理専門の板金工事会社です。
堺市の工事拠点から大阪市住吉区までは、車で20分ほどで駆けつけることができます。
大阪市は全域が施工可能エリアですので、住吉区周辺にお住まいの方でも、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 大阪市住吉区でおこなったパミール屋根のカバー工法が完成です!
  3. 大阪市住吉区と周辺地域のその他工事例
  4. 大阪市住吉区の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!
  5. 大阪市住吉区周辺で屋根リフォーム業者をお探しの方はテイガクへお任せください