NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

神戸市西区|築30年のコロニアル屋根をカバー工法リフォーム

更新 公開

神戸市西区で築30年のコロニアル屋根の屋根リフォームに関するご相談をお受けいたしました。 コロニアルは薄型スレート瓦とも呼ばれ、セメントや粘土からなる薄型の瓦を指します。 作られた時期、種類にもよりますが、早いもので約10年~20年、遅くとも30年でほとんどのコロニアルはメンテナンスが必要になります。 お客様宅の屋根を調査したところ、全体的に経年劣化による屋根材の色褪せ、欠けなどが見られました。 このまま経年劣化を放置してしまうと、外観が良くないだけでなく、将来的に雨漏りや、雨漏りが原因による住宅全体の劣化につながります。 さらにひどくなると瓦の落下などを引き起こし、非常に危険です。 そのためお客さまとご相談の上で、コロニアルのうえからルーフィングシートと新しい屋根材を覆い、美観・耐久性を良くするカバー工法リフォームを行いました。

神戸市西区でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォーム

BEFORE

現地調査 屋根材の欠けと経年劣化

現地調査 屋根材の欠けと経年劣化

神戸市西区のお客さま宅へテイガクの職員が実際におもむき、現地調査をおこないました。
写真はお客さま宅の屋根の様子です。
コロニアルの屋根材には全体的に経年劣化による色褪せが見られ、ところどころ欠けている部分がありました。
このまま放置していると雨漏りや住宅の劣化につながるおそれがありますので、屋根の耐久性をあげるカバー工法リフォームをおこなうことになりました。

現地調査 屋根の形

現地調査 屋根の形

現場の屋根はかたちが複雑で、特殊な構造となっています。
写真の屋根側面壁側にもコロニアルが張ってありますので、こちらにも金属屋根をうえから被せるカバー工法リフォームをおこなっていきます。

工事開始 足場組立

工事開始 足場組立

現地調査完了後、お見積書をご提出し、お客さまとのご契約まで進みましたら工事を開始します。
まずはお客さま宅の状況に合わせて足場を組みます。
テイガクでは足場工事も㎡単位の定額制です。
1棟あたり20万円ほどが平均的な費用となっております。

ルーフィングシート張り付け

ルーフィングシート張り付け

足場を組み終わったらルーフィングシート(防水シート)を張り付けていきます。
このルーフィングシートは屋根からの雨漏りを防ぐ重要な部材です。
今回使用したのは田島ルーフィングの「ニューライナールーフィング」です。
こちらのルーフィングシートは耐用年数30年と高い耐久性を誇る、非常に品質の高いルーフィングシートです。
ルーフィングシートに関しては屋根材と同様、施工時の状況、ご予算に合わせて最適なものをお選びいただくことができます。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根材を張り付け

金属屋根材を張り付け

ルーフィングシートを張り終えたら、新しい屋根材を張り付けていきます。
今回使用したのはアイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板を改良したSGL鋼板製の金属屋根材で、驚くほどの軽量・高耐久・高耐熱性を誇ります。
住宅に負担をかけず、耐久性にも優れているため、カバー工法に使用する屋根材として非常におすすめです。

スーパーガルテクトには、ブラック、ブルー、ブラウン、モスグリーン、チャコールなどさまざまな色合いのものがありますが、今回はブルーのものを使用しました。
カタログで見るより鮮やかできれいな色です。
ガルバリウム鋼板製屋根材を使ったカバー工法では見た目もとてもモダンに仕上がります。
お客さまにもとてもご満足いただけたようでした。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

屋根側面壁側にもスーパーガルテクトを張り付けていきます。
複雑なかたちの屋根でも、実績豊富なテイガクの職人が適切に工事していきます

棟板金の下地を取り付け

棟の部分に取り付けているのは棟板金下地と呼ばれる建材です。
テイガクでは腐食しやすい木製のものではなく腐りにくい素材の棟板金下地を使用しております。
腐りにくい素材の下地は雨や湿気で腐食することがないため、棟板金を固定しているビスに不具合が起こりにくいです。

棟板金取り付け

棟板金取り付け

最後に棟板金下地の上から棟板金を取り付けて工事完了です。
複雑な屋根工事でも実績豊富で優秀なテイガクの職人が適確に工事をおこないます。
屋根のメンテナンスのご相談は、お気軽にテイガクまでご連絡ください。

棟板金について詳しくはこちら

AFTER

神戸市西区のカバー工法による屋根リフォームが完成です!

神戸市西区のカバー工法による屋根リフォームが完成

神戸市西区の屋根リフォームが完成しました。
コロニアルの屋根は築後30年ほど経つと、野地板と呼ばれる屋根下地が劣化してしまい、屋根のリフォームをするさいに野地板の張り増しをする必要がでてきます。
野地板の張り増しによって、リフォーム費用はより高くなってしまいます。
不具合が起こるまえにリフォームをおこなうことで、結果的に抑えた工事費用でリフォームすることができます。
屋根に不安やお悩みをお持ちのかたは、ぜひ一度テイガク屋根修理にご相談ください。
現地調査からお見積もりまでは、すべて無料で承っております。

神戸市のその他工事例

神戸市の屋根リフォームをお探しのお客様、屋根のリフォーム1000棟以上の実績があるテイガクにお問い合わせください。神戸市は全域ご対応しています。 兵庫県神戸市にお住まいのお客様からお問い合わせをいただきました。阪神・淡路…

場所:兵庫県神戸市 日付:2014年5月

兵庫県神戸市で屋根葺き替え工事・屋根リフォームはテイガクにお問い合わせください。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。お問い合わせは0120-94-8807、年中…

場所:兵庫県神戸市 日付:2015年12月

兵庫県神戸市北区にお住まいのお客様から、パミールのリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後15年が経過したパミールで、屋根材の経年劣化が著しく進行しています。 屋根材の下端はボロボロに剥がれており、大きな欠…

場所:神戸市北区 日付:2019年11月

神戸市西区の屋根リフォームはテイガク屋根修理にお任せください。

大阪府堺市の工事センター(兼自社倉庫)

兵庫県神戸市西区でおこなった屋根カバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。

テイガク屋根修理はお客様と直接契約、直接工事をご提供する屋根・外壁工事専門の板金工事会社です。
中間マージンや紹介料などはかかりませんので、定額&低額な工事費用で工事をご提供しております。
また、関西地域の拠点として大阪府堺市に工事センターも構えています。

ぜひ、神戸市西区周辺で屋根工事・外壁工事をご検討されているかたは、
テイガク屋根修理にお気軽にご相談ください。
現地調査からお見積もりまですべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 神戸市西区でおこなったコロニアル屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 神戸市西区のカバー工法による屋根リフォームが完成です!
  3. 神戸市のその他工事例
  4. 神戸市西区の屋根リフォームはテイガク屋根修理にお任せください。