NEWS お知らせ

・2021年11月 フッ素塗膜鋼板の在庫状況について
・2021年8月 屋根工事価格を改定いたしました

神戸市中央区 | 屋根と外壁カバー工法

公開

神戸市中央区のお客さまから、屋根と外壁のリフォームについてご相談をいただきました。
お客さま宅は築28年で、屋根はスレート、外壁は直張り工法によって張られていました。

外壁の直張り工法は、柱や、柱に取り付けた耐力壁に防水シートを張り、その上からサイディングを張る工法です。
そのため直貼り工法によって外壁が張られていた場合、外壁の中に通気のための空間がないため、湿気による結露が生じ、建材のカビや腐食の原因となります。
このように外壁の内部から劣化がはじまるうえ、雨漏りのリスクも高いため、直貼りサイディングの外壁のメンテナンス方法として、塗装は適切ではありません。
今回のお客さま宅外壁でも広範囲に劣化が見られたため、外壁塗装を控えて、金属サイディングによる「外壁カバー工法」によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。

「外壁カバー工法」は既存の外壁の上に新規の金属サイディングを張り付け、外壁としての機能を向上させ、外観の美しさを取り戻すメンテナンス工事です。

またスレートでできた屋根にも、広範囲に、色褪せ、色むらなどの劣化症状が見られました。
外壁同様、屋根も劣化を放置していると、雨漏りや、雨漏りによる建材の劣化を引き起こしかねません。
そのため、ニチハの横暖ルーフαプレミアムSを使用した「屋根カバー工法」によってメンテナンスをおこないました。
「屋根カバー工法」は外壁カバー工法と同様、古い屋根を新規の金属屋根材でカバーし、屋根としての機能、外観の美しさを取り戻す工事です。

テイガクではこれら屋根・外壁のカバー工法をおこなう際、下地材に樹脂製のものやアルミ製のものを使用し、中から腐食しにくい屋根・外壁に仕上げております。
このように見えないところまで丁寧に施工をおこなうため、テイガクの工事は長持ちするのも特長です。

屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神戸市中央区 | 屋根と外壁カバー工法

BEFORE

外壁のはじめの状態

工事前の外壁
工事前の外壁

神戸市中央区のおきゃくさまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた時点で、弊社担当者が無料お見積りのため、現場調査に向かいます。

写真はお客さま宅外壁の工事前の状態です。
外壁は直張りサイディングによって張られていました。

外壁の直張り工法は、柱や、柱に取り付けた耐力壁に防水シートを張り、その上からサイディングを直接張る工法です。
そのため直貼り工法によって外壁が張られていた場合、外壁の中に通気のための空間がないため、湿気による結露が生じ、建材のカビや腐食の原因となるリスクがあります。

このように通気層がないため、外壁の内部から劣化がはじまるうえ、雨漏りのリスクも高いため、直貼りサイディングの外壁のメンテナンス方法として、塗装は適切ではありません。
今回のお客さま宅外壁でも広範囲に劣化が見られたため、外壁塗装を控えて、金属サイディングによる「外壁カバー工法」によってメンテナンスをおこなう運びとなりました。

足場設置

足場と旧外壁
足場と旧外壁

無料お見積りの結果、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
まずは安全な工事のため、足場を設置します。
どのような工事であっても足場設置は必要です。
足場を設置することで、職人さんも安心して工事をおこなうことができ、仕上がりも確かなものとなります。

旧外壁のメンテナンス

シーリング
目地シーリング箇所はシーリング材を充填

足場を設置したら、既存の外壁のメンテナンスをおこないます。
今回のお客さま宅では外壁目地がはがれていたため、目地シーリング箇所はシーリング材を充填したうえで金属サイディング張りをしました。
シーリングは日照や気候などの条件により、5~10年でひび割れ、剥離などの劣化症状がでてくるため、定期的なメンテナンスが必要です。

またこの段階で、雨どいや電機ボックス、ガス設備など、外壁カバー工法の障害となるものは1度取り外し、外壁をフラットな状態にします。これらは新規の外壁材をとりつけたのちに付け直します。

雨どい塗装

雨どい塗装
雨どいを塗装

雨どいには、最終的な金属サイディングとの調和を考え、黒の塗装を施しました。
もしも雨どいの劣化がひどい場合には、雨どいごと交換することもあります。

軒天塗装

軒天塗装
軒天塗装

軒天も雨どいと同様、黒に塗装しました。
これで出来上がりが金属サイディングと調和し、格好の良い印象となります。
もちろん塗装により、軒天の耐久性も向上します。

胴縁取り付け

胴縁
横胴縁を使用してすき間を設け、通気層を確保

既存外壁のメンテナンスをおこなったのち、「胴縁」と呼ばれる建材を取り付けていきます。
胴縁は新規外壁と旧外壁の間にあり、下地の役割を果たします。
またこの胴縁があることで外壁の中に通気層ができ、湿気や雨水がうまく排出される仕組みです。
このように胴縁を使用した「外壁通気工法」で外壁を仕上げることで、結露が生じにくく、雨漏りしにくい外壁が出来上がります。

仕上がりに縦張りサイディングを使用する場合は横胴縁を、横張りサイディングを使用する場合は縦胴縁を取り付けます。
今回は仕上がりが縦張りサイディングであるため、写真のように横胴縁を使用してすき間を設け、通気層を確保しました。

また今回は、下地に樹脂製のものを用いました。樹脂製の胴縁を使用することで、木製のものよりも腐食しにくく、長持ちする外壁を作ることができます。
縦張りサイディングと横張りサイディングの違いについて詳しくはこちら

開口部まわり

開口部
開口部まわり

開口部まわりにはぐるりと一周、樹脂胴縁を取り付けることになります。

金属サイディング取り付け

ガルスパン
ガルスパンを張り付け

胴縁を取り付けたら、その上から新規の金属サイディングを張り付けていきます。
今回は金属サイディングに、アイジー工業の「ガルスパン」という縦張りの金属サイディングを使用しました。
「ガルスパン」は優れた金属として有名なガルバリウム鋼板からできています。
また表面には遮熱性フッ素樹脂塗装が施されているため、高い耐久性を誇ります。
さらに中は断熱材と一体となっています。そのため、断熱性・遮音性が高いのも特長です。
保証としては変褪色10年保証、穴あき・赤さび10年保証がついているため、万が一のときも安心です。

屋根のカバー工法工事開始

高圧洗浄
劣化したスレート屋根に高圧洗浄

外壁メンテナンスと同時に、劣化した屋根のカバー工法によるリフォーム工事もおこないます。

まずは劣化したスレート屋根に高圧洗浄をかけました。
外壁と同様、旧屋根材のメンテナンスをおこなうとともに、板金や雪止めなどカバー工法の障壁となるものを取り外してから工事をおこないます。

このあと既存の屋根材を新規の金属屋根材でカバーして、屋根の機能を回復させます。

ちなみに、 このように屋根と外壁のリフォームを同時におこなえば、それぞれ分けておこなうよりも、工期や工費を抑えることができます。

ルーフィングシート張り付け

ルーフィング
ルーフィングを張り付け

既存屋根をメンテナンスするとともに、フラットな状態にととのえたら、その上からルーフィングシートを張り付けていきます。

ルーフィングシートは防水シートの役割をもつ建材です。
このルーフィングシートのおかげで、屋根本体が強い雨風にさらされても、さらに内部に雨水が入り込むようなことはなくなります。

今回は田島ルーフィングの「ニューライナールーフィング」を使用しました。
「ニューライナールーフィング」は改質アスファルトという素材からできており、防水性・耐久性ともに、最高級の品質を誇るルーフィングシートです。
ルーフィングシートは最終的に外から見えなくなる部分ではありますが、品質や材質によってさまざまな種類のものがあります。
ぜひこだわってリフォームに臨んでください。
ルーフィングについて詳しくはこちら

新規の金属屋根材取り付け

横暖ルーフαプレミアムS
横暖ルーフαプレミアムS

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から新規の金属屋根材を張り付けていきます。
今回新規の金属屋根材として使用したのは、ニチハの「横暖ルーフαプレミアムS」です。
「横暖ルーフαプレミアムS」は、ガルバリウム鋼板を改良したSGL鋼板を素材としています。そのため、非常に高い耐久性を誇ります。
また分厚い断熱材と一体になっており、断熱性、遮音性も高いのが特長です。
表面にはフッ素塗膜が施されており、20年の変退色保証もついているため、美しい外観を長期間維持することができます。
このように多くの優れた特性があるため、非常におすすめできる屋根材です。
横暖ルーフはαプレミアムSしか選択肢がない理由

棟下地、棟板金取り付け

アルミ下地
棟板金を固定する棟下地に使用しているのは、テイガクオリジナルのアルミ下地

最後に屋根の中心を通る棟には、「棟板金」を取り付けて雨仕舞をしていきます。
この棟板金を固定する棟下地に使用しているのは、テイガクオリジナルのアルミ下地です。

棟板金は台風で飛ばされたりめくれたりしやすい部位です。
多くの棟下地は木製であるため、雨水で腐食し、それに伴い棟板金を固定する力も弱まって棟板金の飛散などにつながります。
それに対し、アルミは板金をしっかり固定させるとともに、腐食や変形がありません。
長期的な棟板金の安定がはかれる下地材です。

AFTER

神戸市中央区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事が完成です!

完成
屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事が完成
完成
屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事が完成

以上で、 神戸市中央区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事が完成です!

劣化した既存の屋根と外壁を、新規の金属屋根材、金属サイディングでそれぞれカバーすることで、雨漏りに強く、耐久性や断熱性の高い屋根と外壁が完成しました!
カバー工法によるリフォームをおこなうことで、写真のように外観も以前とは見違えるほどに洗練されたデザインとなります。
金属屋根材も金属サイディングもそれぞれ数種類のお色から選択いただけますので、お客さまの好みに合わせてデザインを一新させることも可能です。
このように屋根と外壁のリフォームを同時におこなえば、それぞれ分けておこなうよりも、工期や工費を抑えることができます。

屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクにご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

神戸市中央区と周辺地域のその他工事例

兵庫県神戸市須磨区のお客さまから外壁のリフォームに関するご相談をお受けいたしました。 現場は築30年が経過する戸建て住宅です。 外壁は「直張りサイディング」で施工されていました。 直張りサイディングとは、外壁の裏に空気層…

場所:神戸市須磨区 日付:2021年2月

兵庫県神戸市で屋根修理工事・屋根リフォームはテイガクで。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。 兵庫県神戸市で行った屋根のリフォーム工事をご紹介します。既存屋根は…

場所:兵庫県神戸市 日付:2017年12月

兵庫県神戸市で和風ガルバリウム鋼板屋根への葺き替え工事を行いました。 使用した屋根材は「月星タイトル―フ」です。和風金属屋根への葺き替え工事はテイガクにお任せください。 兵庫県神戸市で日本瓦屋根を和風金属屋根に葺き替える…

場所:兵庫県神戸市 日付:2017年6月

神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

阪神工事センター
阪神工事センター

神戸市中央区でおこなった屋根と外壁のカバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
テイガクは兵庫県伊丹市、大阪府堺市に工事拠点を構える板金工事会社です。
とくに金属屋根・金属サイディングのリフォームを専門としています。
今回ご紹介した金属屋根と金属サイディングのリフォームも、弊社で一括して工事をおこなうことが可能です。
外注はしておりませんので、すべて弊社による自社工事となります。
また、工事は定額料金でご提供しておりますので、ご安心して工事をお任せください。

神戸市で屋根・外壁のリフォームをご検討されているかたは、ぜひテイガクへお問い合わせください。
現地調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 神戸市中央区 | 屋根と外壁カバー工法
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 神戸市中央区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事が完成です!
  3. 神戸市中央区と周辺地域のその他工事例
  4. 神戸市の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!