NEWS お知らせ

・2021年12月 金属サイディング工事価格を改定いたしました
・2021年12月 フッ素塗膜鋼板の在庫状況について

神戸市|屋根カバー工法リフォーム-【テイガク】

更新 公開

兵庫県神戸市で屋根修理工事・屋根リフォームはテイガクで。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。

神戸市で行ったカラーベストのカバー工法リフォーム

兵庫県神戸市で行った屋根のリフォーム工事をご紹介します。
既存屋根はカラーベスト(コロニアル)で、建築後約30年が経過しています。
カラーベストの耐用年数はおよそ30年です。
30年目で葺き替え(ふきかえ)もしくは重ね葺き(かさねふき)/カバー工法を検討します。
塗り替えによる改修をお勧めしません。
今回はカバー工法による施工を実施しました。
兵庫県はテイガクの施工対応地域です。
神戸市の屋根修理事例はこちら
カバー工法によるリフォーム工事はテイガクにお任せください。
カバー工法について詳しくはこちら

テイガク

BEFORE

1.神戸市 屋根カバー工法によるリフォーム

1.神戸市 屋根カバー工法によるリフォーム

兵庫県神戸市でカバー工法によるリフォーム工事を実施しました。
既存屋根はカラーベストです。
カラーベストは建築後30年程度で本格的な改修工事が望まれる屋根材です。
他の屋根材に比べ、メーカー保証期間や耐用年数が短い屋根材です。
劣化が進むとカバー工法のようなコストパフォーマンスのよい工事方法が選択できなくなります。
30年目を目安にカバー工法などの本格的なリフォーム工事を検討してください。

2.カラーべストの代表的な劣化

2.カラーべストの代表的な劣化

ここで、代表的なカラーベストの不具合をご紹介します。
カラーベストは劣化が進行すると雨水をふくむようになります。
最終的には雨水の浸水を防ぐことができなくなり、雨漏りが生じるようになります。
今回の神戸市の現場でも軒先の一部分が雨水を吸収しています。このような状態では塗装などの塗り替えを行っても意味がありません。

3.板金の劣化

3.板金の劣化

全ての屋根材には画像のような板金が用いられています。
コロニアルだけではなく陶器瓦なども板金を使用します。
板金を固定するには釘を用いますが、長期間の使用により、釘は錆び付き、浮き出します。
板金を固定する固持力が低下するため、板金が外れて飛ばされるなどの大きな不具合に繋がります。
板金下地と板金の交換が必要です。

4.板金の錆び

4.板金の錆び

板金は錆びつき、最終的には穴があきます。
雨漏りの原因にもなるため、新しい板金への交換が望ましいです。
最近の板金はスーパーガルバリウム鋼板を用いた錆び付きにくい素材が販売されています。

5.カラーベストのコケ

5.カラーベストのコケ

カラーベストは外部環境によって苔が発生しやすい屋根材です。
屋根面の塗膜がなくなり、サラサラになると屋根の表面に苔が発生するようになります。
苔の発生は屋根の防水性能が低下し、湿気がある状態を示すサインです。
苔があるからといってすぐに雨漏りが生じるわけではありませんが、屋根に多少のダメージを与えていることは事実です。

6.神戸市 屋根リフォーム工事開始

6.神戸市 屋根リフォーム工事開始

神戸市の屋根リフォーム工事を開始します。
まずはじめに行う作業は足場の組み立て作業です。
屋根工事で組み立てる足場は屋根工事専用の仕様に組み立てる必要があります。
基本的にビケ足場を用います。

7.下屋根の足場組立

7.下屋根の足場組立

下屋根の上は画像のように足場を組み立てします。
屋根に手を加える場合は足場を脱着して工事を進めていきます。

8.下葺き材張り

8.下葺き材張り

既存カラーベストの上に下葺き材を張ります。
今回使用した下葺き材は田島ルーフィングのPカラーEX+です。
棟などの屋根の弱点になる部分は重ね代を十分に確保した上で張ります。

9.下屋根の下葺き材張り

9.下屋根の下葺き材張り

下屋根の下葺き材張りの様子です。続いて屋根本体を張る工程に移ります。

10.屋根本体張り

10.屋根本体張り

屋根の周囲に軒先板金と呼ばれる板金を取り付け、金属屋根本体を張ります。
今回使用した屋根材はアイジー工業の「スーパーガルテクト」です。
穴あき保証が25年の高耐久屋根材です。

11.棟板金を取り付けて完成

11.棟板金を取り付けて完成

最後に棟板金を取り付けて屋根工事完成になります。とても綺麗に仕上がりました。

12.雨どいの交換

12.雨どいの交換

今回は雨どいの交換も行いました。
金属屋根は雨水の流れるスピードが早く雨どいが受ける流水量が多いため、断面積の大きい雨どいに交換することが望まれます。

AFTER

13.神戸市の屋根カバー工法はテイガクで

13.神戸市の屋根カバー工法はテイガク屋根修理で

神戸市の屋根カバー工法によるリフォーム工事が完成しました。
テイガクは金属建材を用いた工事を専門にする業者です。
カバー工法リフォームは最も得意な工事のひとつです。
金属屋根専門の工事業者による直接工事を希望されているお客様は、テイガクにご相談ください。
高品質・低価格のカバー工法リフォームをお客様にご提供いたします。

神戸市と周辺地域のその他工事例

神戸市長田区のお客さまから、雨漏りに関するご相談をいただきました。 現場の屋根はアスベスト入りカラーベストで、築年数45年のお宅です。 アスベストと聞くとそこに注目してしまいがちですが、雨漏りの原因は屋根の勾配不足にあり…

場所:兵庫県神戸市長田区 日付:2021年3月

兵庫県神戸市須磨区のお客さまから外壁のリフォームに関するご相談をお受けいたしました。 現場は築30年が経過する戸建て住宅です。 外壁は「直張りサイディング」で施工されていました。 直張りサイディングとは、外壁の裏に空気層…

場所:神戸市須磨区 日付:2021年2月

神戸市西区で築30年のコロニアル屋根の屋根リフォームに関するご相談をお受けいたしました。 コロニアルは薄型スレート瓦とも呼ばれ、セメントや粘土からなる薄型の瓦を指します。 作られた時期、種類にもよりますが、早いもので約1…

場所:兵庫県神戸市西区 日付:2020年7月

神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガクの施工例をご覧いただきありがとうございます。
今回は神戸市のカバー工法の施工例をご紹介しました。
テイガクでは関西地区にも拠点があり、お客様から直接契約・直接工事を承っております。
震災以降、カラーベストが用いられた屋根が増え、近年、カバー工法によるリフォームを望まれるお客様が神戸地区では増加しています。
カラーベストの上に軽い金属屋根材を重ね張りする工事はテイガクで最も得意な工事のひとつです。
金属建材を用いた屋根のリフォーム工事はテイガク屋根修理にご相談ください。
お見積りは無料で承っております。

テイガク
この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 神戸市で行ったカラーベストのカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 13.神戸市の屋根カバー工法はテイガクで
  3. 神戸市と周辺地域のその他工事例
  4. 神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!