江戸川区 屋根の修理 屋根のリフォーム

東京都江戸川区の屋根修理工事・金属サイディング工事をご紹介します。
金属製品を用いた屋根と外壁のリフォーム工事は定額屋根修理にお任せください。

DATA
施工実施日 2017年10月
地域 東京都江戸川区
お施主様 T様邸
屋根工事種別 外壁と屋根のカバー工法リフォーム
施工例1

江戸川区 | 外壁と屋根のリフォーム

東京都江戸川区で外壁と屋根のリフォーム工事を行いました。
外壁と屋根は共にガルバリウム鋼板の金属建材で仕上がました。
既存仕上げ材に重ねて張るカバー工法による施工となります。
カバー工法は屋根だけではなく、外壁にも適応可能です。
外壁に用いられる建材は「金属サイディング」と呼ばれています。
金属建材を主に扱う定額屋根修理では「金属サイディング」のリフォーム工事も得意としています。
金属建材を用いた屋根や外壁のリフォーム工事は定額屋根修理にお任せください。

江戸川区 屋根修理 リフォーム

1.江戸川区の外壁と屋根のリフォーム工事例

江戸川区の外壁と屋根のリフォーム工事東京都江戸川区で外壁と屋根のリフォーム工事に関するご相談をいただきました。
画像は現場調査の様子です。
建築後16年目の戸建て住宅です。
今回はお客様から屋根だけではなく、金属サイディングによる外壁リフォームもご希望いただいていました。

↓

2.既存屋根の状態

既存屋根の状態既存屋根の状態です。
屋根の色あせがかなり進行しています。

↓

3.天窓修理

天窓修理今回の屋根は天窓があります。
天窓がある屋根の対処方法は3パターンです。
「天窓廻りの板金の交換」・「新しい天窓に取り換え」・「天窓撤去」の3つです。
今回は既存の天窓を残存させ廻りの板金を交換処理いたします。
天窓の修理に関して詳しくはこちら

↓

4.江戸川区の屋根リフォーム工事開始

江戸川区の屋根リフォーム工事開始江戸川区のリフォーム工事を開始します。
まずはじめに屋根工事から取り掛かります。
既存の板金を取り外して、下葺き材を張ります。
下葺き材は改質アスファルトルーフィングを使用します。
20年以上の耐用年数が期待できる製品です。
一般的に多用されている「アスファルトルーフィング940」は耐用年数が10年です。
改修工事合わせてできる限り良品質の下葺き材を使用して下さい。

↓

5.ガルバリウム鋼板張り

ガルバリウム鋼板張りガルバリウム鋼板を張ります。
今回使用した屋根材は「スーパーガルテクト」です。
カラーはモスグリーンになります。
スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

↓

6.屋根のリフォーム工事完成

屋根のリフォーム工事完成棟板金を取り付けて屋根のリフォーム工事が完成になります。

↓

7.天窓板金施工後の様子

天窓板金施工後の様子天窓板金施工後の画像です。
ガラス部分は既存のままですが、周りを囲む板金は新しくなりました。
定額屋根修理の職人さんは全て板金工であるため、天窓部分の雨仕舞板金加工技術は最高レベルです。

↓

8.外壁との取り合い部の施工

外壁との取り合い部の施工屋根と外壁の取り合い部の施工を撮影した画像です。
屋根と外壁の取り合い部の板金を「雨押え板金」といいます。
この部分の板金も定額制で工事をご提供しています。

↓

9.金属サイディング張り工事開始

金属サイディング張り工事開始屋根に続いて外壁のリフォームを開始します。
外壁は胴縁(どうぶち)と呼ばれる下地材を始めに取り付けます。通常、胴縁は縦方向に取り付けます。
この胴縁と胴縁の間が空気層(断熱層)となり、暖かい空気が上部の排気口から排出されます。

↓

10.金属サイディングの加工

金属サイディングの加工金属サイディング(金属外壁材)は画像のように現場で職人さんが加工します。
マルノコと呼ばれる電動カッターで金属サイディングを切ります。

↓

12.加工した金属サイディング

加工した金属サイディング画像は加工後の金属サイディングです。
金属サイディングはガルバリウム鋼板製で、断熱材一体型になっています。
また、遮熱塗料でフッ素タイプの製品も販売されています。
金属の屋根や外壁は断熱効果が悪く、室内が暑くなりやすいと思われがちですが、それは大きな間違いです。
断熱効果は非常に高まります。
外断熱の効果が得られて、夏は涼しく冬は暖かくなります。

↓

13.金属サイディング張り

金属サイディング張り縦の下地に対して横張で金属サイディングを張ります。

↓

14.金属サイディングの開口部

金属サイディングの開口部金属サイディングの特徴は開口部廻りに板金枠ができることです。
板金枠は同色素材のメーカー純正品で仕上げます。

↓

15.外壁と板金枠の施工

外壁と板金枠の施工外壁と板金枠の外観です。

↓

16.金属サイディング専任の職人さん

金属サイディング専任の職人さん定額屋根修理の金属サイディングの職人さんは全て金属サイディング張りだけを専任にしています。
これまで数百棟の物件を施工した職人さんがたくさん在籍しています。
高い技術力による工事をお客様にご提供いたします。

↓

17.金属サイディングの拡大画像

金属サイディングの拡大画像金属サイディングの拡大画像です。
金属サイディングは30年近くの歴史ある建材ですが年々意匠性も向上しています。

↓

完成

18.江戸川区の屋根と外壁リフォーム工事 完成

江戸川区の屋根と外壁リフォーム工事 完成
江戸川区の屋根と外壁リフォーム工事 完成2 東京都江戸川区の屋根と外壁のリフォーム工事が完成しました。
定額屋根修理はこれまで金属建材に特化した事業に携わってきました。
金属建材は屋根だけではなく外壁材にもございます。
金属サイディングの工事も定額屋根修理にお任せください。
実務経験豊富な技術力のある職人さんを手配して工事に臨むことをお約束いたします。
施工例2
劣化したコロニアル屋根 東京都江戸川区の屋根リフォーム工事をご紹介します。
既存屋根はコロニアルで、塗膜の劣化が進行しています。
コロニアル屋根は江戸川区の戸建て住宅で最も使用されている屋根素材です。

矢印

江戸川区の屋根 劣化写真 屋根の一部が割れていました。かけらは強風に煽られて飛散したようです。

矢印

コロニアル屋根 浮き コロニアル屋根材本体の重ね合わせ部に浮きが確認できました。
雨水を吸水したコロニアルの反り返りが原因です。
この隙間から雨水が浸入する恐れがあるため、リフォーム工事による浸水対策が望まれます。

矢印

棟の板金材と屋根材との隙間 今回の現場では既存の棟板金を全て撤去し、既存屋根材の上にガルバリウム鋼鈑屋根を重ね葺きするカバー工法を行います。
定額屋根修理で最も施工実績の多い工事方法です。

矢印

コーキング 屋根 江戸川区 こちらは数年前に他業者様が応急処置を行った跡です。
お客様目線でも明らかですが、かなり雑です。
この部位にコーキング処置を行うことは間違いではありません。
しかし、このようにコーキングを「ベットリ盛る」ことはプロの仕事とは言えません。

矢印

防水用のゴムアスルーフィング 見積り書の提出後、お客様から正式に屋根の修理工事のご注文をいただきました。
既存コロニアルの上に防水用の改質アスファルトルーフィングを屋根全体に敷き込みます。

矢印

 ガルバニウム鋼板製の屋根材 ルーフィングシート敷き込み後、屋根材を張ります。
屋根材はガルバリウム鋼板製です。
断熱材一体成型されている製品です。
金属屋根材のなかには断熱材がない製品がありますが、予算に余裕のあるお客様は断熱材付きの製品をお選びください。

矢印

寄せ棟屋根の下り棟部 今回の江戸川区の現場は寄棟屋根でした。
画像は寄棟屋根の下り棟の部分です。
軒先側には雪止め金具を設置しています。

矢印

AFTER
江戸川区屋根リフォーム後 写真 江戸川区の屋根リフォーム工事、完成です。
寄せ棟の主棟・下り棟もガルバリウム鋼板製の棟板金で美しく仕上がりました。
これで雨漏れの心配もありません。
コーキングの色も屋根材にあわせました。
コーキングの量はこのくらいで十分です。
金属屋根はメンテナンスも楽であり、コストパフォーマンス優れた屋根材です。
使用した屋根材はニチハ㈱製の「横暖ルーフ」です。
定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。
弊社は東京都杉並区に本社がある屋根修理専門の工事請負会社です。
千葉県市川市に職人と屋根資材を管理する倉庫があります。
江戸川区は全域対応しております。
屋根工事の他、外壁塗装工事も承っています。
お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。