NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

川口市で築12年の戸建て住宅を屋根カバー工法と外壁塗装を同時リフォームした工事例

更新 公開

埼玉県川口市で築後12年経過した屋根のカバー工法と外壁塗装を同時におこないました。その施工内容をご紹介します。 屋根と外壁のリフォームをご検討されている方は参考までにご覧ください。

埼玉県川口市で屋根のカバー工法と外壁塗装を同時におこないました

埼玉県川口市にお住まいのお客様より、ご自宅のリフォームのご依頼をいただきました。
川口市はテイガクの工事拠点がある地域なので、お問い合わせも多く、施工実績も多い地域です。
川口市の工事実績について詳しくはこちら


現場の屋根は、築後12年目のコロニアルです。
テイガクで現場調査をおこなったところ、屋根材にヒビが入ってる箇所を複数確認しました。

コロニアルとは、セメントと繊維素材を含む薄い板状の屋根材のことです。
アスベストが含まれていないコロニアルには、築後10年を過ぎたあたりから以下のような劣化の症状がみられます。
・屋根表面に細かなヒビ
・屋根材の先端の色あせ
コロニアルの耐用年数についてはこちら

このまま放っておくと屋根材が欠け落ち、強風で飛ばされる事故が発生することがあります。
そこで、屋根リフォームについては金属屋根を被せるカバー工法を弊社でご提案いたしました。
また、外壁の汚れが目立つので塗り替えてほしいとお客様よりご要望がありましたので、屋根リフォームと外壁塗装を同時におこないました。

屋根と外壁のリフォームについてお悩みの方は、テイガクへご相談ください。

テイガク

BEFORE

現場調査 屋根材のヒビ割れ

現場調査 屋根材のヒビ割れ

画像は、屋根材のヒビ割れ箇所の写真です。
コロニアル表面の塗膜は、長年蓄積された紫外線のダメージによって劣化し、次第に雨水をはじく力が弱まります。
はじく力が弱まることで、コロニアルが雨水を吸い込んでしまいます。
雨水を吸い込んだコロニアルはもろくなり、やがてヒビが入ります。
最悪の場合、ヒビの入った箇所から雨漏りが発生します。
そのような不具合に備えるために、カバー工法による工事をおこないます。

古い棟板金を外します

古い棟板金を外します

屋根のリフォーム工事を開始します。
まず、屋根に使われている古い棟板金と雪止め金具を取り外します。
カバー工法ではこうして屋根をたいらな状態にしてから、ルーフィングと金属屋根を張っていきます。

屋根の防水について

屋根の防水について

既存の屋根材の上にルーフィングシートを敷き詰めます。
ルーフィングシートとは下葺き材(したぶきざい)ともよばれる防水シートのことです。
万が一屋根材から浸水したときに、ルーフィングは雨漏りを防ぐ働きをします。屋根材とルーフィングの二重構造にすることで屋根の防水機能は強化されるのです。

現在普及しているルーフィングは大きく分けて2種類あります。「アスファルトルーフィング」と「改質アスファルトルーフィング」です。
今回使用した「PカラーEX+(プラス)」は汎用タイプの改質アスファルトルーフィングとして開発されました。
アスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜることにより、アスファルトルーフィングと比べて耐久性と防水性が高くなりました。
また、PカラーEX+は温度変化に強くコストパフォーマンスが高いことが特長です。

換気棟の設置

換気棟の設置

「換気棟」とは、屋根の棟部分に屋根裏の熱気を外に逃がす目的で取り付けられる部材です。
換気棟を取り付ける際、屋根の頂上部分に穴を開けるため雨漏りを心配されるお客様が多いです。
しかし、実績豊富な屋根工事会社の職人さんがていねいに施工すれば心配はまったくありません。

下屋根の雨仕舞処置

下屋根の雨仕舞処置

下屋根にもルーフィングを張り、金属屋根を被せます。
下屋根と外壁の取り合いは雨漏りしやすい部分のため、十分な雨仕舞(あまじまい)が必要です。
雨仕舞とは、建物内部に雨水を入り込ませないようにするための防水施工のことです。
画像のように、下屋根と外壁の取り合い部分に「雨押え板金」を設置します。
こういった板金は、屋根の中でも特に水がたまりやすい部位に取り付けます。

外壁塗装に使用した塗料

外壁塗装に使用した塗料

屋根の施工が完了しました。次に、外壁塗装の工程に進みます。
まず外壁塗装を始める前に、使用する塗料の撮影をおこないます。
お見積書に記載されている塗料と、実際使用する塗料に相違がないことをお客様にご確認いただいております。

画像はファインパーフェクトトップという塗料です。上塗りに使われる塗料です。
この塗料には高耐候酸化チタンと光安定剤が配合されており(※ラジカル制御技術)塗りたて時の状態を長期間保つことが可能です。
また、カビや雨だれ汚染の防止効果があるためテイガクで使うことが多い塗料です。

外壁のコーキング

外壁のコーキング

塗料を撮影した後、「コーキング」をおこないます。
コーキングとは、建築物の継ぎ目を樹脂製のパテで充填する工事のことです。
壁材からの雨漏りやヒビ割れ防止のためにコーキングはよくおこなわれます。

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装を開始します。外壁塗装の多くは下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りで仕上げます。
基本的に中塗りと上塗りは同質同色塗料でおこないますが、お客様のご希望があれば別の塗料で仕上げることも可能です。
テイガクでは3回塗りをおこなった記録を残すため、塗装の工程ごとに撮影をしております。
塗装工事完了後にはお客様へ写真をお渡しいたします。

AFTER

埼玉県川口市でおこなった屋根リフォーム 工事完了です!

埼玉県川口市でおこなった屋根リフォーム 工事完了

埼玉県川口市でおこなった屋根リフォーム工事が完了しました。
足場を共同利用できるという理由から、今回の事例のように屋根工事と外壁塗装工事をセットでご希望されるお客様はたくさんいらっしゃいます。
屋根工事と外壁塗装の同時リフォームをおすすめする理由について詳しくはこちら

テイガクは板金工事会社ですが、外壁に関する知識や経験が豊富な職人さんも所属しています。
外壁塗装工事もぜひ、テイガクにお任せください。

川口市と周辺地域のその他工事例

埼玉県川口市で屋根と外壁のリフォーム工事を行いました。工事内容は屋根はカバー工法による金属屋根への重ね葺き工事、外壁は塗り替え工事です。テイガクでは屋根だけではなく外壁塗り替え工事も承っております。二つの異なる工事を同時…

場所:埼玉県川口市 日付:2017年6月

埼玉県川口市の屋根のリフォームのご依頼をいただきました。築25年ほど経過した大手ハウスメーカーで建てられた複合屋根の注文建築のお宅です。軒天井が全体的に広く取られていてとても重厚感と高級感のある住宅ですが、やはり雨風に直…

場所:埼玉県川口市 日付:2018年2月

川口市で庇・玄関ポーチの板金修理・改修・修繕工事はテイガクにお任せください。 埼玉県川口市のお客様からお問い合わせをいただきました。工事のきっかけは庇板金からの雨漏りです。現場は建築後45年が経過した戸建て住宅です。庇は…

場所:埼玉県川口市 日付:2017年4月

川口市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

弊社の施工事例をご覧いただきありがとうございます。
テイガクは自社で施工管理をおこなっている板金工事会社です。
今回施工をおこなった現場である埼玉県川口市には、弊社の工事拠点である「東京・埼玉工事センター」がございます。
また、板金工事を定額料金制でお請けしているため、他社への仲介料金が含まれない直接工事のかたちでリフォームをご提案いたします。

埼玉県川口市で屋根や外壁のリフォーム工事をお考えの方はテイガクへお問い合わせください。
現場調査からお見積もりまでは無料です。お客様のご予算やご希望にあわせた工事方法のご提案をいたします。

テイガク
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 埼玉県川口市で屋根のカバー工法と外壁塗装を同時におこないました
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 埼玉県川口市でおこなった屋根リフォーム 工事完了です!
  3. 川口市と周辺地域のその他工事例
  4. 川口市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!