NEWS お知らせ

・2022年9月 スマートフォン用 無料アプリ「屋根の面積計算」リリースのお知らせ
・2022年8月 テイガクを名乗る会社について
・2022年7月 4月から開始された石綿含有建材の事前報告について

大阪府泉佐野市|雨漏りがおきたコロニアル屋根を金属屋根にカバー工法リフォーム

更新

大阪府泉南市にお住まいのお客さまから、コロニアル屋根の雨漏りについてご相談をお受けしました。 現場の屋根は、築後14年が経過したコロニアル(スレートとも呼ばれます)屋根です。 屋根材には、経年劣化による不具合が起きやすいことで知られる「パミール」が使われています。 このまま屋根を放置してしまうと、雨漏りだけでなく、経年劣化による屋根材の割れや剥がれも起きてしまう可能性がありました。 そのため、屋根の劣化がひどくなる前に、耐久性に優れている金属屋根へのカバー工法をおこないました。 泉南市にお住まいのかたで、屋根のリフォームをご検討されているかたはぜひテイガクへお気軽にご相談ください。

泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォーム

大阪府泉佐野市にお住まいのお客さまからいただいた、コロニアル屋根のカバー工法リフォームをご紹介いたします。
現場のコロニアル屋根は、数ヶ月まえから雨漏りが発生しており、室内の天井には雨染みができていました。
応急処置として、ほかの屋根修理業者さまによって、雨水の侵入経路をふさぐ防水テープが貼られています。
屋根材には、築後10年前後で「層間はくり」とよばれる不具合がおきやすいパミールが使われており、今後数年内でなにかしらの劣化症状が現れてしまう可能性がとても高いです。
今後、屋根の雨漏りやコロニアルの経年劣化を心配する必要がなくなるよう、金属屋根へのカバー工法リフォームをおこないました。

BEFORE

現地調査 雨漏りがおきたコロニアル屋根

現地調査 雨漏りがおきたコロニアル屋根

大阪府泉佐野市にお住まいのお客さまより、コロニアル屋根のリフォームに関するご相談をお受けしました。
現場は築後14年が経過している、コロニアルの屋根です。
数ヶ月まえから雨漏りが発生しており、大きな雨が降るたびに、室内へ雨水が侵入してしまう状態でした。
一時的な応急処置として、地元の屋根修理業者さまが防水テープを貼っています。

しかし、あくまで防水テープ貼りは一時的な処置でしかありません。
このまま放置をしてしまうと、雨漏りが再発したり、さらに悪化したりしてしまう可能性があります。
根本的な雨漏り修理をするには、カバー工法によるリフォームか、葺き替えのどちらかしかありません。

今回の現場は、屋根材と屋根下地がそこまで劣化していないことを考慮して、カバー工法によるリフォームが費用対効果の面で適しているとご提案をさせていただきました。
ご提案した工事内容をお客さまのほうでご検討いただいた結果、テイガクでカバー工法による屋根リフォームを施工させていただくことになりました。

古い棟板金と下地を取り外す

古い棟板金と下地を取り外す

カバー工法では、まずはじめに古い棟板金(むねばんきん)と棟下地(むねしたじ)を撤去します。
屋根に雪止め金具が取り付けられている場合は、切断して取り外します。
こうすることで、屋根がフラットな状態になり、カバー工法をおこなう準備がととのいます。

ルーフィングシートを敷き詰める

ルーフィングシートを敷き詰める

ルーフィングシートは、屋根を雨漏りから防ぐ防水シートです。
下葺き材(したぶきざい)とも呼ばれます。

ルーフィングシートはさまざまな種類の製品があります。
「とにかく工事費用を抑えたい」のか、「費用対効果を重視している」のか、「遮熱性や通気性を重視している」のかで、どの製品を選べばよいかが決まります。

テイガクでは、お客さまの要望にこたえられるよう、9種類のルーフィングシートをご用意しています。

今回は田島ルーフィングの「タディスホワイト」を使用しました。
タディスホワイトは改質アスファルトと呼ばれる素材で、耐用年数が20年ほどの製品です。
費用対効果の面で優れている、お勧めのルーフィングシートです。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

軒先板金を取り付ける

軒先板金を取り付ける

ルーフィングシートを敷き詰めたあとは、軒先板金を取り付けます。
金属屋根には、屋根本体のほかに「軒先板金」や「谷どい板金」、「雨押さえ板金」などの各種板金が取り付けられます。
これらをまとめて「水切り板金(みずきりばんきん)」と呼びます。
屋根本体はもちろんのこと、こうした水切り板金の加工も板金工の仕事です。
金属屋根へのリフォームをご検討されているかたは、ぜひ板金工が在籍している板金工事会社へリフォームを依頼することをお勧めいたします。

金属屋根本体を張り付ける

金属屋根本体を張り付ける

ルーフィングシートのうえから金属屋根本体を張り付けます。
今回は屋根材として、アイジー工業の「スーパーガルテクト」を使用しました。
スーパーガルテクトはエスジーエル鋼板と呼ばれる素材が使われた屋根材です。
耐久性が高いことで知られるガルバリウム鋼板を、さらに改良したものがエスジーエル鋼板です。
エスジーエル鋼板は、ガルバリウム鋼板に比べて、約3倍もの耐食性能があります。
メーカー保証も充実しており、赤サビには20年、穴あきには25年の製品保証が付与されています。

金属屋根へのリフォームをご検討されているかたは、ぜひエスジーエル鋼板が使われた屋根材を選ぶことをテイガクではお勧めしています。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

換気棟を取り付ける

換気棟を取り付ける

棟板金を取り付けたのち、今回はオプション工事として、棟部分に換気棟(かんきむね)を取り付けました。
夏場や冬場は、屋根裏に熱気や湿気がたまり、結露がおきてしまうことがあります。
屋根裏で結露がおきると、屋根下地である野地板(のじいた)が腐ってしまい、屋根の寿命が短くなってしまいます。
屋根に悪影響を与える結露を防ぐために、屋根裏から外へつなぐ穴をあけ、熱気や湿気を外へ逃すようにします。
このときできた穴のうえから換気棟を被せます。
換気棟は雨水が入ってこない作りになっているため、外から屋根裏へ雨水が侵入することはありません。
屋根の寿命をすこしでも伸ばしたいかたは、ぜひ換気棟の取り付けも検討してください。

換気棟について詳しくはこちら

AFTER

大阪府泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォームが完成です!

大阪府泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォームが完成です!

大阪府泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォームが完成しました。
今後、雨漏りやコロニアルの経年劣化に頭を悩ませる必要はなくなりました。
今回施工したスーパーガルテクトは、かん合式(かんごうしき)と呼ばれる施工方法を採用しており、とても耐風性に優れています。
さらに、金属屋根はとても軽量なので、カバー工法で新しい金属屋根を被せても、耐震性に悪影響は与えません。
台風や地震といった自然災害に対しても、充分に耐えられる丈夫な屋根へ生まれ変わりました。
泉佐野市で屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお気軽にお問い合わせください。

大阪府泉佐野市と周辺地域のその他工事例

岸和田市で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 大阪府岸和田市で雨漏り修理に関するご相談をいただきました。既存の屋根…

場所:大阪府岸和田市 日付:2017年1月

泉大津市の雨漏り修理、屋根リフォーム 工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。現場調査&お見積り作成は無料ですので、お気軽にお問合せください。 大…

場所:大阪府泉大津市 日付:2018年8月

大阪府堺市南区にお住まいのお客さまから、瓦屋根の葺き替えリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後36年が経過する陶器瓦の屋根です。 2018年に関西近辺で猛威をふるった台風21号により屋根が被災し、瓦の大部…

場所:大阪府堺市南区 日付:2020年1月

大阪府泉佐野市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

堺工事センター
堺工事センター

大阪府泉佐野市でおこなったコロニアル屋根カバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
屋根からの雨漏りがおきてしまった場合、応急処置を施しても根本的な解決にはいたりません。
雨漏りが再発するたびに修理業者を呼ぶのは、お金の面でも負担になりますし、なにより精神衛生上よくありません。
雨漏りが原因で、ほかの屋根部材に悪影響を及ぼす可能性もあります。
計画的に屋根全体のリフォームをご検討されることが望ましいです。

泉佐野市にはすぐに駆けつけることができます!

テイガクは堺市に工事センターの拠点をもつ、屋根修理専門の板金工事会社です。
泉佐野市までは車で50分ほどで駆けつけることができます。
泉佐野市で屋根のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積もりまでは、すべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
建築物石綿含有建材調査者
著者経歴

大阪府堺市生まれ。千葉県立船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。
中央工学校夜間建築学科卒業。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク記事の執筆とユーチューブ動画撮影をおこなっています。趣味は日本史学。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
ゼロミツ 現地調査なしでお見積書を発行!
残りわずか!フッ素の屋根材あります
  1. 泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 大阪府泉佐野市でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォームが完成です!
  3. 大阪府泉佐野市と周辺地域のその他工事例
  4. 大阪府泉佐野市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!
  5. 泉佐野市にはすぐに駆けつけることができます!